トヨタがヴィッツの特別仕様車を発売

2015.03.31 自動車ニュース
特別仕様車「ヴィッツF“Smart Style”」(1.3リッターFF)。外板色はクールソーダメタリック。
特別仕様車「ヴィッツF“Smart Style”」(1.3リッターFF)。外板色はクールソーダメタリック。 拡大

トヨタが「ヴィッツ」の特別仕様車を発売

トヨタ自動車は2015年3月31日、「ヴィッツ」に特別仕様車「F“Smart Style”」を設定すると発表した。発売は4月1日。

特別仕様車「ヴィッツF“Smart Style”」(1.3リッターFF)。外板色はボルドーマイカメタリック。
特別仕様車「ヴィッツF“Smart Style”」(1.3リッターFF)。外板色はボルドーマイカメタリック。 拡大
特別仕様車「ヴィッツF“Smart Style”」(1.3リッターFF)のインテリア。
特別仕様車「ヴィッツF“Smart Style”」(1.3リッターFF)のインテリア。 拡大
専用のファブリックシート(ブルーブラック&ライトグレー)を採用。
専用のファブリックシート(ブルーブラック&ライトグレー)を採用。 拡大

■「おしゃれで上質な室内空間」を演出

ベース車両は「F」グレードの1リッター車(FF)と1.3リッター車(FFと4WD)。外装のアッパーグリルモールとアウトサイドドアハンドルにメッキを施したほか、リアピラーをブラックアウトし、スタイリッシュな印象を与えた。

内装では専用のファブリックシート(ブルーブラック&ライトグレー)を採用したほか、インストゥルメントパネルオーナメントに布目調フィルム(ライトグレー)を、ドアトリムオーナメントに専用のファブリック(ブルーブラック)を装備した。そのうえで、随所にメッキやブラックマイカ塗装を施して、「ブルーブラック&グレーを基調としたおしゃれで上質な室内空間」(トヨタ自動車)を演出した。

さらに、スマートエントリーセット*を標準設定として買い得感を与えた。外板色は全5色(クールソーダメタリック、ホワイトパールクリスタルシャイン、ブラックマイカ、ボルドーマイカメタリック、ルミナスイエロー)で、価格は133万9495円~160万4585円。

*=スマートエントリー&スタートシステム(スマートキー2本)、エンジンスイッチ・イルミネーテッドエントリーシステム、盗難防止システム(イモビライザーシステム)

(webCG)

関連キーワード:
ヴィッツ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ヴィッツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス プロトタイプ【試乗記】 2020.8.10 試乗記 WRCへの投入を念頭に、トヨタが開発した「GRヤリス」。公道デビューを間近に控えたそのカタログモデル3グレードに試乗。トヨタ久々のコンパクトスポーツは、モータースポーツ直系マシンならではの“本気度”と、操る楽しさを併せ持つ一台となっていた。
  • 第189回:あ~、モテてぇなぁ 2020.9.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第189回は、「トヨタGRヤリス」の登場をきっかけに「モテないカー」と「モテそうカー」を考えてみた。クルマ好きのハートをわしづかみにするクルマに限って女子ウケが悪いという。そのこころは?
  • 高性能ハッチバックモデル「トヨタGRヤリス」の販売がスタート 2020.9.4 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年9月4日、高性能ハッチバックモデル「GRヤリス」の販売を開始した。ラインナップは1.5リッター直3モデルと1.6リッター直3ターボモデルからなる4タイプで、販売価格は265万円~456万円となっている。
ホームへ戻る