日産シルフィにスタイリッシュな特別仕様車

2015.08.24 自動車ニュース
「日産シルフィ Sツーリング」
「日産シルフィ Sツーリング」 拡大

「日産シルフィ」にスタイリッシュな特別仕様車

日産自動車は2015年8月24日、「シルフィ」の特別仕様車「Sツーリング」を発売した。

今回のシルフィ Sツーリングは、主要グレード「X」をベースに、スタイリッシュなエアロパーツなどを装備することでスポーティー感を高めたという特別仕様車。
シルフィ本来のボディーラインを維持しながらも、専用デザインの前後エアロバンパーやサイドシルプロテクター、リアスポイラーなどで、端正かつ躍動感のあるスタイルが演出されている。

夜間の視認性を向上させる「キセノンヘッドランプ」も備わる。

Sツーリングの特別装備は、以下の通り。

・専用フロントエアロバンパー(メッキフォグランプフィニッシャー付き)
・専用リアエアロバンパー
・専用サイドシルプロテクター
・専用リアスポイラー
・専用フロントグリル(グロスブラック)
・Sツーリング専用エンブレム
・195/60R16 89Hタイヤ+16インチ切削光輝アルミホイール
・キセノンヘッドランプ

ボディーカラーは、ブリリアントシルバー、ブリリアントホワイトパール、スーパーブラック、ラディアント レッドの4色が用意される。

価格は245万8080円。

(webCG)

関連キーワード:
シルフィ, 日産, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産ティアナ250XV(FF/CVT)/350XV(FF/CVT)【試乗速報】 2008.6.20 試乗記 日産ティアナ250XV(FF/CVT)/350XV(FF/CVT)
    ……335万4750円/425万7750円

    “モダンリビング”路線の嚆矢である「ティアナ」がフルモデルチェンジされ、2代目となった。路線継続を謳いつつも、新たなテーマとして付け加えられたのが「OMOTENASHI(おもてなし)」である。アジア市場を狙う戦略車は、どう変わったのか。
  • 日産ティアナ250XV(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2008.9.19 試乗記 ……335万4750円
    総合評価……★★★

    モダンリビングコンセプトを受け継いだ、2代目「日産ティアナ」。そのターゲットは中国市場に傾きつつあるが、日本でも魅力のあるセダンなのか? 450kmの走行でOMOTENASHIを受けてきた。
  • 進化したフリード モデューロXを試す 2020.7.10 モデューロXの最新モデルを味わう<PR> ベースとなる「ホンダ・フリード」のマイナーチェンジに合わせ、「フリード モデューロX」も最新モデルにアップデート。日常的な速度域でも体感できる“実効空力”を高めるべく、新開発のエアロバンパーが備わっている。その効果を試すべく、新旧モデルを同時に連れ出した。
  • 日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】 2013.3.6 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
    ……238万9800円

    日本におけるコアターゲットは「60代の、妻とふたり暮らしの男性」。長年セダンを乗り継いできた熱心なオーナーへ向け、日産がささげる「アガリの一台」は、どのようなクルマに仕上がっているのか。
ホームへ戻る