トヨタがハイエースを一部改良、特別仕様車も

2014.12.16 自動車ニュース
「トヨタ・ハイエース ワゴンGL 2WD 2700ガソリン」
「トヨタ・ハイエース ワゴンGL 2WD 2700ガソリン」
    拡大

トヨタが「ハイエース」「レジアスエース」を一部改良、特別仕様車も設定

トヨタ自動車は2014年12月16日、「ハイエース」「レジアスエース」を一部改良するとともに、特別仕様車「スーパーGL“DARK PRIME”」を設定し、2015年1月6日に発売すると発表した。

■新エンジン&6段ATでガソリン車の燃費性能を向上

今回の改良では、ガソリン車の燃費を改善するため、エンジンに吸排気連続可変バルブタイミング機構「Dual VVT-i」を採用。同時にトランスミッションを、従来の4段ATからマニュアルモード付きの6段ATに変更した。

また、バンの全グレードにリアシートベルト(外側:3点式、中央:2点式)を標準装備とした。

価格は以下の通り。
・ハイエース(バン)、レジアスエース(バン):226万2109円~338万914円
・ハイエース(ワゴン):267万2509円~379万2763円
・ハイエース(コミューター):300万437円~345万1885円

「レジアスエース スーパーGL“DARK PRIME”2WD 3000ディーゼル」
「レジアスエース スーパーGL“DARK PRIME”2WD 3000ディーゼル」 拡大

トヨタがハイエースを一部改良、特別仕様車もの画像 拡大

トヨタがハイエースを一部改良、特別仕様車もの画像 拡大

■メッキや木目調加飾が特徴の特別仕様車が登場

特別仕様車「スーパーGL“DARK PRIME”」は、バンの上級グレード「スーパーGL」をベースに、ダークメッキのエクステリアパーツや、ダブルステッチを施した合成皮革のシート表皮、黒木目マホガニー調のインテリアパーツなどで、内外装をコーディネートしたものである。

これらを含む、特別装備の内容は以下の通り。
・スマートエントリー&スタートシステム(スマートキー×2)
・4本スポークステアリングホイール(本革巻き+黒木目マホガニー調加飾)
・ステアリングスイッチ(オーディオ操作用)
・ステアリングスイッチベゼル(ダークシルバー加飾)
・シフトノブ(本革+黒木目マホガニー調加飾)
・シフトベゼル(ダークシルバー加飾)
・シート表皮(トリコット<ダークグレー>+合成皮革&ダブルステッチ)
・インストゥルメントパネルアッパー部(黒木目マホガニー調加飾)
・フロントドアトリム(合成皮革)
・パワーウィンドウスイッチベース(黒木目マホガニー調加飾)
・フロントオートエアコン+プッシュ式コントロールパネル(ダークシルバー加飾)
・メッキフロントグリル(ダークメッキ)
・メッキバックドアガーニッシュ(ダークメッキ)
・LEDヘッドランプ(ロービーム、オートレベリング機能付き、クリアスモーク加飾)

ボディーカラーは特別設定の有償色「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」を含む全5色。価格は299万3563円~382万2218円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ハイエースワゴン, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ハイエースワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタが新型「ハイエース」を世界初公開 2019.2.18 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年2月18日、フィリピンにおいて、商用ワンボックス「ハイエース」の海外向け新シリーズを世界初公開した。刷新された専用プラットフォームにより、快適性と安全性を向上させるとともに、日常生活やビジネスで役立つ優れた基本性能と高い耐久性を持つという。
  • 2018ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:TRD/STI編)【試乗記】 2018.8.13 試乗記 TRD/STI/NISMO/無限という国内メーカー直系の4ブランドが、“峠道”のようなクローズドコースで合同試乗会を開催。まずはTRDがチューンした「クラウン」「ハイエース」と、STIのパーツをフル装備した「WRX STIタイプRA-R」「フォレスター」「インプレッサスポーツ」の走りをリポートする。
  • JAIA輸入二輪車試乗会2021(前編) 2021.4.29 試乗記 世界各国のモーターサイクルが今年も神奈川・大磯に大集結! JAIA輸入二輪車試乗会の会場から、まずは「BMW R18」と「ハーレーダビッドソン・ファットボーイ114/アイアン883」の走りをお届けする。皆同じクルーザーだが、いずれも強烈な個性の持ち主だった。
  • 「日産リーフ」一部仕様変更 フラットデザインの新たなブランドエンブレムに 2021.4.19 自動車ニュース 日産自動車は2021年4月19日、電気自動車「日産リーフ」の一部仕様を変更するとともに新グレード「アーバンクロム」を追加設定し、同年夏に発売すると発表した。
  • プジョー5008 GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.16 試乗記 プジョーの好調を支える3列シートSUV「5008」がマイナーチェンジを受けた。激変ぶりがひと目で分かるのはフロントからの眺めだが、中身は一体どんな進化を遂げているのだろうか。2リッターディーゼルモデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る