ルノー・キャプチャーに日本導入1周年記念車

2015.01.26 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャー ファーストアニバーサリーエディション」と、ルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長。
「ルノー・キャプチャー ファーストアニバーサリーエディション」と、ルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長。
    拡大

「ルノー・キャプチャー」に日本導入1周年記念モデル登場

ルノー・ジャポンは2015年1月26日、クロスオーバーモデル「ルノー・キャプチャー」の日本導入1周年を記念した限定モデル「ファーストアニバーサリーエディション」を設定し、100台限定で販売を開始した。

今回のキャプチャー ファーストアニバーサリーエディションは、上級グレードの「インテンス」をベースに、専用の外装色やカーナビゲーションシステムなどを採用した特別仕様車である。

外装色は2種類のツートンカラーで、車体色には先代「ルーテシア」の特別仕様車「イニシアル・パリ」などと同じ「ベージュサンドレメタリック」を採用。ルーフには「イヴォワール」と「エトワールメタリック」の2色を用意している。

また、インテリアには同車専用のジップシートクロスとステアリングホイール、カロッツェリアのフルセグ対応2DIN SDナビを装備。シートクロスとステアリングホイールには、ルノーのひし形のロゴ「ロザンジュ」をモチーフにしたというデザインを取り入れている。

販売台数は、ルーフの色がイヴォワールのものが50台、エトワールメタリックのものが50台。価格はベース車と同額の267万2000円となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
キャプチャー, ルノー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・キャプチャー インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2021.3.16 試乗記 ルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」がフルモデルチェンジ。ヨーロッパでSUV販売台数トップの座を獲得したその人気の秘密を確かめるべく、充実装備が自慢の上級グレード「インテンス テックパック」を郊外に連れ出した。
  • ルノー・キャプチャー VS. フォルクスワーゲンTクロス VS. プジョー2008 2021.3.1 欧州での人気が証明するルノー・キャプチャーの実力<AD> 欧州のベストセラーSUV「ルノー・キャプチャー」の新型が日本に上陸。BセグメントSUVのライバルとしてしのぎを削る「フォルクスワーゲンTクロス」、そして「プジョー2008」と乗り比べ、超激戦区で支持を集めるその理由を探った。
  • レクサスUX300eバージョンL(FF)【試乗記】 2021.3.31 試乗記 トヨタ自動車がかねて「クルマの電動化=電気自動車化」という考え方に対して異を唱えてきたのはご承知の通り。「UX300e」はそんなさなかに導入されたレクサスブランド初のBEVである。その仕上がりやいかに?
  • プジョー5008GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.16 試乗記 プジョーの好調を支える3列シートSUV「5008」がマイナーチェンジを受けた。激変ぶりがひと目で分かるのはフロントからの眺めだが、中身は一体どんな進化を遂げているのだろうか。2リッターディーゼルモデルの仕上がりをリポートする。
  • キャデラックXT4プラチナム(4WD/9AT)【試乗記】 2021.4.3 試乗記 キャデラックのSUV製品群のエントリーモデルに位置する「XT4」が、いよいよ日本に導入された。その実力は、市場の先達でもある日欧のライバルに比肩するものなのか? キャデラックならではの個性は残されているのか? ゼネラルモーターズの期待を背負うニューモデルを試す。
ホームへ戻る