クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ルノー・キャプチャー インテンス テックパック(FF/7AT)

好事家だけのものじゃない 2021.03.16 試乗記 ルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」がフルモデルチェンジ。ヨーロッパでSUV販売台数トップの座を獲得したその人気の秘密を確かめるべく、充実装備が自慢の上級グレード「インテンス テックパック」を郊外に連れ出した。

見て楽しめるデザイン

ここ1〜2年ほど、フランス車の波がきている。「プジョー508」の完成度の高さはドイツ御三家と遜色がなかったし、同じくプジョーの「208」や「2008」は見ても乗っても楽しいコンパクトカーだった。プジョー208のガチンコのライバルとなる「ルノー・ルーテシア」で京都まで日帰りで往復したことがあるけれど、あれは小さなグランドツアラーで、身長が190cmぐらいある人を乗せるのでなければ、このサイズで十分ではないかとしみじみ感じた。

で、なんで最近のフランス車はこんなに出来がいいのかと感じていたところに、“2020年にヨーロッパで一番売れたSUV”という派手な触れ込みとともに、ルノー・キャプチャーが日本にやってきた。その完成度の高さに感心したルーテシアと基本骨格を共用するわけだから、おのずと期待は高まる。

見た瞬間、「うまいな」と感じる。なにがうまいのかといえば、SUVのヘビーデューティーな雰囲気と、しゃれた感じが両立しているからだ。彫りの深いラインでパキッとした強さを表現しつつ、やわらかい面の造形でしなやかさも感じさせる。もうひとつのポイントはルーフだ。ボディーカラーとツートンになっていることと、きれいな弧を描いていることで、デザイン家電ならぬデザインSUVになっている。

ヘッドランプまわりとリアのコンビネーションランプに「Cシェイプ」と呼ぶ形状のLEDを採用したことで、ボディーがワイドに見えると同時にモダンなプロダクトという印象も与える。保守的なSUVのスタイルとはひと味違う新鮮味を出しつつ、ぶっ飛びすぎてもいないという絶妙なさじ加減が、「うまい」と感じる理由だ。

インテリアも同様で、派手な色使いや斬新な造形はないものの、それでも上質な素材感を出しつつメーターやスイッチをシンプルに配置することで、スタイリッシュな空間に仕上がっている。

「万人受けするデザイン」というと、退屈なものを想像する。けれどもルノー・キャプチャーは、多くの人が好感を持つことと、見て楽しめる意匠にチャレンジすることを、上手に両立している。もう一度、「うまい」と言わせてください。

2021年2月25日に発売されたルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」。今回の試乗車は充実した装備が自慢の上級グレード「インテンス テックパック」で、車両本体価格は319万円。
2021年2月25日に発売されたルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」。今回の試乗車は充実した装備が自慢の上級グレード「インテンス テックパック」で、車両本体価格は319万円。拡大
最新世代のルノー車に共通するテイストでデザインされた「キャプチャー」のフロントフェイス。車体前後のランプ類はすべてLEDになっている。
最新世代のルノー車に共通するテイストでデザインされた「キャプチャー」のフロントフェイス。車体前後のランプ類はすべてLEDになっている。拡大
手を触れるところに高品質なソフト素材を用いた「キャプチャー」のインテリア。全車にステアリングヒーターが標準装備される。
手を触れるところに高品質なソフト素材を用いた「キャプチャー」のインテリア。全車にステアリングヒーターが標準装備される。拡大
7インチの液晶ディスプレイを用いたインストゥルメントパネル。「ルノー・マルチセンス」のドライブモードに連動し、イルミネーションカラーが切り替わる。
7インチの液晶ディスプレイを用いたインストゥルメントパネル。「ルノー・マルチセンス」のドライブモードに連動し、イルミネーションカラーが切り替わる。拡大
新型「キャプチャー」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4230×1795×1590mm、ホイールベースは2640mm。先代モデルよりも95mm長く、15mm幅広く、5mm高くなっている。
新型「キャプチャー」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4230×1795×1590mm、ホイールベースは2640mm。先代モデルよりも95mm長く、15mm幅広く、5mm高くなっている。拡大

ルーテシアよりもパワフル

アクセルペダルを踏み込んで「おっ!」と思うのは、想像していたよりはるかに加速が力強いからだ。加速が力強いというより、速いという表現のほうがしっくりくるぐらいのトルク感だ。

ルノーと日産、そして三菱が共同開発した1.3リッター直列4気筒ターボエンジンの最高出力は154PS、最大トルクは270N・m。ルーテシアに積まれる同じ型式のエンジンより強化されており、出力が23PS、トルクが30N・m増しとなっている。

試乗前に資料を眺めた時点では、ルーテシアよりもキャプチャーがエンジンスペックで勝るものの、同程度の装備のモデルを比較するとキャプチャーのほうが100kgほど重くなっているので、パワーとトルクの増強分は相殺されるかと思っていた。

けれども車重の増量分にかかわらず、やはりキャプチャーのほうが発進加速に余裕があるし、高速道路の合流でのダッシュも鋭い。ルーテシアの動力性能にもまったく不満を感じなかったけれど、やはりたくさんの人や荷物を積んで遠くへ出かけるというSUVらしい用途で使うならば、これくらいパワフルなほうがありがたい。

キャプチャーの加速感が力強いのに洗練されていると感じるのは、ツインクラッチ式の7段ATのお手柄だろう。市街地を走るシチュエーションでは、ス、ス、ス、とショックを感じさせることなく早め早めのタイミングでシフトアップする。そして加速が必要な時にアクセルペダルを踏み込むと、素早く、シームレスにギアを落としてエンジン回転数を上げる。

よくできた執事さんのように、常に先回り先回り、仕事をしたと感じさせないように仕事をするからその存在を忘れがちであるけれど、気配りが行き届いたATだ。存在感を消すことができるのが、優秀な執事とATの共通点だ。

先に登場した「ルーテシア」に続き、ルノー・日産・三菱のアライアンスでの共同使用となる「CMF-B」プラットフォームを「キャプチャー」にも採用。CMF-Bは、ルノー主導で設計・開発がなされたという。
先に登場した「ルーテシア」に続き、ルノー・日産・三菱のアライアンスでの共同使用となる「CMF-B」プラットフォームを「キャプチャー」にも採用。CMF-Bは、ルノー主導で設計・開発がなされたという。拡大
「ルーテシア」と同型となる1.3リッター直4ターボエンジンは、最高出力154PS、最大トルク270N・mを発生。「キャプチャー」への搭載にあたり出力が23PS、トルクが30N・m上乗せされた。「7EDC」と呼ばれる7段DCTが組み合わされる。
「ルーテシア」と同型となる1.3リッター直4ターボエンジンは、最高出力154PS、最大トルク270N・mを発生。「キャプチャー」への搭載にあたり出力が23PS、トルクが30N・m上乗せされた。「7EDC」と呼ばれる7段DCTが組み合わされる。拡大
「インテンス テックパック」グレードには、ヒーター付き電動フルレザーシートが標準装備される。後席側の背もたれ形状を工夫することにより、後席乗員の膝まわりのスペースは、クラストップレベルの221mmになっているという。
「インテンス テックパック」グレードには、ヒーター付き電動フルレザーシートが標準装備される。後席側の背もたれ形状を工夫することにより、後席乗員の膝まわりのスペースは、クラストップレベルの221mmになっているという。拡大
前席と同じくフルレザー仕立てとなる「インテンス テックパック」グレードの後席は、前後に最大160mmスライドさせることができる。背もたれには60:40の分割可倒機能が備わる。
前席と同じくフルレザー仕立てとなる「インテンス テックパック」グレードの後席は、前後に最大160mmスライドさせることができる。背もたれには60:40の分割可倒機能が備わる。拡大

SUVに合わせたシャシーチューニング

乗り心地は独特だ。昔のフランス車のように、ふわふわというわけではない。一方で、ビシッと引き締まっているわけでもない。

感覚的にはこんな感じ。路面の段差や不整を乗り越えて大きなショックをドスンと受けても、それが直接乗員に伝わってくるということはない。車体へのショックを一度、ボディーの一番強いところで受け止めて、衝撃を弱め角を丸くしてから車体の各部に散らし、その一部が乗員にも伝わるプロセスを経ていると感じる。だからふわふわしているわけではなく、しっかり感は体感しながらも、乗り心地はほどよくまろやかという、よそにはない乗り心地なのだ。

ルーテシアもこれに近い乗り心地だったけれど、どっしりしているのにマイルドという個性は、キャプチャーのほうがより強調されている。少しボディーが大きく重くなっていることもあるだろうし、SUVに合わせたチューニングを施したという面もあるだろう。

人間にたとえれば、足が速い人というよりも体幹がしっかりしている人という感じで、それはワインディングロードでさらに色濃く表れる。コーナーで負荷をかけてボディーにねじれるような力が加わっても、体幹が強いから姿勢が乱れない。姿勢がしっかりしているから、サスペンションが正しく伸び縮みして、結果としてタイヤが路面をしっかりとらえて踏ん張る。

これが懐の深い、安定して速いコーナリングにつながっている。ちなみに体幹が強いと感じる車体の基本構造も、ルノーと日産、三菱の共同開発である。

「キャプチャー」の外装には全車ツートンカラーが採用されている。今回の試乗車はボディーがオプションの「ブランナクレメタリック」、ルーフが「ノワールエトワールメタリック」という組み合わせ。
「キャプチャー」の外装には全車ツートンカラーが採用されている。今回の試乗車はボディーがオプションの「ブランナクレメタリック」、ルーフが「ノワールエトワールメタリック」という組み合わせ。拡大
今回の試乗車は、18インチサイズ「Pasadena(パサデナ)」ホイールに、215/55R18サイズの「グッドイヤー・エフィシェントグリップ パフォーマンス」タイヤを組み合わせていた。
今回の試乗車は、18インチサイズ「Pasadena(パサデナ)」ホイールに、215/55R18サイズの「グッドイヤー・エフィシェントグリップ パフォーマンス」タイヤを組み合わせていた。拡大
「キャプチャー」全車に「BOSEサウンドシステム」が標準装備されている。車外から空気を取り入れ、パワフルな低音を再生する「フレッシュエアスピーカーシステム」採用の小型サブウーファーを含め、計9個のスピーカーを搭載。
「キャプチャー」全車に「BOSEサウンドシステム」が標準装備されている。車外から空気を取り入れ、パワフルな低音を再生する「フレッシュエアスピーカーシステム」採用の小型サブウーファーを含め、計9個のスピーカーを搭載。拡大
荷室容量は、5人乗車の通常使用時で536リッター。後席背もたれを倒せば1235リッターまで拡大できるほか、荷室床面を上下に分割するダブルフロアシステムも採用されている。写真は床面を上部に設置した様子。
荷室容量は、5人乗車の通常使用時で536リッター。後席背もたれを倒せば1235リッターまで拡大できるほか、荷室床面を上下に分割するダブルフロアシステムも採用されている。写真は床面を上部に設置した様子。拡大

間口が広くて奥深い

ACCなどの運転支援機能は、現代のクルマにあってほしいものは過不足なく備わっている。特筆すべきは、先行車両に追従している時に、一度止まっても再発進する機能が備わっていることだ。これが渋滞での疲労やストレスを低減してくれる。もうひとつ、直感で操作できる最新インターフェイスの採用も特徴で、この機能の恩恵に浴する頻度がほかのクルマよりも高かった。

最大で160mmスライドする後席は、大人2人がゆったりと座れるスペースがあるし、クラス最大の容量をうたう荷室は、広いだけでなく不要な出っ張りがないなど、使い勝手にも優れる。

エンジン、乗り心地、運転支援機能、そして居住空間といったさまざまなパラメーターをレーダーチャートに落とし込むと、ハイレベルでバランスのよい図形を描くことができる。ただし、だからといって無難な選択肢というわけではなく、デザインやハンドリング、独特のグルーブ感を覚える乗り心地は好事家も喜ばせるはずだ。

デザイン好き、クルマ好き、フランス好き、SUV好きなどなどを受け入れる間口の広さと奥深さを備えるルノー・キャプチャーは、なるほどベストセラーになるのが納得の一台だった。

(文=サトータケシ/写真=郡大二郎/編集=櫻井健一)

ステアリングホイールの左スポーク部分にACCの操作系が組み込まれている。分かりやすい操作方法もルノー車に共通する特徴だ。
ステアリングホイールの左スポーク部分にACCの操作系が組み込まれている。分かりやすい操作方法もルノー車に共通する特徴だ。拡大
7インチサイズのタッチ式モニターをセンターコンソールに配置。運転モードやインテリア照明などをカスタマイズできる「ルノー・マルチセンス」の設定がこのモニターを通じて行える。
7インチサイズのタッチ式モニターをセンターコンソールに配置。運転モードやインテリア照明などをカスタマイズできる「ルノー・マルチセンス」の設定がこのモニターを通じて行える。拡大
鍵盤型スイッチの下に、エアコンの操作ダイヤルを組み込んだセンターコンソール。その下部にUSBポートやスマートフォン用のワイヤレスチャージャーを配置している。
鍵盤型スイッチの下に、エアコンの操作ダイヤルを組み込んだセンターコンソール。その下部にUSBポートやスマートフォン用のワイヤレスチャージャーを配置している。拡大
「キャプチャー」のWLTCモード燃費値は17.0km/リッター。今回の試乗では277.7kmを走り、満タン法で15.8km/リッターを記録した。
「キャプチャー」のWLTCモード燃費値は17.0km/リッター。今回の試乗では277.7kmを走り、満タン法で15.8km/リッターを記録した。拡大

テスト車のデータ

ルノー・キャプチャー インテンス テックパック

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4230×1795×1590mm
ホイールベース:2640mm
車重:1310kg
駆動方式:FF
エンジン:1.3リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:154PS(113kW)/5500rpm
最大トルク:270N・m(27.5kgf・m)/1800rpm
タイヤ:(前)215/55R18 95H/(後)215/55R18 95H(グッドイヤー・エフィシェントグリップ パフォーマンス)
燃費:17.0km/リッター(WLTCモード)
価格:319万円/テスト車=329万2300円
オプション装備:ボディーカラー<ブランナクレメタリック×ノワールエトワールメタリック>(4万4000円) ※以下、販売店オプション フロアマット(2万6400円)/エマージェンシーキット(3万1900円)

テスト車の年式:2021年型
テスト開始時の走行距離:2835km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(6)/山岳路(1)
テスト距離:277.7km
使用燃料:17.6リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:15.8km/リッター(満タン法)/17.2km/リッター(車載燃費計計測値)

ルノー・キャプチャー インテンス テックパック
ルノー・キャプチャー インテンス テックパック拡大
 
ルノー・キャプチャー インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】の画像拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ルノー キャプチャー の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。