第369回:天下のトヨタが太鼓判!?
ウワサの“アルミチューン”を「トヨタ86」で試す

2016.09.29 エディターから一言
体験試乗用の「トヨタ86」(前期型)に貼り付けられたアルミテープ。
体験試乗用の「トヨタ86」(前期型)に貼り付けられたアルミテープ。 拡大

最近、ちまたでウワサになっているのが、いわゆるアルミテープチューニング。クルマにアルミテープを貼るだけで走りが改善されるという。あのトヨタが真剣に実証し、すでに市販車にも導入しているという“ナゾ技術”を「86(ハチロク)」で試した。

アルミテープによる空力コントロール技術の比較体験は、マイナーチェンジを受けた「トヨタ86」の公道試乗会と併せて行われた。
アルミテープによる空力コントロール技術の比較体験は、マイナーチェンジを受けた「トヨタ86」の公道試乗会と併せて行われた。 拡大

貼るだけで走りが変わる?

86後期モデルの試乗会では、もうひとつニュースがあった。世間でひそかに話題になっている“アルミテープ”である。このアイテムは、空力性能の改善が期待できるパーツとしてクルマ好きの間で今年下半期のトップニュース的な扱いを受けている。簡単にいってしまえば普通のアルミ製のテープと同じで、ホームセンターに売られているダクトテープの類いと基本的には変わらないものなのだが、通電性に優れた接着剤を使用するなど技術開発はトヨタが中心になって行い、粘着テープで圧倒的なシェアを誇る世界の3Mが製造元になっている。ちなみにすでに特許も取得しているという。

その特許取得のテクノロジーを簡単に説明すれば、アルミテープから静電気を放電し、走行中の空力性能を高めるというもので、いわばアーシングに似た製品だといえる。ボディーやガラスなどクルマのどこに貼っても効果を得られ、ただしよりパフォーマンスを求めるのなら、アルミテープの貼付場所には“効果的な場所”が存在するというのがトヨタの主張だ。もちろんこれはトヨタ車専用アイテムではなく、どのメーカーのどんなクルマにも適用できるという。

なにやら怪しく、実にオカルト的なアイテムだ。なにせアルミテープ1枚で走りが変わるのだ。今年上半期に話題になった水素水を思い起こさせるが、それと同じようにまずは理屈が分からない。正直に言えば、そうした昔からよくあるクルマの性能がアップするといわれる製品にはいささかどころかほとんど懐疑的。それはもう半信半疑というよりも、疑いのほうが圧倒的に勝っているといってもいいほどだ。○○が××に効くや、△△で燃費が向上するというカー用品はハッキリ言って「買うだけ無駄」派である。

そうした、何かに効果があるという製品が仲間内で話題になるたびに「天下のトヨタ(家電製品であればパナソニック)が市販車に採用するのなら信じてやってもいい」という文句で敵を黙らせてきた。しかし、天下のトヨタはすでに「ノア/ヴォクシー」や「プロボックス/サクシード」、レクサスの一部車両にも(こっそり)このアルミテープを純正採用していたという。

トヨタ 86 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その1) 2019.1.14 画像・写真 トヨタのスポーツクーペ「スープラ」が17年ぶりに復活。2019年春の日本導入が予定されている新型は5代目のモデルにあたり(日本では3代目)、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボを筆頭に、3種類のエンジンが用意されている。内外装の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタ・スープラRZ“ホライズンブルーエディション”(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.24 試乗記 デビューからわずか1年余りで、エンジンのパワーアップを伴う大きな改良を受けた「トヨタ・スープラRZ」。“いいものがあれば即座に使う”というGRならではのクルマづくりは、3リッター直6ターボの高性能スポーツカーに、劇的な進化をもたらしていた。
  • TOM'Sスープラ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.8 試乗記 トヨタのオフィシャルチューナーであるTOM'Sから、「トヨタ・スープラ」のコンプリートモデル「TOM'Sスープラ」が登場。レースカーかと見まがうボディーにノーマル比+120PSのハイチューンエンジンを搭載したマシンは、“通(ツウ)”をもうならせる一台に仕上がっていた。
  • トヨタ・スープラSZ-R(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.6 試乗記 新型「トヨタ・スープラ」の中でイチオシのグレードだと、開発テストドライバーが口をそろえる「スープラSZ-R」。ワインディングロードで試乗してみると、その評価に納得できる楽しさが伝わってきた。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
ホームへ戻る