メルセデス、Sクラス クーペに右ハンドルを追加

2015.07.14 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツS550クーペ」
「メルセデス・ベンツS550クーペ」 拡大

メルセデス、「Sクラス クーペ」に右ハンドルを追加

メルセデス・ベンツ日本は2015年7月14日、「Sクラス クーペ」に新グレード「S550クーペ」を追加し、販売を開始した。

Sクラス クーペは現行型「Sクラス」をベースとするメルセデスのフラッグシップクーペである。日本では2014年10月に発売されており、これまではメルセデスAMGの「S65クーペ」と「S63 4MATICクーペ」、および「S550 4MATICクーペ」の3モデルがラインナップされていた。

今回追加されたS550クーペは、4.7リッターV8直噴ツインターボエンジンにFRの駆動方式を組み合わせた新グレードであり、トランスミッションにはSクラス クーペとして初めて9段AT「9G-TRONIC」を搭載。またSクラス クーペのラインナップの中では唯一の右ハンドル仕様となる。

装備は充実しており、前方の路面状況に応じてサスペンションのダンピングを制御する「マジックボディコントロール」を標準で採用。コーナリング時に車体を内側に傾けることで乗員にかかる横加速度を軽減し、より安定したコーナリングを実現する「ダイナミックカーブ機能」も搭載している。

価格は1740万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
Sクラス クーペ, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
  • メルセデスAMG E53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2018.10.10 試乗記 2種類の過給機とマイルドハイブリッドシステムを搭載する、メルセデスの新型セダン「AMG E53」。その走りは極めてスポーティーでありながら、昔ながらのやんちゃな高性能モデルとは違った楽しさに満ちたものだった。
  • メルセデス・ベンツE200スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.11.14 試乗記 デビュー4年目のビッグマイナーチェンジで、内外装デザインに磨きをかけると同時に安全装備も大幅にアップデートしたという「メルセデス・ベンツEクラス」。エントリーモデルに位置づけられる「E200スポーツ」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • アウディQ3スポーツバック35 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2020.10.28 試乗記 SUVのモデルラインナップが増え続ける中で、アウディが新たに提案する「Q3スポーツバック」。今回ステアリングを握った「35 TDIクワトロSライン」の走りは、スタイル重視に見える同モデルのイメージを大きく変えるものだった。
ホームへ戻る