BMW 1シリーズに、スタイリッシュな限定車

2015.08.26 自動車ニュース
「BMW 118i Fashionista」
「BMW 118i Fashionista」     拡大

「BMW 1シリーズ」に、スタイリッシュな限定車

BMWジャパンは2015年8月26日、コンパクトハッチバック「BMW 1シリーズ」の特別仕様車「118i Fashionista(ファッショニスタ)」を、380台の台数限定で同年9月5日に発売すると発表した。

BMW 118iファッショニスタは、新世代の1.5リッター直列3気筒ターボエンジンを搭載する「BMW 118iスタイル」をベースにした特別仕様車で、エレガントかつスタイリッシュなエクステリアデザインと、明るくモダンな室内空間、さまざまな快適装備をセリングポイントとしている。

エクステリアでは、専用の17インチYスポークスタイリング380アロイホイールを装備。ボディーカラーは、「クリムゾン・レッド」と「ミネラル・ホワイト」の2色が用意される。インテリアは、オイスター色のダコタレザーとホワイトアクリルガラストリムの組み合わせとなる。

機能面では、ベースモデルにも標準装備される「iDriveナビゲーションシステム」に加え、狭いスペースでの駐車をサポートする「リアビューカメラ」および「パークディスタンスコントロール(リア)」、駐車時のハンドル操作をサポートする「サーボトロニック」、キー操作なしでドアの解錠/施錠が可能な「コンフォートアクセス」、シートを快適な温度に温める「フロントシートヒーティング」、照明付きバニティーミラーを含む「ライトパッケージ」など、数々の機能を特別装備。

さらに、ドライバー支援システムにおいても、ベースモデルで既に標準装備の「衝突回避・被害軽減ブレーキ」や「BMW SOSコール」に加え、車間距離を維持しながら自動的に速度制御を行うことができる「アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)」を特別装備している。

価格はベースモデル118iスタイルより57万円高の395万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
1シリーズ, BMW, 自動車ニュース

BMW 1シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 118dプレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.22 試乗記 BMWのエントリーディーゼルモデル「118dプレイ エディションジョイ+」を、片道300kmを超える長距離ドライブに連れ出した。高速道路と山岳路を組み合わせたタフなルートでステアリングを握り、あらためて確認できたBMWの走りに対するこだわりとは?
  • BMW 218dグランクーペ プレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2021.5.12 試乗記 FFを基本としたエンジン横置きプラットフォームに、コンパクトな4ドアボディーを架装した「BMW 2シリーズ グランクーペ」。FRを信奉する古くからのファンには敬遠されそうなモデルだが、実際に乗ってみると、FFの乗用車として出色の出来栄えだった。
  • 新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が日本上陸 2021.6.15 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2021年6月15日、新型「ゴルフ」の国内導入を発表し、同日より販売を開始した。8代目となる新型では装備のデジタル化とパワートレインの電動化を進めたほか、ドライバーアシスタンスシステムの強化を図っている。
  • アウディA3スポーツバック ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.6.8 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディA3スポーツバック」に試乗。導入記念の限定モデル「ファーストエディション」を郊外に連れ出し、低燃費化とプレミアムな走りを両立させるという1リッター直3ターボ+48Vマイルドハイブリッドの仕上がりを確かめた。
  • BMW 218iグランクーペMスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.3 試乗記 BMWが初めて手がけた、コンパクトな4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」。ハッチバック「1シリーズ」と同じ前輪駆動プラットフォームで開発された新型車に、ドライビングプレジャーはあるのか?
ホームへ戻る