BMWのコンパクトモデル、一部値上げ

2015.08.28 自動車ニュース
「BMW 1シリーズ」
「BMW 1シリーズ」 拡大

BMW、「1シリーズ」「2シリーズ アクティブツアラー」などを値上げ

BMWジャパンは2015年8月28日、「BMW 1シリーズ」「2シリーズ アクティブツアラー」「2シリーズ フランツアラー」について、同年10月1日付で日本での販売価格を改定すると発表した。

「2シリーズ アクティブツアラー」
「2シリーズ アクティブツアラー」 拡大

モデルごとの新価格は以下の通り。

1シリーズ
・118i:298万円(変更なし)
・118iスポーツ:344万円
・118iスタイル:344万円
・118i Mスポーツ:364万円
・120iスポーツ:405万円
・120iスタイル:405万円
・120i Mスポーツ:420万円
・M135i:578万円

2シリーズ
・218iアクティブツアラー:342万円
・218iアクティブツアラー ラグジュアリー:392万円
・218iアクティブツアラー Mスポーツ:384万円
・218dアクティブツアラー:363万円
・218dアクティブツアラー ラグジュアリー:413万円
・218dアクティブツアラー Mスポーツ:405万円
・225i xDriveアクティブツアラー Mスポーツ:504万円
・218iグランツアラー:368万円
・218iグランツアラー ラグジュアリー:418万円
・218iグランツアラー Mスポーツ:414万円
・218dグランツアラー:389万円
・218dグランツアラー ラグジュアリー:439万円
・218dグランツアラー Mスポーツ:435万円
・220iグランツアラー スポーツ:434万円
・220iグランツアラー ラグジュアリー:458万円
・220iグランツアラー Mスポーツ:462万円

(webCG)

関連キーワード:
1シリーズ, 2シリーズ グランツアラー, 2シリーズ アクティブツアラー, BMW, 自動車ニュース

BMW 1シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 118dプレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.22 試乗記 BMWのエントリーディーゼルモデル「118dプレイ エディションジョイ+」を、片道300kmを超える長距離ドライブに連れ出した。高速道路と山岳路を組み合わせたタフなルートでステアリングを握り、あらためて確認できたBMWの走りに対するこだわりとは?
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • BMW M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.9 試乗記 3代目に生まれ変わった「BMW 1シリーズ」で多くの読者が気にかけているのはFRからFFへの基本駆動方式の変更に違いない。かくいうリポーターもまたその一人だ。肝心要のハンドリング性能をトップグレード「M135i xDrive」で確かめた。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.1 試乗記 新型「BMW 4シリーズ」の直6エンジン搭載モデル「M440i」に試乗。衝撃的なインパクトのフロントフェイスはもちろんのこと、もはや「M4」レベルと思えるほどの切れ味と速さは、大いに印象的なものだった。
  • BMW 218dグランクーペ プレイ エディションジョイ+/318iツーリング【試乗記】 2020.12.19 試乗記 クルマの本質は“素”のモデルにこそにじみ出る! 「218d」と「318i」、すなわち「2シリーズ グランクーペ」と「3シリーズ ツーリング」のエントリーグレードに試乗し、入門用BMWの実力をテストした。
ホームへ戻る