ホンダがフィットを一部改良、快適装備を強化

2015.09.17 自動車ニュース
「ホンダ・フィット ハイブリッド・Fパッケージ」(ボディーカラーは新色の「プレミアムブルーオパール・メタリック」)
「ホンダ・フィット ハイブリッド・Fパッケージ」(ボディーカラーは新色の「プレミアムブルーオパール・メタリック」) 拡大

ホンダが「フィット」を一部改良、快適装備を強化

本田技研工業は2015年9月17日、コンパクトカー「フィット」に一部改良を実施し、同年9月25日に発売すると発表した。

新色の「ミッドナイトブルービーム・メタリック」。
新色の「ミッドナイトブルービーム・メタリック」。 拡大
新しいデザインのハイブリッド車用フルホイールキャップ。
新しいデザインのハイブリッド車用フルホイールキャップ。 拡大
「ハイブリッド・Fパッケージ」のラゲッジルーム。
「ハイブリッド・Fパッケージ」のラゲッジルーム。 拡大

今回の改良は、エクステリアデザインの変更と快適装備の強化が中心となっている。

具体的な変更点は以下の通り。
・フロントグリルをより立体的で質感の高いデザインに変更
・ハイブリッド車のフルホイールキャップをよりシャープな印象のデザインに変更
・ハイブリッド車のボディーカラーに「プレミアムブルーオパール・メタリック」と「ミッドナイトブルービーム・メタリック」を追加(ともに2015年10月下旬発売予定)
・プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコンを「13G」「ハイブリッド」を除く全グレードに標準装備
・13Gの「Fパッケージ」「Lパッケージ」「Sパッケージ」に、セキュリティーアラーム、ラゲッジルームランプ、助手席シートバックポケットを標準装備
・13GのLパッケージとSパッケージにクルーズコントロールを標準装備
・「15XL」「RS」に、「ナビ装着用スペシャルパッケージ」と「コンフォートビューパッケージ」を標準装備
・ハイブリッドのFパッケージ、Lパッケージ、Sパッケージにナビ装着用スペシャルパッケージを標準装備
・ハイブリッドのFパッケージに、セキュリティーアラームとラゲッジルームランプを標準装備
・ハイブリッドのLパッケージ、Sパッケージに、コンフォートビューパッケージを標準装備

価格は129万9800円~222万1000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
フィット, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ フィット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット モデューロX プロトタイプ(FF)【レビュー】 2020.12.10 試乗記 ホンダのコンパクトハッチバック車「フィット」に、間もなく人気のコンプリートカー「モデューロX」が追加される。プロトタイプにサーキットでチョイ乗りという限られた条件ながら、ホンダアクセス自慢の「実効空力デバイス」を味わってみた。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)【試乗記】 2020.8.20 試乗記 数字では表せない人間が持つ感性価値、すなわち“心地よさ”を開発のテーマとしたという新型「ホンダ・フィット」。ガソリンエンジン搭載のFF車を郊外に連れ出し、開発陣が目指したものやライバル車との違いを確かめてみた。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(後編)【試乗記】 2020.7.15 試乗記 2020年2月のデビュー以来ライバルとして好勝負を続ける、新型の「トヨタ・ヤリス」と「ホンダ・フィット」。ヤリスに続いて試乗したホンダのコンパクトカーは、過去のモデルから受け継いだ実力の高さを見せてくれた。
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
  • ホンダ・フィット ホーム(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.4 試乗記 “心地よさ”をキーワードに開発されたという新型「ホンダ・フィット」。ホンダが満を持して投入したこのモデルは、意外にもフランス車のような趣を感じさせるクルマに仕上がっていた。4代目に進化したユーティリティー系コンパクトの出来栄えを報告する。
ホームへ戻る