トヨタ、4ドアセダンのカムリを一部改良

2015.10.06 自動車ニュース
「トヨタ・カムリ“Gパッケージ”」
「トヨタ・カムリ“Gパッケージ”」 拡大

トヨタ、4ドアセダン「カムリ」を一部改良

トヨタ自動車は2015年10月6日、4ドアセダン「カムリ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

今回の改良では、内外装の仕様を小変更。リアバンパーにメッキモールの装飾を施したほか、エアコンレジスターの装飾やシフトノブの意匠を変更した。

また、新たにIR(赤外線)カット機能を備えたウインドシールドガラスとフロントドアガラスを採用したほか、サンバイザーにチケットホルダーを追加し、使い勝手を改善している。

価格は以下の通り。
・ハイブリッド:322万1345円
・ハイブリッド“Gパッケージ”:342万7527円
・ハイブリッド“レザーパッケージ”:402万8400円
・ハイブリッド“Gパッケージ・PREMIUM BLACK”(特別仕様車):359万1491円

(webCG)

関連キーワード:
カムリ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ カムリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カムリWS(FF/CVT)【試乗記】 2018.11.9 試乗記 10代目「トヨタ・カムリ」の販売開始から1年、新グレードが追加された。“Worldwide Sporty”の頭文字を持つ「WS」がそれだ。北米デビュー当初から設定されている顔を日本向けに新採用したニューフェイスの走りを確かめる。
  • トヨタ・カムリ 2017.7.10 画像・写真 トヨタのグローバルセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。2017年7月10日に発売された。「BEAUTIFUL MONSTER」をテーマに開発された新型の姿を、写真で紹介する。
  • ホンダ・アコードEX(FF)【試乗記】 2020.4.23 試乗記 フルモデルチェンジした「ホンダ・アコード」に試乗。ハイブリッドシステム「e:HEV」や新世代プラットフォームの採用によって、走りや使い勝手はどう進化したのか? 年間50万台を売り上げるというグローバルモデルの出来栄えを、日本の道で確かめた。
  • トヨタ、「カムリ」に新グレード「WS」を設定 2018.8.1 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年8月1日、ハイブリッドセダン「カムリ」を一部改良するとともに、新グレード「WS」を設定し、販売を開始した。Worldwide&sportyのイニシャルを取ったWSについては、「エッジの利いたスポーティーなデザインとカムリ本来の上質感を両立させた」とうたわれている。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る