ミッキーマウス仕様のスマート電気自動車登場

2014.09.12 自動車ニュース
「スマート・フォーツー エレクトリックドライブedition Disney」
「スマート・フォーツー エレクトリックドライブedition Disney」 拡大

ミッキーマウス仕様の「スマート電気自動車」登場

メルセデス・ベンツ日本は2014年9月12日、電動のマイクロカー「スマート・フォーツー エレクトリックドライブ」に、特別仕様車「edition Disney(エディション ディズニー)」を設定し、40台限定で受注を開始した。

 
ミッキーマウス仕様のスマート電気自動車登場の画像 拡大
 
ミッキーマウス仕様のスマート電気自動車登場の画像 拡大
 
ミッキーマウス仕様のスマート電気自動車登場の画像 拡大
 
ミッキーマウス仕様のスマート電気自動車登場の画像 拡大
「フォーツー エレクトリックドライブedition Disney」と、ウォルト・ディズニー・ジャパン コンシューマ・プロダクツ ゼネラルマネージャーの中澤一雄氏(左)、メルセデス・ベンツ日本 代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏(中央)、メルセデス・ベンツ日本 商品企画・マーケティング部 部長の阿佐美 薫氏。
「フォーツー エレクトリックドライブedition Disney」と、ウォルト・ディズニー・ジャパン コンシューマ・プロダクツ ゼネラルマネージャーの中澤一雄氏(左)、メルセデス・ベンツ日本 代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏(中央)、メルセデス・ベンツ日本 商品企画・マーケティング部 部長の阿佐美 薫氏。 拡大

今回の特別仕様車は、ディズニーの人気キャラクター「ミッキーマウス」をモチーフに内外装をコーディネートしたものである。

エクステリアについては、ボディーカラーにミッキーマウスの服と同じレッドを、ドアミラーに靴と同じイエローを、ホイールに手袋と同じホワイトを採用。サイドビューを飾る「トリディオンセーフティセル」にはミッキーマウスのシルエットをちりばめており、ドアミラーの横とテールゲートには、「edition Disney」のロゴをあしらった専用エンブレムを装着している。

一方インテリアでは、座面とバックレストにダイヤモンドステッチを施した本革シートを装備。ヘッドレストにはミッキーマウスのシルエットを、ショルダー部には「edition Disney」のロゴを刺しゅうしている。また、ダッシュボードやドアトリムにも本革表皮を採用。内装色はブラックで、各所にアクセントとしてレッドを用いている。なお、このインテリアの仕上げは、スマートのフルカスタムオーダープログラム「smart BRABUS tailor made(スマート ブラバス テーラー メイド)」によって行われる。

これらを含む、特別装備の内容は以下の通り。

・専用トリディオンセーフティセル(ミッキーマウスシルエット入り)
・専用フロントグリル(ボディー同色)
・専用ドアミラー(イエロー)
・専用エンブレム(ドアミラー/リア)
・クリスタルホワイトペイント15インチ9スポークアルミホイール
・BRABUS 本革シート(ミッキーマウスシルエット/「edition Disney」ロゴ入り、レッドダイヤモンドステッチ入り、シートヒーター付き)
・BRABUS 本革ダッシュボード(レッドステッチ入り)
・BRABUS 本革ドアトリム(レッドダイヤモンドステッチ入り)
・レッドアクセントパーツ(ウインカー・ワイパーブレードレバーエンドキャップ、メーターカウル、ダッシュボード横など)
・ベロアマット(「edition Disney」ロゴ入り)

ハンドル位置は右のみ。価格は399万円で、2014年12月ごろの納車を予定している。

(webCG)
 

関連キーワード:
フォーツー エレクトリックドライブ, フォーツー, スマート, 自動車ニュース

スマート フォーツー エレクトリックドライブ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマート/マイバッハ 2011.12.3 画像・写真 第42回東京モーターショーの会場に出展された、スマートとマイバッハの注目モデルを写真で紹介する。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に5段MTを搭載した新グレード登場 2020.2.3 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2020年2月3日、コンパクトハッチバック車「トゥインゴ」のモデルラインナップに新グレード「S」を追加設定し、販売を開始した。
  • スマートEQフォーツー/フォーツーカブリオ/フォーフォー【海外試乗記】 2020.2.7 試乗記 シティーコミューターとして親しまれてきたスマートが、電動モビリティーの新ブランド、EQの下で電気自動車(BEV)に生まれ変わった。日本上陸を前に、2シーターの「フォーツー」と同「カブリオ」、4人乗り4ドアモデル「フォーフォー」の3台をスペインで試した。
  • 2020年デビューが決定! 新型「BMW M3」を予想する 2020.1.29 デイリーコラム 2020年内に新型がお披露目されることが明らかとなった「BMW M3」。1985年のE30型に始まる同車の進化の歩みを紹介するとともに、通算で6代目となる新型のスペックを予想する。
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
ホームへ戻る