プリウスにスポーツコンバージョン車「G's」登場

2011.11.29 自動車ニュース

プリウスにスポーツコンバージョン「G's」仕様が登場

トヨタ自動車は2011年11月29日、スポーツコンバージョン車シリーズの第3弾として、「プリウス」のG SPORTS(通称G's)モデル「Sツーリングセレクション G's」を発表した。価格は284万円。12月26日に発売する。

具体的には、スプリングやショックアブソーバーに専用チューニングを施したサスペンションを採用。加えて、補強材やスポット溶接打点の追加により、ベース車と比べてボディー剛性を向上させた。また、専用デザインのバンパーなどを装着して、外観では精悍(せいかん)さとスポーティーさを表現した。

ベース車からの主な変更点は次のとおり。

■外観
・専用デザインの前後バンパー
・ブラック加飾された前後ランプ、および専用LEDイルミネーションビーム
・専用マフラー(バッフル部)
・215/40R18タイヤ(ダンロップDIREZZA DZ101)、および7.5J専用アルミホイール

■インテリア
・表皮がスエード調となる専用スポーティーシート(G'sの刺しゅうマーク付き)
・本革巻き4本ステアリングホイール(レッドステッチ付き)
・カーボン調塗装を施したセンタークラスター
・レッドライン入りシフトノブ(クリアスモークタイプ、高輝度ダークシルバー塗装)
・G'sロゴ付き専用イグニッションスイッチ
・アルミペダル(アクセルとブレーキ)

■サスペンションとボディー
・専用チューニングサスペンション(約15mmダウン)
・前サスペンションメンバー前端やフロア中央にブレース材の装着や、ロッカー部のフランジスポット溶接打点の追加などによるアンダーボディー剛性の向上

(webCG 竹下)

「プリウスSツーリングセレクション G's」
「プリウスSツーリングセレクション G's」 拡大

プリウスにスポーツコンバージョン車「G's」登場の画像 拡大
イグニッションスイッチは、G'sロゴ付きの専用品となる。
イグニッションスイッチは、G'sロゴ付きの専用品となる。 拡大
プリウスにスポーツコンバージョン車「G's」登場の画像 拡大
アンダーボディーは補強材の装着や、溶接の「スポット増し」などによって剛性の向上が図られている。
アンダーボディーは補強材の装着や、溶接の「スポット増し」などによって剛性の向上が図られている。 拡大
プリウスにスポーツコンバージョン車「G's」登場の画像 拡大

関連キーワード:
プリウス, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ プリウス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回 オール オッズ ナショナルズ & 第5回 クラウン クラシックス リユニオン at 豊洲」の会場から 2019.9.13 画像・写真 アメリカ西海岸風にカスタマイズされたクルマと、古い「クラウン」のオーナーミーティングが同時開催。展示車両の中から、リポーターの印象に残ったクルマを写真で紹介する。
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(FF/CVT)【試乗記】 2021.2.8 試乗記 2020年秋に実施された「スバル・インプレッサスポーツ」の一部改良にあわせ、ラインナップに加わった「STI Sport」。ワインディングロードを舞台に、STIが新たにFFモデルで手がけたチューニングレシピを味わった。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
  • アウディRS 6アバント 2021.2.15 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 最高出力600PS、最大トルク800N・mのV8ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS 6アバント」は単なる高性能マシンではない。ひとたび手綱を緩めてやればその奥底に流れる血が騒ぐ。ラリーウエポンのれっきとした末裔(まつえい)であることをすぐに感じ取れることだろう。
  • BMWアルピナD3 Sリムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.2 試乗記 アルピナが提案するディーゼルの高性能セダン「D3 Sリムジン アルラット」に試乗。そのステアリングを握った筆者は、どこか懐かしくも目を見張る、このブランドならではのパフォーマンスに酔いしれたのだった。
ホームへ戻る