パープルが鮮烈なジープ・ラングラーの限定車

2016.02.08 自動車ニュース
「ジープ・ラングラー アンリミテッド バックカントリー エディション」。「エクストリームパープル」仕様の限定数は80台。
「ジープ・ラングラー アンリミテッド バックカントリー エディション」。「エクストリームパープル」仕様の限定数は80台。 拡大

パープルが鮮烈な「ジープ・ラングラー」の限定車

FCAジャパンは2016年2月8日、「ジープ・ラングラー アンリミテッド」の限定モデル「Backcountry Edition(バックカントリー エディション)」を発表した。発売は2月13日。限定数は100台で、車両価格は443万8800円。

「ラングラー アンリミテッド バックカントリー エディション」のリアビュー。
「ラングラー アンリミテッド バックカントリー エディション」のリアビュー。 拡大
「ラングラー アンリミテッド バックカントリー エディション」。「ブラック」仕様の限定数は10台。
「ラングラー アンリミテッド バックカントリー エディション」。「ブラック」仕様の限定数は10台。 拡大
「ラングラー アンリミテッド バックカントリー エディション」。「ブライトホワイト」仕様の限定数は10台。
「ラングラー アンリミテッド バックカントリー エディション」。「ブライトホワイト」仕様の限定数は10台。 拡大

アルファベットの「X」をかたどった専用デカール。


	アルファベットの「X」をかたどった専用デカール。
	拡大
ピアノブラックのアクセントが施されたインテリア。ブラックレザーとスポーツメッシュのコンビシートが装着される。
ピアノブラックのアクセントが施されたインテリア。ブラックレザーとスポーツメッシュのコンビシートが装着される。 拡大
17インチアルミホイールのカラーはブラックに。
17インチアルミホイールのカラーはブラックに。 拡大

■ウインタースポーツのイメージを表現

今回発表されたバックカントリー エディションは、ベース車の「ラングラー アンリミテッド サハラ レザーシート仕様」(3.6リッターV6エンジン+5段AT)に、ウインタースポーツのイメージを取り入れた点が特徴。

限定車専用のボディーカラーである「エクストリームパープル」の「エクストリーム」とは、過激なスポーツを意味するエクストリームスポーツ(Xスポーツ)が由来となっている。同様に、フロントフェンダーとリアのクオーターパネルに貼られたデカールのデザインは、Xスポーツの「X」をかたどっているという。

また、他のモデルでも人気のブラックアクセントをフロントグリル、Jeepエンブレム、ホイールおよびインパネまわりに採用し、シートには通気性に優れたレザーとスポーツタイプメッシュのコンビネーション素材を用いている。

さらに、ブラックカラーの17インチアルミホイールやラバーフロアマット、ロックレール、ピアノブラックインテリアアクセントなどの装備を設定しながら、ベース車両の価格から据え置きとなっている。

上記を含めた特別装備は以下のとおり。

・ブラックレザー/スポーツメッシュコンビシート
・フロントシートヒーター
・ピアノブラックインテリアアクセント
・ディーゼルグレーステッチ入りセンターアームレスト、およびドアアームレスト
・Backcountry専用ゲージアクセント
・Jeepロゴ入りラバーフロアマット、ブラックハードトップ
・ロックレール
・Jeepブラックバッジ
・Backcountry専用デカール
・グロスブラックアクセント付きボディーカラーグリル
・ブラックカラーフューエルフィラードア
・17インチアルミホイール(カラーはブラック)

100台の内訳は、エクストリームパープルが80台、ブラックが10台、ブライトホワイトが10台。インテリアカラーはブラックのみ。

(webCG)

関連キーワード:
ラングラー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ ラングラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン/ラングラー ルビコン【試乗記】 2020.7.27 試乗記 往年の「ウィリスMB」の面影を色濃く残す、ジープブランドの精神的支柱といえば「ラングラー」。そのラインナップの中でも、さらに悪路走破性能を追求したモデルが「ルビコン」だ。まさに“現行ジープ最強”といえるその実力を、本領たるオフロードで試した。
  • ジープ・ラングラー ルビコン(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.2 試乗記 シリーズ最強のオフロード性能を誇る、2ドアの本格クロスカントリー「ジープ・ラングラー ルビコン」に公道で試乗。2020年2月に限定台数100台が発売され、あっという間に売り切れたという、その人気の秘密を探ってみた。
  • 「ジープ・レネゲード」に特別なボディーカラーをまとった限定車登場 2020.8.27 自動車ニュース FCAジャパンは2020年8月25日、ジープのコンパクトSUV「レネゲード」に専用外装色や19インチホイールなどを採用した限定車「Slate Blue(スレートブルー)」を設定し、同年9月5日に発売すると発表した。
ホームへ戻る