スバル・レガシィ特別仕様車「B-SPORT」発売

2011.11.22 自動車ニュース

「スバル・レガシィ」の特別仕様車「B-SPORT」発売

富士重工業は、「レガシィツーリングワゴン」「レガシィB4」のそれぞれに特別仕様車「2.5i EyeSight B-SPORT(ビー・スポーツ)」を設定し、2011年11月22日に発売した。

「レガシィツーリングワゴン/B4」の特別仕様車「2.5i EyeSight B-SPORT」は、エントリーグレード「2.5i」がベース。
「2.5GT」用の17インチアルミホイールや「2.5i Sパッケージ」用のエアロパーツなど、上級グレードに採用されているドレスアップパーツでエクステリアが飾られ、HIDロービームランプ、キーレスアクセス&プッシュスタート、運転支援システム「EyeSight(ver.2)」なども与えられる。

価格は以下のとおり。ベースモデルより26万2500円高となる。
・ツーリングワゴン 2.5i EyeSight B-SPORT:262万5000円
・B4 2.5i EyeSight B-SPORT:246万7500円

今回はさらに、上記に加えてアルミパッド付きスポーツペダルやカーボン加飾パネル、ファブリック×合成皮革のシート、フルオートエアコン、SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグなどを装備、インテリアや安全装備の充実が図られた「2.5i EyeSight B-SPORT Gパッケージ」も用意される。

こちらは「2.5i EyeSight B-SPORT」よりさらに21万円高となる。

・ツーリングワゴン 2.5i EyeSight B-SPORT Gパッケージ:283万5000円
・B4 2.5i EyeSight B-SPORT Gパッケージ:267万7500円

(webCG 関)

「スバル・レガシィツーリングワゴン 2.5i EyeSight B-SPORT」
「スバル・レガシィツーリングワゴン 2.5i EyeSight B-SPORT」 拡大
特別装備のフロントグリルとバンパー。
特別装備のフロントグリルとバンパー。 拡大
「2.5i EyeSight B-SPORT Gパッケージ」のインテリア。
「2.5i EyeSight B-SPORT Gパッケージ」のインテリア。 拡大
こちらも「2.5i EyeSight B-SPORT Gパッケージ」の装備。アルミパッド付きスポーツペダル。
こちらも「2.5i EyeSight B-SPORT Gパッケージ」の装備。アルミパッド付きスポーツペダル。 拡大

関連キーワード:
レガシィB4, レガシィツーリングワゴン , スバル, 自動車ニュース

スバル レガシィB4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2019.2.28 試乗記 新しいプラットフォームを採用するクロスオーバー「XV」に追加設定された「アドバンス」には、スバル伝統の水平対向エンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」が搭載されている。700kmに及ぶロングドライブに連れ出し、その実力を確かめた。
  • 第30回:スバル・レガシィ 2019.4.17 カーデザイナー明照寺彰の直言 シカゴショーで発表された7代目「スバル・レガシィ」(セダン)。「日本では販売されないかも」などと悲しいウワサも流れているが、このクルマがスバルの象徴的存在であることに変わりはない。現役のカーデザイナー明照寺彰が、そのデザインと“セダンの今後”を語る。
  • 今度の7代目は買いなのか?
    新型「スバル・レガシィ」に思うこと
    2019.2.22 デイリーコラム 7代目となったスバルのフラッグシップ「レガシィ」。アメリカ国内でデビューした新型は、ファンの期待に応えられるか? 日本の“スバリスト”が、現在分かっている情報を元に同モデルを評価する。
ホームへ戻る