専用内外装のトヨタ・ポルテ/スペイド登場

2015.07.01 自動車ニュース
「トヨタ・ポルテF“a la mode Deux”」
「トヨタ・ポルテF“a la mode Deux”」
    拡大

専用内外装の「トヨタ・ポルテ/スペイド」登場

トヨタ自動車は2015年7月1日、コンパクトカー「ポルテ/スペイド」に特別仕様車「ポルテF“a la mode Deux”(ア ラ モード ドゥ)」「スペイドF“Queen”(クイーン)」を設定し、販売を開始した。


専用内外装のトヨタ・ポルテ/スペイド登場の画像 拡大
「スペイドF“Queen”」
「スペイドF“Queen”」
    拡大

専用内外装のトヨタ・ポルテ/スペイド登場の画像 拡大

今回の特別仕様車には、通常はオプション扱いである「スマートエントリーパッケージ」や「スーパーUVカットパッケージ」が標準で装備されるほか、取り外して丸洗いが可能なファスナー式のウオッシャブルカバーシートや、はっ水タイプのシート表皮などが採用されている。

各車の特徴は以下のとおり。

ポルテF“a la mode Deux”

・内装色は、ベースシートの表皮が「フロマージュ」、インストゥルメントパネル上部とドアトリムオーナメントのさし色が「プラム」という同車専用の組み合わせで、ブラウン塗装のレジスターリングやメッキ加飾のインサイドドアハンドルを採用している。またウオッシャブルカバーシートは、フロマージュを基調にストライプを施したデザインとしている。

・エクステリアでは、ラジエーターグリルと電動格納式リモコンドアミラーにブラウン塗装を、バックドアガーニッシュとアウトサイドドアハンドルにメッキ加飾を採用。ホイールにはパールホワイト塗装の樹脂製フルキャップを装着している。

・ボディーカラーは「ホワイトパールクリスタルシャイン」「チェリーパールクリスタルシャイン」「クリームベージュ」「スーパーブライトイエロー」の全4色。

スペイドF“Queen”

・インテリアではレジスターリング、シフトレバーベゼル、インサイドドアハンドル(運転席、助手席)にメッキ加飾を施すとともに、専用デザインのセンターメーターを採用。内装色は「ブラック」で、標準モデルとは異なり、ルーフトリムやサンバイザーについても同色となっている。またウオッシャブルカバーシートには、ブラックを基調にモノトーンのストライプをあしらったデザインを採用している。

・エクステリアでは、フロントグリルや電動格納式リモコンドアミラー、バックドアガーニッシュ、アウトサイドドアハンドルにメッキ加飾を施すとともに、ホイールにはスーパークロムメタリック塗装の樹脂フルキャップを装着している。

・ボディーカラーは「ホワイトパールクリスタルシャイン」「ボルドーマイカメタリック」「スパイシーカーキパールクリスタルシャイン」に、専用色の「ブラック」を加えた全4色。

価格は以下のとおり。

・ポルテF“a la mode Deux”(FF):188万4109円
・ポルテF“a la mode Deux”(4WD):203万5309円
・スペイドF“Queen”(FF):188万4109円
・スペイドF“Queen”(4WD):203万5309円

(webCG)

関連キーワード:
スペイド, ポルテ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ スペイド の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • 第189回:あ~、モテてぇなぁ 2020.9.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第189回は、「トヨタGRヤリス」の登場をきっかけに「モテないカー」と「モテそうカー」を考えてみた。クルマ好きのハートをわしづかみにするクルマに限って女子ウケが悪いという。そのこころは?
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(前編) 2021.2.7 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「トヨタGRヤリス」に試乗。専用3ドアボディーに新開発の3気筒ターボエンジン、さらに独自の4WDシステムを備えた異色のラリーウエポンを、山野はどうジャッジするのだろうか。
ホームへ戻る