トヨタ86のチューンドカー、100台限定で登場

2015.12.21 自動車ニュース
「トヨタ86“GRMN”」
「トヨタ86“GRMN”」 拡大

コンプリートカー「86“GRMN”」、100台限定で登場

トヨタ自動車は2015年12月21日、コンプリートカー「トヨタ86“GRMN”」の概要を発表した。2016年1月4日から同年1月22日までウェブサイト上で注文を受け付け、抽選の上、100台限定で同年2月1日に発売する。

大きなリアスポイラーが目を引く「86“GRMN”」のサイドビュー。
大きなリアスポイラーが目を引く「86“GRMN”」のサイドビュー。 拡大
「86“GRMN”」のインテリア。
「86“GRMN”」のインテリア。 拡大
専用のスポーツシート。乗車定員は、ノーマル車の4人に対して2人に変更されている。
専用のスポーツシート。乗車定員は、ノーマル車の4人に対して2人に変更されている。 拡大
2リッター水平対向4気筒エンジンは、吸排気系をチューン。最高出力、最大トルクともに、ノーマル車よりもアップした。
2リッター水平対向4気筒エンジンは、吸排気系をチューン。最高出力、最大トルクともに、ノーマル車よりもアップした。 拡大
 
トヨタ86のチューンドカー、100台限定で登場の画像 拡大

■至るところが特別仕立て

86“GRMN”は、TOYOTA GAZOO Racingがニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦の経験を生かして開発したというコンプリートカー。「道を選ばず、走りだした瞬間から素直な車両挙動が感じられ、スポーツドライビングの楽しさを存分に味わうことのできるモデル」とされる。

ベースとなるのは、FRスポーツカーの「トヨタ86」。エクステリアは、CFRP製の大型リアスポイラー、フロントスポイラー&バンパーサイドフィンなどのエアロパーツなどで、空力性能に配慮しながら力強さとスポーティー感を表現。エンジンフードやトランクリッド、ルーフパネルもCFRP製とし、さらにポリカーボネート製のリアウィンドウとクオーターウィンドウを採用することで、軽量化・低重心化が図られた。
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4290×1775×1300mm。車重は1230kgと公表される。

ボディーカラーは、ホワイトパールクリスタルシャイン1色のみ。乗車定員を2人に限定したインテリアのカラーはブラックが基調で、専用のレカロ製スポーツシートや小径ステアリングホイールにはレッドが使われている。

機関については、吸排気系を変更した上で、エンジンパーツの摩擦抵抗を低減し、エンジンの応答性を向上。最高出力はノーマル車の200psから219psに、同じく最大トルクは20.9kgmから22.1kgmへと向上した。組み合わされるトランスミッションは、ノーマル車よりもギア比を近接(クロスレシオ)させた6段MTだ。
そのほか、ボディーの補強材や専用チューンのサスペンション、前後異径タイヤ、強化型のブレーキなども与えられる。

86“GRMN”の価格は、648万円。元町工場の専用ラインで、「匠(たくみ)」の技能を有するスタッフにより組み立てられる。

(webCG)

→「トヨタ86“GRMN”」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
86, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ 86 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その1) 2019.1.14 画像・写真 トヨタのスポーツクーペ「スープラ」が17年ぶりに復活。2019年春の日本導入が予定されている新型は5代目のモデルにあたり(日本では3代目)、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボを筆頭に、3種類のエンジンが用意されている。内外装の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタ・スープラRZ“ホライズンブルーエディション”(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.24 試乗記 デビューからわずか1年余りで、エンジンのパワーアップを伴う大きな改良を受けた「トヨタ・スープラRZ」。“いいものがあれば即座に使う”というGRならではのクルマづくりは、3リッター直6ターボの高性能スポーツカーに、劇的な進化をもたらしていた。
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ/ヤリス クロス ハイブリッドG/ヤリス クロスG【試乗記】 2020.9.26 試乗記 「トヨタ・ヤリス」の派生モデルとなるコンパクトクロスオーバー「ヤリス クロス」に公道で初試乗。同門の「ライズ」と「C-HR」の間に位置するポジションは、国内外を問わず多くの競合車がしのぎを削る超激戦区だ。全世界が注目するその出来栄えは?
  • TOM'Sスープラ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.8 試乗記 トヨタのオフィシャルチューナーであるTOM'Sから、「トヨタ・スープラ」のコンプリートモデル「TOM'Sスープラ」が登場。レースカーかと見まがうボディーにノーマル比+120PSのハイチューンエンジンを搭載したマシンは、“通(ツウ)”をもうならせる一台に仕上がっていた。
  • トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表 最高出力が従来モデルから14%アップ 2020.2.14 自動車ニュース トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表。エキゾーストマニホールドの構造変更や新ピストンの採用などにより、最高出力を382hpに、最大トルクを368lb.ft.に向上させた。これにより、0-60mph加速が3.9秒という加速性能を実現している。
ホームへ戻る