ポルシェ・パナメーラに装備充実の特別仕様車

2015.04.16 自動車ニュース
「ポルシェ・パナメーラ エディション」
「ポルシェ・パナメーラ エディション」
    拡大

「ポルシェ・パナメーラ」に装備充実の特別仕様車が登場

ポルシェ ジャパンは2015年4月15日、4ドアモデル「パナメーラ」に特別仕様車「パナメーラ エディション」と「パナメーラ4 エディション」を設定し、販売を開始した。

今回の特別仕様車は、ベースグレードの「パナメーラ」および4WDグレードの「パナメーラ4」をベースに、より充実した装備を採用したものである。

エクステリアではサイドウィンドウに施されたハイグロスブラックのトリムストリップや、カラーのホイールハブカバーを装備したパナメーラターボIIデザインの19インチアルミホイールなどが特徴で、オプションでポルシェ・エントリー&ドライブシステムを選択した場合、ドアハンドルはボディー同色となる。

一方、インテリアでは、スポーツデザインステアリングホイールや「Edition」ロゴ入りのドアシルプレート、専用フロアマット、14個のスピーカーを搭載した585WのBoseサラウンドサウンドシステムを採用。シートはブラック/ルクソールベージュのツートンカラーで、すべてのヘッドレストにエンボス加工の「ポルシェクレスト」を施している。

このほかにも、ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)、ポルシェ・ダイナミック・ライトシステム(PDLS)付きバイキセノンヘッドライト、リバースカメラを含むフロント/リアのパーク・アシスト、パワーステアリング・プラスなど、通常はオプション扱いの機能や装備が標準で用意される。

価格はパナメーラ エディションが1037万円、パナメーラ4 エディションが1131万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
パナメーラ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ パナメーラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ 2016.10.8 画像・写真 ポルシェが東京都内で新型「パナメーラ」の特別展示会を開催した。展示車両は4リッターV8ターボエンジンを搭載した高性能モデル「ターボ」で、0-100km/h加速は3.6秒という動力性能を有している。2代目となる新型パナメーラの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • 「ポルシェ・パナメーラ」のマイナーチェンジモデル登場 予約注文受け付けがスタート 2020.8.27 自動車ニュース ポルシェジャパンは2020年8月27日、マイナーチェンジした「パナメーラ」および「パナメーラ スポーツツーリスモ」の日本導入を発表。同日、予約注文受け付けを開始した。国内販売モデルは、全車8段PDKの右ハンドル仕様となる。
  • ポルシェ911カレラ(後編) 2020.9.4 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師の連載企画第2回は、「ポルシェ911カレラ」(992型)の試乗リポート後編。最新の911は、自然吸気フラット6を搭載する愛車「911カレラS」(991型前期)からどう進化していたのか。オーナーだからこその評価を聞いた。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
ホームへ戻る