ポルシェ・パナメーラに装備充実の特別仕様車

2015.04.16 自動車ニュース
「ポルシェ・パナメーラ エディション」
「ポルシェ・パナメーラ エディション」
    拡大

「ポルシェ・パナメーラ」に装備充実の特別仕様車が登場

ポルシェ ジャパンは2015年4月15日、4ドアモデル「パナメーラ」に特別仕様車「パナメーラ エディション」と「パナメーラ4 エディション」を設定し、販売を開始した。

今回の特別仕様車は、ベースグレードの「パナメーラ」および4WDグレードの「パナメーラ4」をベースに、より充実した装備を採用したものである。

エクステリアではサイドウィンドウに施されたハイグロスブラックのトリムストリップや、カラーのホイールハブカバーを装備したパナメーラターボIIデザインの19インチアルミホイールなどが特徴で、オプションでポルシェ・エントリー&ドライブシステムを選択した場合、ドアハンドルはボディー同色となる。

一方、インテリアでは、スポーツデザインステアリングホイールや「Edition」ロゴ入りのドアシルプレート、専用フロアマット、14個のスピーカーを搭載した585WのBoseサラウンドサウンドシステムを採用。シートはブラック/ルクソールベージュのツートンカラーで、すべてのヘッドレストにエンボス加工の「ポルシェクレスト」を施している。

このほかにも、ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)、ポルシェ・ダイナミック・ライトシステム(PDLS)付きバイキセノンヘッドライト、リバースカメラを含むフロント/リアのパーク・アシスト、パワーステアリング・プラスなど、通常はオプション扱いの機能や装備が標準で用意される。

価格はパナメーラ エディションが1037万円、パナメーラ4 エディションが1131万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
パナメーラ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ パナメーラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ 2016.10.8 画像・写真 ポルシェが東京都内で新型「パナメーラ」の特別展示会を開催した。展示車両は4リッターV8ターボエンジンを搭載した高性能モデル「ターボ」で、0-100km/h加速は3.6秒という動力性能を有している。2代目となる新型パナメーラの姿を写真で紹介する。
  • メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.9.14 試乗記 「メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC」は、全長5mを超えるボディーに4座のみを備えたぜいたく極まりないSUVである。ベース車から3座を取り払い、ありとあらゆる手当を施すことで実現した、マイバッハならではのラグジュアリーとはどんな世界なのだろうか。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.20 試乗記 大幅改良を受けた「ポルシェ・パナメーラ」のラインナップの中から、最高出力630PSの4リッターV8ターボエンジンを搭載した「ターボS」に試乗。ニュルブルクリンク北コースで“エグゼクティブカー”の最速タイムを記録したという、その実力の一端に触れた。
  • ポルシェ・タイカン 2019.11.20 画像・写真 いよいよ日本に上陸した、ポルシェ初の100%電気自動車「タイカン」。ポルシェ車としての伝統的なディテールを受け継ぎながら、全く新しい4ドアのスポーツサルーンとしてデビューしたニューモデルの姿を、詳しく写真で紹介する。
  • 「メルセデス・ベンツGクラス」のEVバージョン登場 2021.9.6 自動車ニュース 独ダイムラーは2021年9月5日(現地時間)、新たな電気自動車(EV)のコンセプトカー「コンセプトEQG」を世界初披露した。メルセデス・ベンツのオフローダー「Gクラス」のEV版とされており、すでに市販モデルに近い姿であるという。
ホームへ戻る