アウディA8に2種類の特別仕様車

2015.05.26 自動車ニュース
「アウディA8スポーツエディション」
「アウディA8スポーツエディション」 拡大

「アウディA8」に2種類の特別仕様車

アウディ ジャパンは2015年5月26日、フラッグシップセダン「アウディA8/A8 L」をベースにした2種類の特別仕様車「A8スポーツエディション」(限定50台)と「A8 Lショーファースペシャルエディション」(限定5台)を発売した。(詳しい写真はこちら)

「A8スポーツエディション」のインテリア。
「A8スポーツエディション」のインテリア。 拡大
「アウディA8 Lショーファースペシャルエディション」
「アウディA8 Lショーファースペシャルエディション」 拡大
「A8 Lショーファースペシャルエディション」にはクーラーボックスやバーコンパートメントなどが装備される。
「A8 Lショーファースペシャルエディション」にはクーラーボックスやバーコンパートメントなどが装備される。 拡大

A8スポーツエディションのベース車両は「A8 3.0 TFSIクワトロ」と「A8 4.0 TFSIクワトロ」。アルカンターラブラックヘッドライニング、サンルーフ、5アームローターデザインのマットチタンルックポリッシュト21インチアルミホイールを標準で装備する。また、3.0 TFSIにも従来はオプションだったマトリクスLEDヘッドライトが標準で備わる。外装色はファントムブラックパールエフェクトのみ。3.0 TFSIが8台、4.0 TFSIが42台の計50台の限定。

一方、A8 Lショーファースペシャルエディションは「A8 L 4.0 TFSIクワトロ」をベースに、デザインセレクションマーブルグレーのインテリアや、750ミリリッターのボトルが2本収納可能なクーラーボックス、グラス2個が備わるバーコンパートメント、アジャスタブルリーディングライト、10Yスポークデザインの20インチアルミホイールなどが備わる。外装色はファントムブラックパールエフェクトのみの設定。こちらは5台の限定。

価格は以下のとおり。ハンドル位置はすべて右となる

・A8スポーツエディション 3.0 TFSI:1199万円
・A8スポーツエディション 4.0 TFSI:1424万円
・A8 Lショーファースペシャルエディション:1628万円

(webCG)

→「アウディA8スポーツエディション/A8 Lショーファースペシャルエディション」の発表会の詳しい写真(カースコープ)はこちら。

関連キーワード:
A8, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A8 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 最新のアクティブサスペンション搭載のアウディA8を試す 2020.1.14 先進の技術がかなえる世界<PR> アウディのフラッグシップセダン「A8」は、ただの高級車ではない。どんなドライバーも、ひとたびステアリングを握ったならば、このブランドが長きにわたって磨いてきた自動車技術の到達点に感じ入ることだろう。
  • アウディS8(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.11 試乗記 アウディの「技術による先進」というスローガンを体現するスーパーセダン「S8」に試乗。最高出力571PSのマイルドハイブリッドと「クワトロ」と呼ばれるAWD、そしてサーチした路面情報を基に自動制御する最先端のアクティブサスが織りなす、その走りとは?
  • アウディA8 55 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.11 試乗記 フルモデルチェンジで4世代目となった、アウディのフラッグシップサルーン「A8」に試乗。その走りは、隙のない技術的完成度を感じさせながらも、乗り手を和やかな気持ちにもさせてくれた。
  • アウディA8 55 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.16 試乗記 最新のAIアクティブサスを搭載したアウディの旗艦「A8」に試乗。20以上ものセンサーを用いて路面を先読みし、ラグジュアリーカーの滑らかな乗り心地からスポーツカーのような引き締まったハンドリングまで幅広い走行特性を実現するという足まわりの仕上がりは?
  • アウディA4 45 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2020.12.5 試乗記 マイナーチェンジした「アウディA4」のトップモデル「45 TFSIクワトロSライン」に試乗。12Vマイルドハイブリッドシステムが組み込まれた新型パワートレインや改良型シャシー、進化したインフォテインメントシステムの仕上がりを確認した。
ホームへ戻る