BMW 1シリーズに、スタイリッシュな限定車

2015.08.26 自動車ニュース
「BMW 118i Fashionista」
「BMW 118i Fashionista」     拡大

「BMW 1シリーズ」に、スタイリッシュな限定車

BMWジャパンは2015年8月26日、コンパクトハッチバック「BMW 1シリーズ」の特別仕様車「118i Fashionista(ファッショニスタ)」を、380台の台数限定で同年9月5日に発売すると発表した。

BMW 118iファッショニスタは、新世代の1.5リッター直列3気筒ターボエンジンを搭載する「BMW 118iスタイル」をベースにした特別仕様車で、エレガントかつスタイリッシュなエクステリアデザインと、明るくモダンな室内空間、さまざまな快適装備をセリングポイントとしている。

エクステリアでは、専用の17インチYスポークスタイリング380アロイホイールを装備。ボディーカラーは、「クリムゾン・レッド」と「ミネラル・ホワイト」の2色が用意される。インテリアは、オイスター色のダコタレザーとホワイトアクリルガラストリムの組み合わせとなる。

機能面では、ベースモデルにも標準装備される「iDriveナビゲーションシステム」に加え、狭いスペースでの駐車をサポートする「リアビューカメラ」および「パークディスタンスコントロール(リア)」、駐車時のハンドル操作をサポートする「サーボトロニック」、キー操作なしでドアの解錠/施錠が可能な「コンフォートアクセス」、シートを快適な温度に温める「フロントシートヒーティング」、照明付きバニティーミラーを含む「ライトパッケージ」など、数々の機能を特別装備。

さらに、ドライバー支援システムにおいても、ベースモデルで既に標準装備の「衝突回避・被害軽減ブレーキ」や「BMW SOSコール」に加え、車間距離を維持しながら自動的に速度制御を行うことができる「アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)」を特別装備している。

価格はベースモデル118iスタイルより57万円高の395万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
1シリーズ, BMW, 自動車ニュース

BMW 1シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 118iプレイ(FF/7AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.29 試乗記 フルモデルチェンジにあたり、プラットフォームを刷新。FRからFFへと基本駆動方式が変更された「BMW 1シリーズ」の走りとは? ベーシックな「118iプレイ」とハイパフォーマンスモデル「M135i xDrive」を公道に連れ出し、その仕上がりを確かめた。
  • 一番小さな”ビーエム”と“ベンツ” 新型「1シリーズ」と「Aクラス」を比較する 2019.12.4 デイリーコラム これまでFRのハッチバック車として貴重な存在だった「BMW 1シリーズ」がFF車へと生まれ変わった。他のCセグメントのライバルとクルマとしての特性が近づいた新型1シリーズの個性はどこにあるのだろうか。「メルセデス・ベンツAクラス」との比較で考えた。
  • 2020年デビューが決定! 新型「BMW M3」を予想する 2020.1.29 デイリーコラム 2020年内に新型がお披露目されることが明らかとなった「BMW M3」。1985年のE30型に始まる同車の進化の歩みを紹介するとともに、通算で6代目となる新型のスペックを予想する。
  • FFを選んでもコダワリは変わらず
    新型「1シリーズ」に見るBMWの理想主義
    2019.8.2 デイリーコラム フルモデルチェンジでFFになった、コンパクトハッチバック「BMW 1シリーズ」。FRからの転向にはどんな背景があったのだろうか。BMWの開発ポリシーにも大きな変化が? 関係者の話を交え、藤島知子がリポートする。
  • BMW 118d(FF/8AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.7.22 試乗記 BMWのエントリーモデル「1シリーズ」が、FFのプラットフォームを用いた3代目にフルモデルチェンジ。駆動方式の変更に際してBMWがこだわったポイントとは? BMWの“おひざ元”であるドイツ・ミュンヘンで、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る