より安全で低燃費な「プレミオ/アリオン」登場

2014.09.29 自動車ニュース
「トヨタ・プレミオ1.5F“EXパッケージ”」
「トヨタ・プレミオ1.5F“EXパッケージ”」
    拡大

より安全で低燃費な「トヨタ・プレミオ/アリオン」登場

トヨタ自動車は2014年9月29日、4ドアセダン「プレミオ/アリオン」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「トヨタ・アリオンA15“G-plusパッケージ”」
「トヨタ・アリオンA15“G-plusパッケージ”」
    拡大

今回の改良では、1.5リッターのFF車にアイドリングストップ機構を採用。燃費を19.2km/リッターに改善した。

また安全装備に関しては、車両の姿勢制御装置である「S-VSC(Steering-assisted Vehicle Stability Control)」と坂道発進の際の車両後退を抑制するヒルスタートアシストコントロールを全車に搭載。4WD車には、走行状態に合わせて最適なトルクを後輪に配分する電子制御式のアクティブトルクコントロール4WDを採用した。

価格はプレミオが184万7782円~284万400円、アリオンが183万6982円~278万9345円。

(webCG)
 

関連キーワード:
プレミオ, アリオン, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ プレミオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • トヨタ・カローラ ツーリングW×B(FF/6MT)【試乗記】 2020.7.20 試乗記 1.2リッター直4ターボエンジンにレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」を組み合わせた「トヨタ・カローラ ツーリングW×B」に試乗。新世代プラットフォームや個性的なデザインを用いて若返りを狙ったという、新世代「カローラ」の走りやいかに?
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る