クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

トヨタ プリウス 試乗記・新型情報

「トヨタ・プリウス」は、1997年12月に“21世紀に間に合いました”のキャッチフレーズを掲げて発売された、世界初の量産ハイブリッド乗用車。車高を除き「カローラセダン」と同程度の4ドアセダンボディーに、1.5リッターガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを積み、前輪を駆動。10・15モードで28.0km/リッターという低燃費を実現した。2003年9月に登場した2代目は、ボディーを3ナンバーサイズの5ドアハッチバックに変更。2009年5月に世代交代した3代目は、エンジンを1.8リッターに拡大し、同年12月にはプラグインハイブリッド仕様を追加設定。2015年12月には、トヨタが推進する次世代車両技術「Toyota New Global Architecture(TNGA)」を初採用した4代目に進化。新たに4WDも設定された。

トヨタ プリウス 試乗記 トヨタ プリウス ニュース トヨタ プリウス 画像・写真
  • 2018.9.25 エッセイ

    第104回:国民車議論ふたたび

    清水草一の話題の連載。第104回は「国民車議論ふたたび」。「スイフトスポーツを国民車に!」と声高に唱えていた筆者、しかしそれはかなわぬ夢なのか!? 兄弟車が幅をきかせる国内市場で、人気のクルマに共通する、ある特徴とは?

  • 2018.3.20 エッセイ

    第82回:無段変速車ボクメツ宣言

    清水草一の話題の連載。第82回は「無段変速車ボクメツ宣言」。日本の国民車がダサイのにはワケがあった!? 「スイフトスポーツ」を国民車に! と熱望する筆者が、CVT車ばかりの日本のベストセラーモデルに異議を唱える。

  • 2018.1.30 エッセイ

    第75回:安物買いの銭失い

    清水草一の話題の連載。第75回は「安物買いの銭失い」。「MJ戦略参謀本部」放談、第3弾。人は、激安イタ車に愛をささげ続けると、どうなるのか!? 攻めのビンボーカーマニアが、匍匐(ほふく)前進で挑んだ、愛車との日々を語る。   

  • 2017.12.15 エッセイ

    第462回:目指すは2050年の「CO2ゼロ」
    トヨタ電動化技術のこれまでを振り返る

    この20年間で、電動化技術の何がどう変わったのか? これからはどんなことを目指していくのか。トヨタが開催したプレス向け説明会の内容を、詳しく報告する。

  • 2017.11.1 自動車ニュース

    トヨタが「プリウス」の20周年記念モデルを発売

    トヨタ自動車は2017年11月1日、ハイブリッド車「プリウス」に一部改良を施すとともに、特別仕様車「S“セーフティープラス”/S“セーフティープラス ツートーン”」および「Aプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッド」を設定したと発表した。

  • 2017.9.14 トミカ大写真展

    【トミカNo.50】トヨタ・プリウス

    「21世紀に間にあいました」というキャッチコピーを掲げて、1997年に登場したハイブリッドカー「トヨタ・プリウス」。現在のモデルはその4代目にあたり、JC08モード計測で40.8km/リッターという燃費を実現している。

  • 2017.9.8 エッセイ

    第518回:いまや欧米でも“街の顔”
    20周年を迎えた「プリウス」に思う

    2017年12月に、誕生から20周年を迎える「トヨタ・プリウス」。日本でおなじみのハイブリッドカーは、欧米でもこんなにメジャーになっている!? 街角の様子をチェックしながら、その成長ぶりを振り返る。

  • 2017.8.4 画像・写真

    「オートモビル カウンシル2017」の会場から(トヨタ)

    トヨタ自動車は、2017年8月4日に開幕した自動車イベント「オートモビル カウンシル2017」において、同社のハイブリッド車のデビュー20周年をテーマとする展示を行った。会場に並んだ出展車両を写真で紹介する。

  • 2017.8.4 自動車ニュース

    【オートモビル カウンシル2017】トヨタはハイブリッドの20年史をテーマに展示

    トヨタ自動車は、2017年8月4日に開幕した自動車イベント「オートモビル カウンシル2017」(会期:2017年8月4~6日)において、同社のハイブリッド車のデビュー20周年をテーマとする展示を行った。

  • 2016.12.1 自動車ニュース

    「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド」が価格.comプロダクトアワードの金賞を受賞

    商品の購買支援サイトを運営するカカクコムは2016年12月1日、ユーザーが満足度の高い製品を選ぶ「価格.comプロダクトアワード2016」で、自動車部門の金賞に「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド」が選出されたと発表した。

  • 2016.8.8 自動車ニュース

    「トヨタ・プリウス」に充実装備で低価格な特別仕様車が登場

    トヨタが「プリウス」の特別仕様車「S“セーフティープラス”」を発売。標準グレード「S」をベースに装備を強化したもので、運転支援システムの「Toyota Safety Sense P」やカラーヘッドアップディスプレイ、パーキングアシストなどが搭載されている。

  • 2016.8.3 自動車ニュース

    トヨタが新型「プリウスPHV」の発売時期を延期

    トヨタ自動車は2016年8月3日、ユーザーに対してより品質のよい製品を確実に届けるため、今秋に予定していた新型「プリウスPHV」の国内販売開始時期を、今冬に延期すると発表した。

  • 2016.7.27 試乗記

    トヨタ・プリウスTRD Ver.1(FF/CVT)【試乗記】

    空力パーツや専用チューニングのサスペンション、ボディーの補強パーツなど、いたるところにTRDの用品が装着された「トヨタ・プリウス」のデモカーに試乗。個々のチューニングの効果と、それらが織り成すクルマ全体のドライブフィールをリポートする。

  • 2016.6.1 試乗記

    2016ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:TRD/STI編)【試乗記】

    TRD/STI/NISMO/無限という自動車メーカー直系の4ブランドが、伊豆のサイクルスポーツセンターを舞台に合同試乗会を開催。まずは、TRDがチューンしたトヨタの「プリウス」「ヴェルファイア」と、STIがひと手間加えたスバルの「レヴォーグ」と「XVハイブリッド」の走りを報告する。

  • 2016.3.15 自動車ニュース

    トヨタ、新型のエコカーをニューヨークで発表【ニューヨークショー2016】

    トヨタ自動車は2016年3月15日(現地時間)、ニューヨーク国際オートショー(開催期間:2016年3月23日~4月3日)において、新たなエコカーを公開すると発表した。

  • 2016.3.7 試乗記

    トヨタ・プリウスE(FF/CVT)【試乗記】

    ちまたで大人気の新型「トヨタ・プリウス」。その廉価仕様にして、シリーズ随一の40.8km/リッター(JC08モード)を誇る“燃費スペシャル”グレードの「E」に試乗した。その走りやいかに?

  • 2016.2.27 試乗記

    トヨタ・プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】

    発売以来、好調な販売が伝えられる新型「トヨタ・プリウス」。トヨタ最新の開発コンセプト「TNGA」にのっとって作られた4代目の実力やいかに? 最上級グレード「Aプレミアム“ツーリングセレクション”」の試乗を通し、従来モデルからの進化のほどを確かめた。

  • 2016.1.27 試乗記

    トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)/プリウスAプレミアム(4WD/CVT)【試乗記】

    個性的なデザインをまとって登場した、新型「トヨタ・プリウス」。では、実際に乗ってみたら? 新開発シャシーをベースに磨きぬいたという走りの質や、快適性について報告する。

  • 2016.1.22 試乗記

    トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)/プリウスE(FF/CVT)【レビュー】

    ハイブリッドカーの先駆けである「トヨタ・プリウス」が4代目にフルモデルチェンジ。シリーズ最高で40.8km/リッター(JC08モード)という燃費性能や、このクルマで初採用されたトヨタの次世代技術「TNGA」など、話題満載の新型の走りをリポートする。

  • 2015.12.9 自動車ニュース

    40.8km/リッターの新型トヨタ・プリウス発売

    「トヨタ・プリウス」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型が発売された。

トヨタ プリウスの記事を読んだユーザがよく見る車種の新型情報
注目の記事PR
  • パワフルで軽快な走りが魅力。BMWのスポーツ・アクティビティ・クーペ「X2」に試乗した。
    パワフルで軽快な走りが魅力。BMWのスポーツ・アクティビティ・クーペ「X2」に試乗した。 BMW
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com