日産、軽乗用車のデイズをマイナーチェンジ

2015.10.23 自動車ニュース
「日産デイズ ハイウェイスター」(手前)と「デイズ」(奥)。
「日産デイズ ハイウェイスター」(手前)と「デイズ」(奥)。 拡大

日産、軽乗用車の「デイズ」をマイナーチェンジ

日産自動車は2015年10月22日、軽乗用車「デイズ」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

「ハイビームアシスト」の操作スイッチ。
「ハイビームアシスト」の操作スイッチ。 拡大
標準モデルの「デイズ」。写真のボディーカラーは新設定の「アイスブルー」。
標準モデルの「デイズ」。写真のボディーカラーは新設定の「アイスブルー」。 拡大
「デイズ ハイウェイスター」に設定されたオプションの「プレミアムコンビネーションインテリア」。
「デイズ ハイウェイスター」に設定されたオプションの「プレミアムコンビネーションインテリア」。 拡大
「デイズ ハイウェイスター」のリアビュー。ボディーカラーは新色の「オーシャンブルー」。
「デイズ ハイウェイスター」のリアビュー。ボディーカラーは新色の「オーシャンブルー」。 拡大

■自動緊急ブレーキや横滑り防止装置が標準装備に

マイナーチェンジの内容は、多岐にわたり、安全装備については夜間走行時に状況に応じてハイビームとロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスト」を新たに設定したほか、「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」「踏み間違い衝突防止アシスト」「VDC(ビークルダイナミクスコントロール)」を全グレードに標準装備とした(「ハイウェイスター」の「G」「Gターボ」を除き、レスオプションとすることも可能)。また、赤外線(IR)を約70%カットするIRカットガラスを新採用した。

内外装についても、エクステリアでは標準車、ハイウェイスターともにフロントマスクの意匠を変更。リアコンビランプは全車LED式とした。ボディーカラーは全14種類の設定で、「スカーレット」「オーシャンブルー」「アイスブルー」など6色が新色となっている。

一方、インテリアでは標準車に新しいシート表皮を採用。ハイウェイスターには新オプションとして、アイボリーとエボニーのコントラストが特徴的な「プレミアムコンビネーションインテリア」を設定した。

燃費性能の改善も図っており、エンジンの摩擦抵抗低減や、4WD車やターボ車へのアイドリングストップ機構とバッテリーアシストの採用などにより、JC08モード計測値を25.0~30.4km/リッターに向上させている。

ラインナップと価格は以下の通り。
・J:115万200円(FF)
・S:120万9600円(FF)/133万560円(4WD)
・X:131万8680円(FF)/143万9640円(4WD)
・ハイウェイスター X:144万7200円(FF)/156万8160円(4WD)
・ハイウェイスター G:151万4160円(FF)/163万5120円(4WD)
・ハイウェイスター G ターボ:156万3840円(FF)/168万4800円(4WD)

(webCG)
 

関連キーワード:
デイズ, 日産, 自動車ニュース

日産 デイズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • 日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.17 試乗記 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。スポーティーなルックスの“売れ線”FFトップモデル「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」をロングドライブに連れ出し、刷新されたプラットフォームやパワートレインの出来栄えを確かめた。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
  • 日産が軽乗用車「デイズ」の一部仕様を変更 予防安全装備の機能を強化 2020.8.20 自動車ニュース 日産が軽乗用車「デイズ」の一部仕様を変更。予防安全・運転支援システムの設定を拡大するとともに、センサーにミリ波レーダーを採用し、機能を強化した。「ハイウェイスター」シリーズの安全装備の拡充や、ボディーカラーへの新色追加もトピックとなっている。
  • 日産ルークス ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.9 試乗記 フルモデルチェンジで「デイズ ルークス」から名前が変わった、日産の新型軽「ルークス」。200万円級のプライスタグを付けるそのトップグレードは、家庭のさまざまなニーズに応えてくれるであろう、驚くべき実用車だった。
ホームへ戻る