フランスの郵便車と同色のルノー・カングー発売

2015.08.26 自動車ニュース
「ルノー・カングー ラ・ポスト」
「ルノー・カングー ラ・ポスト」
    拡大

フランスの郵便車と同色の「ルノー・カングー」発売

ルノー・ジャポンは2015年8月26日、マルチパーパスビークル「カングー」の特別仕様車「カングー ラ・ポスト」を発表。同日、150台限定で発売した。

リアビュー。ボディーサイドとリアに見られるフランス郵便「ラ・ポスト」のステッカー類は、展示車のドレスアップ用。車両の購入者には、ステッカーがプレゼントされるとのこと。
リアビュー。ボディーサイドとリアに見られるフランス郵便「ラ・ポスト」のステッカー類は、展示車のドレスアップ用。車両の購入者には、ステッカーがプレゼントされるとのこと。
    拡大
「カングー ラ・ポスト」のデビューを記念して、オリジナル切手(写真)も発売された。価格は、5枚1組で1242円。
「カングー ラ・ポスト」のデビューを記念して、オリジナル切手(写真)も発売された。価格は、5枚1組で1242円。
    拡大
発表会場となった東京・文京区の本郷郵便局には、本物の「ラ・ポスト」コスチュームをまとったスタッフの姿も。
発表会場となった東京・文京区の本郷郵便局には、本物の「ラ・ポスト」コスチュームをまとったスタッフの姿も。
    拡大

カングー ラ・ポストは、「想いを届ける」をコンセプトに、フランス郵便「ラ・ポスト」の郵便車と同じ黄色いボディーカラーが採用された特別仕様車。本国での業務用以外の市販車両にこの色が使われるのは、今回が初めてのことだという。

ベースモデルは「カングー ゼン」で、専用ボディーカラー以外に以下の特別装備が与えられる。

・専用シルバー&ブラックフロントバンパー
・ブラックリアバンパー
・シルバードアミラー
・プライバシーガラス
・フロントシートバックテーブル
・可倒式助手席

販売台数は、AT車90台とMT車60台を合わせた計150台で、価格は241万5000円。

(webCG)

関連キーワード:
カングー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー カングー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • KANGOOでGO! 2020.7.2 おでかけするならルノーで行こう<AD> いよいよ夏本番。今度の休みは、どこへ行こう? ルノーのマルチパーパスビークル「カングー」で出掛けたら、期待いっぱいのドライブは、さらに楽しいものになるだろう。
  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
  • 新型「プジョー208」が日本上陸 ガソリンエンジン車とピュアEVを同時発売 2020.7.2 自動車ニュース グループPSAジャパンは2020年7月2日、プジョーのコンパクトハッチバック「208」の新型と、そのEVバージョンたる「e-208」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。
  • ミツオカ・ロックスターSスペシャルパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.8 試乗記 2018年に創業50周年を迎えた光岡自動車が、台数限定200台で発売した記念モデル「ロックスター」に試乗。ベースとなった「マツダ・ロードスター」譲りの走りと、2代目「シボレー・コルベット」を思わせるスタイリングの仕上がりを確かめた。
  • ホンダが「シビック タイプR」マイナーチェンジモデルの発売を延期 2020.6.25 自動車ニュース 本田技研工業は2020年6月25日、同年夏に予定していた「シビック タイプR」のマイナーチェンジモデルの発売を延期すると発表した。理由については「新型コロナウイルス感染症拡大に伴う生産活動への影響」と説明されている。
ホームへ戻る