フランスの郵便車と同色のルノー・カングー発売

2015.08.26 自動車ニュース
「ルノー・カングー ラ・ポスト」
「ルノー・カングー ラ・ポスト」
    拡大

フランスの郵便車と同色の「ルノー・カングー」発売

ルノー・ジャポンは2015年8月26日、マルチパーパスビークル「カングー」の特別仕様車「カングー ラ・ポスト」を発表。同日、150台限定で発売した。

リアビュー。ボディーサイドとリアに見られるフランス郵便「ラ・ポスト」のステッカー類は、展示車のドレスアップ用。車両の購入者には、ステッカーがプレゼントされるとのこと。
リアビュー。ボディーサイドとリアに見られるフランス郵便「ラ・ポスト」のステッカー類は、展示車のドレスアップ用。車両の購入者には、ステッカーがプレゼントされるとのこと。
    拡大
「カングー ラ・ポスト」のデビューを記念して、オリジナル切手(写真)も発売された。価格は、5枚1組で1242円。
「カングー ラ・ポスト」のデビューを記念して、オリジナル切手(写真)も発売された。価格は、5枚1組で1242円。
    拡大
発表会場となった東京・文京区の本郷郵便局には、本物の「ラ・ポスト」コスチュームをまとったスタッフの姿も。
発表会場となった東京・文京区の本郷郵便局には、本物の「ラ・ポスト」コスチュームをまとったスタッフの姿も。
    拡大

カングー ラ・ポストは、「想いを届ける」をコンセプトに、フランス郵便「ラ・ポスト」の郵便車と同じ黄色いボディーカラーが採用された特別仕様車。本国での業務用以外の市販車両にこの色が使われるのは、今回が初めてのことだという。

ベースモデルは「カングー ゼン」で、専用ボディーカラー以外に以下の特別装備が与えられる。

・専用シルバー&ブラックフロントバンパー
・ブラックリアバンパー
・シルバードアミラー
・プライバシーガラス
・フロントシートバックテーブル
・可倒式助手席

販売台数は、AT車90台とMT車60台を合わせた計150台で、価格は241万5000円。

(webCG)

関連キーワード:
カングー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー カングー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2021.6.25 試乗記 さまざまなクロカンやSUVを取りそろえるジープのなかで、最も都会派とされる「コンパス」。マイナーチェンジされた最新型を走らせてみると、多くのブランドと交わるなかで培われた商品力の高さを感じ取ることができた。
  • プジョー508SW GTハイブリッド(FF/8AT)【試乗記】 2021.7.13 試乗記 スタイリッシュなプジョーのフラッグシップワゴン「508SW」にプラグインハイブリッドモデルが登場。興味津々でステアリングを握った清水草一が、既存モデルとの走りの違いや留意すべきポイントを報告する。
  • ホンダ・ヴェゼルG(4WD/CVT)【試乗記】 2021.7.12 試乗記 電動化! ハイブリッド! で攻勢をかけている新型「ホンダ・ヴェゼル」だが、注目度の低い(?)純ガソリンエンジン搭載モデルがあるのをご存じだろうか。この最廉価グレードはヴェゼルファンに対するホンダの良心か、それとも……?
  • 現行型「ルノー・カングー」に最後の限定車登場 2021.7.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2021年7月1日、「カングー」に特別仕様車「リミテッド ディーゼルMT」を設定し、同年7月8日に400台の台数限定で発売すると発表した。最高出力116PSのディーゼルターボエンジンと6段MTを組み合わせたパワートレインを搭載している。
  • 「ポルシェ・マカン」の改良モデル登場 全モデルでエンジンがパワーアップ 2021.7.21 自動車ニュース ポルシェジャパンは2021年7月20日、コンパクトSUV「マカン」の改良モデルを発表した。今回導入するのは「マカン」と「マカンS」、「マカンGTS」の3バージョン。内外装のブラッシュアップに加え、全モデルともパワーアップした最新エンジンを搭載している。
ホームへ戻る