日本カー・オブ・ザ・イヤー2011-2012が決定

2011.12.03 自動車ニュース

日本カー・オブ・ザ・イヤー2011-2012は「日産リーフ」

2011年12月3日、“今年の最も優秀なクルマ”を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー2011-2012」の最終選考会が開かれ、「日産リーフ」がイヤーカーに選ばれた。EV(電気自動車)の受賞は初となる。

また、最も優れた輸入車に贈られるインポート・カー・オブ・ザ・イヤーは「メルセデス・ベンツCクラス セダン/ステーションワゴン」が、実行委員会特別賞は「マツダ・デミオ スカイアクティブ」が、それぞれ受賞した。

なお、第一次選考対象車「10ベストカー」は、以下の10台だった。
・「トヨタ・プリウスα」
・「日産リーフ」
・「ホンダ・フィットシャトル」
・「マツダ・デミオ スカイアクティブ」
・「ダイハツ・ミラ イース」
・「フォルクスワーゲン・パサート」
・「メルセデス・ベンツCクラス セダン/ステーションワゴン」
・「BMW 1シリーズ」
・「プジョー508」
・「ボルボS60/V60」

(※以上、エントリー名にてエントリー順に表記)

(webCG)

「日本カー・オブ・ザ・イヤー2011-2012」に輝いた、日産の電気自動車「リーフ」。
「日本カー・オブ・ザ・イヤー2011-2012」に輝いた、日産の電気自動車「リーフ」。 拡大
「メルセデス・ベンツCクラス」がインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。
「メルセデス・ベンツCクラス」がインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。 拡大
実行委員会特別賞受賞の「マツダ・デミオ スカイアクティブ」。
実行委員会特別賞受賞の「マツダ・デミオ スカイアクティブ」。 拡大

関連キーワード:
リーフ, 日産, 電気自動車(EV), 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフNISMO(FWD)【試乗記】 2020.7.23 試乗記 ピュアEV「日産リーフ」のマイナーチェンジに合わせ、チューンドコンプリートモデル「リーフNISMO」も進化。ステアリングギアボックスやサスペンションを改良し磨きをかけたという走りを、同社のテストコース「グランドライブ」で確かめた。
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・カローラ ツーリング“2000リミテッド”(FF/CVT)【試乗記】 2020.8.19 試乗記 「トヨタ・カローラ ツーリング」の限定車“2000リミテッド”に試乗。ベーシックな実用車には過剰ともいえる2リッターエンジンを積む、ある意味で古典的な手法でつくられたスポーツワゴンの仕上がりをリポートする。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • 大人の装いを表現した限定車「MINI 5ドア ローズウッドエディション」登場 2020.9.1 自動車ニュース BMWジャパンは2020年8月31日、「MINI 5ドア」に特別仕様車「Rosewood Edition(ローズウッドエディション)」を設定し、同日、台数200台限定で発売した。「インディアンサマーレッドメタリック」にブラックのアクセントカラーを組み合わせたエクステリアが特徴。
ホームへ戻る