スズキ、新型エブリイ/エブリイワゴンを発表

2015.02.18 自動車ニュース
「スズキ・エブリイワゴンPZターボ スペシャル・標準ルーフ」
「スズキ・エブリイワゴンPZターボ スペシャル・標準ルーフ」
    拡大

スズキ、新型「エブリイ/エブリイワゴン」発表

スズキは2015年2月18日、軽商用バン「エブリイ」および軽乗用ワゴン「エブリイワゴン」をフルモデルチェンジし、販売を開始した。

「エブリイJOIN/JOINターボ」
「エブリイJOIN/JOINターボ」
    拡大

■およそ10年ぶりのフルモデルチェンジ

エブリイシリーズは、1964年に誕生した「スズライト キャリイバン」を起源とするスズキの軽ワンボックスである。

今回のフルモデルチェンジは9年6カ月ぶりのことで、スズキは今回の新型について「荷室の拡大」「優れた燃費性能」「使い勝手の向上」の3点に注力して開発。同時に多彩な販売店オプションを取りそろえることで、アウトドアレジャーで役立つカスタマイズも可能としたという。

「エブリイワゴンJPターボ・ハイルーフ」
「エブリイワゴンJPターボ・ハイルーフ」
    拡大
「エブリイJOINターボ」のインパネまわり。
「エブリイJOINターボ」のインパネまわり。
    拡大
「エブリイPC」の5段AGS車の車内。
「エブリイPC」の5段AGS車の車内。
    拡大
「エブリイワゴンPZターボ/PZターボスペシャル」の車内。
「エブリイワゴンPZターボ/PZターボスペシャル」の車内。
    拡大

■車内空間の広さを大幅に拡大

ボディーサイズはエブリイの標準ルーフが全長×全幅×全高=3395×1475×1800mm、エブリイワゴンの標準ルーフが3395×1475×1815mmで、ともに全高を95mm高めたハイルーフもラインナップする。フロントタイヤをより前方へ移動させることで、従来モデルより30mm長い2430mmのホイールベースを実現したほか、ピラーの角度を従来モデルより立て、またバックドアの形状を改良することにより、従来モデルを上回る広い車内空間を確保している。

具体的には、エブリイの荷室については、荷室長(2名乗車時)=1910mm(「JOIN/JOINターボ」は1820mm、「GA」は1905mm)、荷室床面長(2名乗車時)=1955mm、荷室幅(4人乗車時)=1385mm、荷室高(ハイルーフ)=1240mmと、従来モデルを大きく上回るクラストップの広さを確保。助手席を前倒しした1人乗車時の床面長は2640mmに達する。

また、広さだけでなく乗降性、積載性の向上も図っており、リアスライドドアの開口部幅を775mmに拡大。テールゲートについては開口部高(ハイルーフ)を1165mm、開口部幅を1340mmに拡大したほか、荷室床面地上高を、従来モデルより15mm低い650mmに抑えている。

荷室長を確保するために従来モデルより前席が前方へ移されたものの、ピラーとフロントガラス、ダッシュパネルも前方へ動かしたことで、従来モデルと同等の広さが確保される。また、運転席は230mm(従来モデルより+65mm)、助手席は180mm(同60mm)というシートスライド長を実現している。

一方、エブリイワゴンも室内長=2240mm、室内幅=1355mm、室内高=1240mmの広さを確保。前席に加え、後席にも180mmのスライド調整機構を備えており、前後席間距離は従来モデルより100mm長い1080mmとなった。

「エブリイ」のオーバーヘッドシェルフ。
「エブリイ」のオーバーヘッドシェルフ。
    拡大
手前の穴の奥に見えるのが「エブリイワゴン」のユーティリティーナット。
手前の穴の奥に見えるのが「エブリイワゴン」のユーティリティーナット。 拡大
「エブリイワゴン」の荷室。
「エブリイワゴン」の荷室。
    拡大

■豊富な収納や充実した装備も自慢

利便性の改善も図っており、エブリイでは「PC」「JOIN/JOINターボ」の運転席上部に新たにオーバーヘッドシェルフを装備。荷室にはラックやバーを取り付けられるユーティリティーナットを全10カ所に設置している。一方エブリイワゴンについても、前席まわりの複数の箇所にドリンクホルダーやオープントレー、ポケットなどを新設。荷室では左右にラゲッジボードを固定するステーや、ラゲッジサイドポケット、アクセサリーソケットを採用したほか、グレードに応じて8~12カ所にユーティリティーナットを設けており、販売店オプションとの組み合わせにより多彩なアレンジを可能としている。

エブリイワゴンでは機能装備も充実しており、「PZターボスペシャル」の助手席側リアスライドドアには電動オートステップを採用。キーレスプッシュスタートや、車速連動式オートドアロック、「スペーシア」にも採用しているワンアクションパワースライドドアなどを装備している。また、予防安全装備として衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制制御機能、エマージェンシーストップシグナルなどを標準で採用。これらについてはエブリイにもオプションで設定している。

「R06A」型エンジン。
「R06A」型エンジン。
    拡大
5段AGS車のシフトセレクター。
5段AGS車のシフトセレクター。
    拡大
「エブリイPC」
「エブリイPC」
    拡大

■パワーユニットの変更と軽量化で燃費を改善

パワーユニットは従来モデルから一新しており、これまでの「K6A」型に代わって、より軽量かつ高効率な「R06A」型の0.66リッター直3 DOHCを採用。エブリイには自然吸気(NA)とターボの両方を、エブリイワゴンにはターボのみを設定している。トランスミッションについては、エブリイのNAには5段MTとシングルクラッチ式ATの5段AGSを、同ターボには5段MTと4段ATを採用。エブリイワゴンは4段ATのみとなる。

また、新型エブリイ/エブリイワゴンでは軽量化も重視しており、上記のエンジン変更に加え、ボディーの約33%(重量比)に高張力鋼板を採用。内装や足まわりの変更とも相まって、エブリイの5段MT車では従来モデルより40kgの軽量化を実現している。

これらの改良により、新型エブリイは15.4~20.2km/リッター、新型エブリイワゴンは14.6~16.2という燃費を実現(いずれもJC08モード)。特にエブリイの5段AGS車については、軽商用バンで唯一、エコカー減税の免税対象車となっている。

価格はエブリイが92万3400円~142万6680円、エブリイワゴンが142万5600円~177万1200円。

(webCG)

→「スズキ・エブリイ/エブリイワゴン」の詳しい写真はこちら
 

関連キーワード:
エブリイワゴン, スズキ, 自動車ニュース

スズキ エブリイワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スペーシア ギア 2018.12.20 画像・写真 スズキからアクティブ仕立ての軽トールワゴン「スペーシア ギア」登場。「スペーシア」とはデザインが異なるだけでなく、荷室を防汚仕様とするなど、レジャーシーンで役立つ工夫も凝らされている。既存の軽乗用車とは一味違う新型車の詳細を、写真で紹介する。
  • スズキ・スペーシア/スペーシア カスタム 2017.12.14 画像・写真 スズキの軽ハイトワゴン「スペーシア/スペーシア カスタム」がフルモデルチェンジ。家族や仲間とワクワク楽しく使えるモデルを目指したという新型の姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • ボルボXC40 B5 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.16 試乗記 ボルボの電動化戦略の一翼を担う、SUV「XC40」のマイルドハイブリッドモデル。“エコ”ゆえにおとなしいキャラクターかと思いきや、その走りは驚くほどファン・トゥ・ドライブに満ちていた。
  • 「王道」に挑むのは「SUV風」と「未来顔」
    軽自動車の“カスタム顔”バトルが新時代に突入!
    2019.6.19 デイリーコラム 標準顔と“カスタム顔”の2本立てがスタンダードだった軽乗用車のデザインに、新たな流れが湧き起こりつつある。「SUV風」で攻めるスズキと三菱、「未来顔」を世に問うホンダ、そして王道を突き進むダイハツ……。それぞれの思惑とは!?
ホームへ戻る