「スマート・フォーツー」に新エントリーモデルが登場

2013.05.28 自動車ニュース
「スマート・フォーツークーペmhdプラス」
「スマート・フォーツークーペmhdプラス」 拡大

「スマート・フォーツー」が一部改良、オプション装備を強化

メルセデス・ベンツ日本は2013年5月28日、「スマート・フォーツー」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「クーペmhdプラス」
「クーペmhdプラス」 拡大
新オプションの「クリスタルグレーパッケージ」。
新オプションの「クリスタルグレーパッケージ」。 拡大
オプション装備の「本革シート」。
オプション装備の「本革シート」。 拡大

今回、「フォーツークーペ」のグレード構成を変更。ベースグレードの「クーペmhd」が廃止され、代わって「クーペmhdプラス」が、これまでより9万円安い159万円という価格で販売されることとなった。

一方装備については、限定車に設定のあった「クリスタルグレーパッケージ(シートヒーター付き)」を「クーペmhdパッション」「クーペターボ」「カブリオターボ」にオプションで設定。内容はクリスタルグレーのレザー調シートと、レザー調素材とファブリックのコンビネーションドアトリム、クリスタルグレーのステッチ入りブラックレザー調ダッシュボードからなり、価格は12万円となっている。

また、同じくオプション装備の「本革シート(シートヒーター付き)」についても、「クーペmhdパッション」「クーペターボ」「カブリオターボ」の3グレードに適用を拡大。同時に、価格をこれまでより2万5000円安い8万円に値下げした。

なお、エンジンやパワートレインに変更はなし。ハンドル位置は右のみとなっている。

ラインナップと価格は以下の通り。
・クーペmhdプラス:159万円
・クーペmhdパッション:184万円
・クーペターボ:195万円
・カブリオターボ:219万円
・エレクトリックドライブ:295万円

(webCG)
 

関連キーワード:
フォーツー, フォーツー エレクトリックドライブ, フォーツーカブリオ, スマート, 自動車ニュース

スマート フォーツー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • ホンダN-WGN(FF/CVT)/N-WGNカスタム(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.9 試乗記 「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ。「New Simple!」をキーワードに、より日々の生活に寄り添うクルマとして開発された2代目は、どのようなユーザー像を想起させるクルマとなっていたのか? その仕上がりを、仕様の異なる2モデルの試乗を通して確かめた。
  • スマート・フォーツー エディション1(RR/6AT)/フォーフォー パッション(RR/6AT)【試乗記】 2015.11.20 試乗記 新しい顔を得て、一段と立派に生まれ変わった新型「スマート・フォーツー」に試乗。新型には“スマートらしさ”は引き継がれているのだろうか? 4人乗りの「フォーフォー」にもカートコースでチョイ乗りした。
  • 新しくなったルノー・トゥインゴを知る、試す 2019.8.22 ボンジュール ルノー・トゥインゴ!<PR> “パリが仕立てたコンパクト”こと「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ。人気を博した従来モデルからどのような進化を遂げたのか? 普段使いで想定されるさまざまシーンを試し、新しくなったフレンチコンパクトの出来栄えを確かめた。
  • スマートBRABUSの最後を飾る限定モデルが登場 2018.11.1 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年11月1日、「スマートBRABUS」の最終特別仕様車「スマートBRABUSフォーツー ザ・ファイナル」と「スマートBRABUSカブリオ ザ・ファイナル」を各10台ずつ、計20台の台数限定で発売すると発表した。
ホームへ戻る