スポーティールックのフィエスタ、90台限定発売

2016.01.19 自動車ニュース

「フォード・フィエスタ」にスポーティールックの限定車

フォード・ジャパン・リミテッドは2016年1月19日、フォードのコンパクトカー「フィエスタ」に特別仕様車「フィエスタ 1.0 EcoBoost Sport Appearance(スポーツアピアランス)」を設定し、同年2月13日に発売すると発表した。

今回のフィエスタ 1.0 EcoBoostスポーツアピアランスは、「1.0 EcoBoost」をベースにブラックのハニカムデザインの専用アッパーグリルとロアーグリル、フォグランプベゼルを装着することで、スポーティーなフィエスタの印象をより強調したモデル。ボディーカラーは「ブルーキャンディメタリック」「パンサーブラックメタリック」「ムーンダストシルバーメタリック」「フローズンホワイト」「レースレッド」の全5色が用意される。

販売台数は90台限定で、価格は242万円(ボディーがメタリックカラーの場合は248万円)。

(webCG)
 

「フィエスタ 1.0 EcoBoost Sport Appearance(スポーツアピアランス)」
「フィエスタ 1.0 EcoBoost Sport Appearance(スポーツアピアランス)」 拡大

関連キーワード:
フィエスタ, フォード, 自動車ニュース

フォード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • フィアット500ev ONE BATTERYプロトタイプ(RWD/4MT)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 日本でも大人気の“ヌオーバ チンクエチェント”こと2代目「フィアット500」をベースに、パワーユニットを電動化した「500ev」。日本の博物館がプロデュースしたというキュートな電気自動車は、他のクルマでは得られない魅力とドライブフィールの持ち主だった。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
ホームへ戻る