第156回:乗り心地世界一決定戦

2019.12.24 カーマニア人間国宝への道

乗り心地のいいクルマが欲しい

以前この連載で、「『アウディA6』のあまりの乗り心地のよさに衝撃」ということを書きました。

昔は乗り心地なんてそんなに重視してなかったし、硬い乗り味もそんなに苦にならなかった。「シビックSiR」(EF9型)に乗ってた時は、スポーツサスを入れて車高を落としたら、内臓が痛む(たぶん錯覚です)レベルで硬くなっちゃったけど、それを楽しむ余裕もありました。

しかし、年とともに乗り心地が大事な要素になってまいりまして……。乗り心地がいいクルマはステキ! 乗り心地がよくなくちゃもうイヤ! フェラーリですら。

今度のスッポン丸(黒の『328GTS』)は、タイヤが新しいので乗り心地がとってもよくて、本当にありがたいです。なにせ赤い玉号(赤の328GTS)は、タイヤが10歳オーバーでしたので。タイヤくらい替えろや! ではありますが。

とにかく、新型A6の乗り味は、これまでとは別次元。なんでこんな乗り心地が実現できるんだろう? どーなってるの!? と思うほどイイ。

しかし、自分としては引っかかる部分もあった。新型A6より上級の新型「A8」に、まだ乗っていなかったので。

A6でこんなイイっつーことは、A8はどうなってんだべ?

そう思っていたところ、先日実施されたアウディのオールラインナップ試乗会にて、A6とA8を同時に乗り比べることができました! 

アウディのオールラインナップ試乗会に出撃!
アウディのオールラインナップ試乗会に出撃!拡大
参考までに、「シビック」としては4代目となる、EF型「ホンダ・シビックSi」。(写真=本田技研工業)
参考までに、「シビック」としては4代目となる、EF型「ホンダ・シビックSi」。(写真=本田技研工業)拡大
筆者の愛車、“黒まむしスッポン丸”こと「フェラーリ328GTS」。(写真=木村博道)
筆者の愛車、“黒まむしスッポン丸”こと「フェラーリ328GTS」。(写真=木村博道)拡大
アウディA8(写真=アウディ ジャパン)
アウディA8(写真=アウディ ジャパン)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事