日産セレナに3種類の特別仕様車が登場

2015.07.15 自動車ニュース
「日産セレナ ハイウェイスターVエアロモード+Safety II」
「日産セレナ ハイウェイスターVエアロモード+Safety II」 拡大

「日産セレナ」に3種類の特別仕様車が同時に登場

日産自動車は2015年7月15日、ミニバン「セレナ」に特別仕様車「ハイウェイスターVセレクション+Safety II」「ハイウェイスターVエアロモード+Safety II」「20X Vセレクション+Safety」を設定し、販売を開始した。

「セレナ ハイウェイスターVセレクション+Safety II」
「セレナ ハイウェイスターVセレクション+Safety II」
    拡大
LEDヘッドランプ
LEDヘッドランプ
    拡大
195/60R16 89Hタイヤ&16インチアルミホイール
195/60R16 89Hタイヤ&16インチアルミホイール 拡大
グロスブラックパワーウィンドウスイッチフィニッシャー(エアロモード専用)
グロスブラックパワーウィンドウスイッチフィニッシャー(エアロモード専用) 拡大
ワンタッチオートスライドドア<両側>(挟み込み防止機構付き)
ワンタッチオートスライドドア<両側>(挟み込み防止機構付き) 拡大
「セレナ20X Vセレクション+Safety」
「セレナ20X Vセレクション+Safety」
    拡大

■安全装備や快適装備を強化

今回の特別仕様車は、「ハイウェイスターS-HYBRID(FF)」と「ハイウェイスター(4WD)」および「20X S-HYBRID(FF)」「20X(4WD)」をベースに、予防安全装備の「アドバンスド セーフティ パッケージ」や、ワンタッチオートスライドドア(両側)などの装備を追加で採用したものである。なお、アドバンスド セーフティ パッケージは、「アラウンドビューモニター」「ディスプレイ付自動防眩(ぼうげん)式ルームミラー」「踏み間違い衝突防止アシスト」「フロント&バックソナー」「ふらつき警報」からなる。

各モデルの装備の内容は以下の通り。

ハイウェイスターVセレクション+Safety II
(ベース車:ハイウェイスターS-HYBRID<FF>/ハイウェイスター<4WD>)
・LEDヘッドランプ
・ワンタッチオートスライドドア<両側>(挟み込み防止機構付き)
・195/60R16 89Hタイヤ&16インチアルミホイール(16×6J、FF車のみ)
・アドバンスド セーフティ パッケージ

ハイウェイスターVエアロモード+Safety II
(ベース車:ハイウェイスターS-HYBRID<FF>/ハイウェイスター<4WD>)
・LEDヘッドランプ
・ワンタッチオートスライドドア<両側>(挟み込み防止機構付き)
・195/60R16 89Hタイヤ&16インチアルミホイール(16×6J、FF車のみ)
・アドバンスド セーフティ パッケージ
・フロントプロテクター(LEDイルミネーション付き)
・ダーククロムグリル(エアロモード専用)
・グロスブラックパワーウィンドウスイッチフィニッシャー(エアロモード専用)

20X Vセレクション+Safety
(ベース車:20X S-HYBRID<FF>/20X<4WD>)
・ワンタッチオートスライドドア<両側>(挟み込み防止機構付き)

価格は以下の通り。
・20X Vセレクション+Safety S-HYBRID(FF):250万6680円
・20X Vセレクション+Safety(4WD):275万8320円
・ハイウェイスターVセレクション+Safety II S-HYBRID(FF):279万9360円
・ハイウェイスターVセレクション+Safety II(4WD):304万200円
・ハイウェイスターVエアロモード+Safety II S-HYBRID(FF):283万9320円
・ハイウェイスターVエアロモード+Safety II(4WD):308万160円

新たに設定されたボディーカラーの「シャイニングブルー」。
新たに設定されたボディーカラーの「シャイニングブルー」。
    拡大

■幅広いグレードでシートヒーターが選択可能に

同時に一部改良も実施しており、「20S」を除く全グレードにPTC素子ヒーターと前席ヒーター付きシートをオプション設定。またディーラーオプションのナビゲーションシステムを選択したユーザーに対して、「日産オリジナルナビ取付パッケージ」をオプションで用意した。

また、防水シート地やロングアシストレール、バックドアインナーフックなどからなるオプションパッケージ「クロスギアパッケージ」には、PTC素子ヒーターと前席ヒーター付きシートを追加。ボディーカラーでは、「タイガーアイブラウン」に代わり新たに「シャイニングブルー」を採用した。

(webCG)
 

関連キーワード:
セレナ, 日産, 自動車ニュース

日産 セレナ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 日産が「セレナ」の一部仕様を変更 安全装備を強化し「AUTECH」に新モデルを追加 2020.8.17 自動車ニュース 日産がミニバン「セレナ」の一部仕様を変更。「プロパイロット」をはじめとした予防安全装置・運転支援システムの設定グレードを拡大したほか、「AUTECHスポーツスペック」をe-POWER車にも設定。AUTECH車については、インテリアのコーディネートプログラムも導入した。
  • 日産セレナe-POWERハイウェイスターV(FF)【試乗記】 2018.4.9 試乗記 「日産セレナe-POWER」に試乗。高い効率性がうたわれる日産自慢の電動パワーユニット、e-POWER。500kmのドライブでその実用燃費を検証するとともに、ファミリーカーのあるべき姿について考えた。
  • 「日産セレナ」に車中泊用収納ベッドを備えた「マルチベッド」が登場 2020.2.10 自動車ニュース 日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2020年2月10日、ミニバン「日産セレナ」に車中泊仕様の「マルチベッド」を設定し、販売を開始した。あわせて「NV200バネット」の車中泊仕様「マルチベッドワゴン」を一部改良し、同年1月31日に発売したと発表した。
  • トヨタ・ヴォクシーZS(FF/CVT) vs 日産セレナ ハイウェイスター(FF/CVT)【短評(後編)】 2007.12.19 試乗記 トヨタ・ヴォクシーZS(FF/CVT) vs 日産セレナ ハイウェイスター(FF/CVT)
    ……245万7000円/240万4500円
    (車両本体価格)

    人気のミニバン「日産セレナ」と「トヨタ・ヴォクシー」に試乗。2台を比べてみると相対的なキャラクターの違いが明らかに。

    『CAR GRAPHIC』2007年11月号から転載。
ホームへ戻る