トヨタ、SAIを一部改良 特別仕様車も設定

2015.05.11 自動車ニュース
「トヨタSAI」
「トヨタSAI」
    拡大

「トヨタSAI」一部改良、特別仕様車も登場

トヨタ自動車は2015年5月11日、セダンタイプのハイブリッド車「SAI」に一部改良を実施。同時に特別仕様車「G“Viola(ヴィオラ)”」を設定し、販売を開始した。

特別仕様車「SAI G“ヴィオラ”」
特別仕様車「SAI G“ヴィオラ”」
    拡大
「SAI G“ヴィオラ”」のインテリア。
「SAI G“ヴィオラ”」のインテリア。 拡大
「SAI G“ヴィオラ”」のシート。
「SAI G“ヴィオラ”」のシート。 拡大

■小さな傷を自己修復するクリア塗装を採用

今回の一部改良では、全車のフロントドアに「スーパーUV400カットガラス」を採用した。これはカットする紫外線の波長の上限を、従来の380nmから400nmに変更したものである。

また、全てのボディーカラーに、洗車などによる小さなすり傷を自己修復するクリア塗装「セルフリストアリングコート」を採用。さらに、ライセンスランプを白色LEDとしたほか、「ヒルスタートアシストコントロール」に坂道を感知する機能を追加した。

走りに関する部分では、ボディー剛性をより高めるとともに、サスペンションのチューニングやステアリングのギア比を変更。操舵(そうだ)時の車両応答性を高め、優れた操縦安定性の実現を図った。

価格は330万3818円~433万9637円。

■専用仕立ての内外装が特徴の特別仕様車

特別仕様車G“ヴィオラ”は、SAIの上級グレード「G」をベースに、内外装を特別な仕立てとしたものである。

インテリアでは、シート表皮や各部のステッチ、ドアアームレスト、センターコンソールなどに専用色の「ダークバイオレット」を採用。ステアリングホイールやインパネセンタークラスターなどの木彫パネルには「クールブラック」を用いている。

ボディーカラーは全4色で、オプションとして特別設定色の「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」や18インチアルミホイールを用意。また、快適温熱シート(運転席、助手席)やスカッフイルミネーション(運転席、助手席)などを特別装備している。

価格は399万6982円。

(webCG)
 

関連キーワード:
SAI, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ SAI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回 オール オッズ ナショナルズ & 第5回 クラウン クラシックス リユニオン at 豊洲」の会場から 2019.9.13 画像・写真 アメリカ西海岸風にカスタマイズされたクルマと、古い「クラウン」のオーナーミーティングが同時開催。展示車両の中から、リポーターの印象に残ったクルマを写真で紹介する。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.4 試乗記 新しいユーザー層に訴求すべく、従来モデルとは趣を異にするパーソナル志向のセダンとして登場した15代目「トヨタ・クラウン」。その中でも、最もドライバーオリエンテッドな2リッターターボの「RSアドバンス」に試乗し、変革の成果を確かめた。
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.25 試乗記 販売にかつての勢いがないとはいえ、「トヨタ・プリウス」が今もなおトヨタを象徴する車種であることに変わりはない。相撲の横綱に求められるのと同様に、プリウスにもプリウスらしい振る舞いが求められているのだ。最新モデルに試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.25 試乗記 ベントレーの新たな旗艦モデルの座を担う、新型「フライングスパー」が日本上陸。最新のテクノロジーを惜しみなく投入して開発された、ラグジュアリースポーツサルーンの仕上がりをテストする。
ホームへ戻る