BMW 6シリーズ、フロントデザイン刷新して登場

2015.06.26 自動車ニュース
「BMW 6シリーズ クーペ」
「BMW 6シリーズ クーペ」 拡大

「BMW 6シリーズ」一部改良、運転支援システムを強化

BMWジャパンは2015年6月26日、「6シリーズ」に一部改良を実施し、同年7月2日に発売すると発表した。

今回の改良では、新デザインのアダプティブLEDヘッドライトを全モデルで標準装備とするとともに、「640i」「650i」のスタンダードモデルについては、キドニーグリルの意匠を変更。新たにクロムインサートを施したフロントエプロンとリアスカートを採用した。

装備については、「衝突回避・被害軽減ブレーキ」や「アクティブ・クルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)」などからなる運転支援システム「ドライビングアシスト・プラス」や、「レーンチェンジ・ウオーニング」を全車に搭載。通信サービスに関しては、オペレーターによるカーナビゲーションシステムの目的地検索、スマートフォンでの車両の遠隔操作などが可能な「BMWコネクテッドドライブ・プレミアム」を標準採用とした。

このほかにも、640iおよび650iでは、スタンダードモデルに加えBMW M社が開発した専用装備を採用した「Mスポーツ」をラインナップに設定。同モデルについては、走行モードに応じてメーターパネルのディスプレイが切り替わる「マルチディスプレイ・メーターパネル」や、車速やルート案内などの情報をフロントウインドウに投影する「BMWヘッドアップディスプレイ」などが標準装備となる。

価格は以下の通り。
6シリーズ クーペ:1023万円~1766万円
6シリーズ カブリオレ:1121万円~1833万円
6シリーズ グランクーペ:1057万円~1802万円

(webCG)
 

関連キーワード:
6シリーズ クーペ, 6シリーズ グランクーペ, 6シリーズ カブリオレ, BMW, 自動車ニュース

BMW 6シリーズ クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
  • メルセデス・ベンツが新型SUV「GLB」を日本導入 手ごろなサイズの3列7人乗りモデル 2020.6.25 自動車ニュース メルセデス・ベンツが新型SUV「GLB」の日本導入を発表。取り回しのしやすいボディーサイズでありながら、高効率なパッケージにより3列7人乗りを実現している。グレードは「200d」と「250 4MATICスポーツ」の2種類。納車開始は2020年7月ごろを予定している。
  • 貴重な限定版「BMW M2コンペティション」 オンラインストアで販売 2020.6.24 自動車ニュース BMWジャパンは2020年6月24日、同年4月23日に国内導入を発表した「BMW M2コンペティション」の特別仕様車「エディションデザインドバイフューチュラ2000」について、BMWオンラインストア経由での予約注文受け付けを3台限定で開始した。
  • メルセデス・ベンツGLB250 4MATICスポーツ/GLB200d 2020.6.25 画像・写真 メルセデス・ベンツから新型SUV「GLB」が登場。手ごろなサイズで3列7人乗りを実現しており、プレミアムブランドならではの充実した装備も特徴となっている。スリーポインテッドスターのSUV製品群に加わった“新顔”の姿を、写真で紹介する。
  • BMW M8グランクーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.3 試乗記 BMWの「M8」シリーズに「グランクーペ」が追加された。もちろん、単純な運動性能という観点では先にデビューした「クーペ」に分があるのは間違いないだろう。では4ドアクーペならではの魅力はどこにあるのだろうか。高出力版「コンペティション」に試乗して考えた。
ホームへ戻る