NV350キャラバンにダークな装いの特別仕様車

2014.12.08 自動車ニュース
「日産NV350キャラバン ライダー ブラックライン」
「日産NV350キャラバン ライダー ブラックライン」
    拡大

「日産NV350キャラバン」にダークな装いの特別仕様車

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、商用バン「NV350キャラバン」に特別仕様車「ライダー ブラックライン」を設定し、2014年12月5日に発売した。

 

今回のライダー ブラックラインは、オーテックジャパンが手がけるカスタマイズモデル「ライダー」をベースに、ダーククロムのフロントグリルやフロントバンパーモールなどで外観をドレスアップするとともに、オプション装備の「インテリアパッケージ」を標準で採用したモデルである。

具体的な装備の内容は以下の通り。

・専用ダークフロントグリル
・専用ダーククロムモール(フロントバンパー)
・ブラックメッキバックドアフィニッシャー
・専用ダークエンブレム(Rider/AUTECH)
・専用LEDデイタイムランニングライト
・バイキセノンヘッドランプ
・インテリアパッケージ(専用本革巻き3本スポークステアリング+専用ドアトリム地+専用防水シート地<セルクロス/カブロン/パートナー>)

ベースとなるのはロングボディー/標準ルーフ/低床の「ライダープレミアムGX」のみで、他の仕様への設定はない。価格は2リッターガソリンエンジンのFR車が304万1280円、2.5リッターディーゼルエンジンのFR車が365万4720円、2.5リッターディーゼルエンジンの4WD車が395万2800円。

 

(webCG)
 

関連キーワード:
NV350キャラバン, 日産, 自動車ニュース

日産 NV350キャラバン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 日産NV350キャラバン プレミアムGX(FR/5AT)【試乗記】 2012.7.30 試乗記 日産NV350キャラバン プレミアムGX(FR/5AT)
    ……267万3300円

    発売後約1カ月で月販目標の3倍となる6000台を超えるなど、好調な立ち上がりを見せている「NV350キャラバン」。シェア8割以上を占める「トヨタ・ハイエース」にどこまで迫れるか。
  • モーガン・プラスシックス ツーリング(FR/8AT)【試乗記】 2020.6.23 試乗記 往年のクルマづくりを今日に伝えるモーガンの基幹モデルが、ついにフルモデルチェンジ。新開発のアルミシャシーにモダンなサスペンション、BMWゆずりの直6ターボを搭載した新型「プラスシックス」は、それでも“まがうかたなきモーガン”に仕上がっていた。
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.22 試乗記 シトロエンの「C5エアクロスSUV」に1.6リッターガソリンターボ搭載モデルが追加された。先に導入された2リッターディーゼル車と比べると、最高出力は微増で最大トルクは大幅減、そして車両重量も大幅減。果たしてその仕上がりは?
  • 「レクサスIS」はなぜフルモデルチェンジしなかったのか? 2020.6.24 デイリーコラム 2020年6月16日に「レクサスIS」のマイナーチェンジモデルがお披露目された。すでにトヨタ/レクサスに新世代のFRシャシーが存在するなか、デビューから7年を経たISがフルモデルチェンジしなかったのはなぜなのだろうか。
ホームへ戻る