BMW 3シリーズ、発売40周年記念の限定車が登場

2015.08.21 自動車ニュース
「BMW 340i 40th Anniversary Edition」
「BMW 340i 40th Anniversary Edition」
    拡大

「BMW 340i 40th Anniversary Edition」限定発売

BMWジャパンは2015年8月20日、「BMW 3シリーズ」の特別仕様車「BMW 340i 40th Anniversary Edition(フォーティース・アニバーサリー・エディション)」を発表した。同年10月3日から20台限定で販売する。

歴代「BMW 3シリーズ」(写真左手前が最新モデル)。1975年に初代モデルがデビューした同車は、今年で誕生40周年を迎える。
歴代「BMW 3シリーズ」(写真左手前が最新モデル)。1975年に初代モデルがデビューした同車は、今年で誕生40周年を迎える。
    拡大

BMW 3シリーズ、発売40周年記念の限定車が登場の画像 拡大

今回の340i 40th Anniversary Editionは、マイナーチェンジしたBMW 3シリーズの発売(関連ニュース)を記念して設定される限定モデル。3シリーズは1975年の初代モデル誕生から40周年を迎えるとあって、この名が冠されている。

ベースとなるのは、新開発の3リッター直6直噴ターボエンジンを搭載する「340i Mスポーツ」だ。
エクステリアの見どころは、角度や光の当たり方によってダークブルーの中に微細なターコイズが輝いているように見える「タンザナイトブルー」のボディーカラー。特徴的なバイカラー塗装を施した19インチMライトアロイホイール、サテンアルミニウムウィンドウモールディングも備わり、卓越したスポーツ性とプレミアムなたたずまいが演出される。

インテリアは、ブラックのダコタレザーシートや、専用のBMW Individualレザーフィニッシュダッシュボード、ピアノの製作工程と同じピアノラッカー技術で仕立てられたBMW Individualピアノフィニッシュブラックインテリアトリム(専用レタリング、限定シリアルナンバー付き)などで仕立てられている。

走行性能を高める装備や運転支援システムとしては、アダプティブMサスペンション(電子制御式ダンパー)、対向ピストンブレーキキャリパーを備えたMスポーツブレーキ、車速やルート案内をフロントウインドスクリーンに投影する「BMWヘッドアップディスプレイ」、安全な車線変更をサポートする「レーンチェンジウォーニング」などが与えられる。

これらを含む、340i 40th Anniversary Editionの特別装備は、以下の通り。

・ボディーカラー:タンザナイトブルー(BMW Individualボディーカラー)
・BMW M Performanceブラックキドニーグリル
・19インチMライトアロイホイールダブルスポークスタイリング442Mバイカラー(フェリックグレー)
・サテンアルミニウムウィンドウモールディング
・ダコタレザーシート:ブラック
・フロントシートヒーティング(運転席&助手席)
・専用BMW Individualピアノフィニッシュブラックインテリアトリム/パールグロスクロムハイライト(専用レタリング&限定シリアルナンバー付き)
・専用BMW Individualレザーフィニッシュダッシュボード
・アダプティブMサスペンション
・Mスポーツブレーキ
・BMWヘッドアップディスプレイ
・レーンチェンジウォーニング
・harman/Kardonサラウンドサウンドシステム

価格は879万円。

(webCG)

関連キーワード:
3シリーズ セダン, BMW, 自動車ニュース

BMW 3シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.2 試乗記 BMWが誇るスポーツセダンのベンチマーク「3シリーズ」が、7代目にフルモデルチェンジ。ブランドの“伝統芸”ともいえるミズスマシ的ドライブフィールと、隔世の進化を遂げた強力なドライビングアシストに触れ、リポーターが感じたこととは?
  • 清水草一が大胆予想! 新型「Z」に乗ってみたら……? 2021.9.6 デイリーコラム 海外で発表されるやファンを沸かせた新型「日産Z(フェアレディZ)」だが、実際に乗れるのはまだまだ先。その走りについて、わかっている仕様・スペックから言えることは……。自動車ライター清水草一は、こう予想する!
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.20 試乗記 マイナーチェンジした「MINIクラブマン」の高性能モデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。最高出力306PSのパワーユニットと4WDが組み合わされたステーションワゴンは、ホットな走りとクールなフォルムが魅力の、アガる一台に仕上がっていた。
  • 日産ノート オーラNISMOプロトタイプ(FF)【試乗記】 2021.8.17 試乗記 日産自慢の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した「ノート オーラ」に「NISMO」バーションが登場。レースで培ったノウハウを注ぎ込み、匠(たくみ)と呼ばれる開発ドライバーが磨きをかけたというそのパフォーマンスを、同社のテストコースで確かめた。
ホームへ戻る