ルノー、新型セニックを公開【ジュネーブショー2016】

2016.02.23 自動車ニュース
ルノーの新型「セニック」がジュネーブショー2016で発表される。
ルノーの新型「セニック」がジュネーブショー2016で発表される。 拡大

【ジュネーブショー2016】ルノー、新型「セニック」を公開

仏ルノーは2016年2月23日、新型「セニック」の姿を明らかにした。実車は3月1日に開幕する第86回ジュネーブショーで公開される予定。

ウインドスクリーンは大型ミニバン「エスパス」のように“3分割”構成になっている。
ウインドスクリーンは大型ミニバン「エスパス」のように“3分割”構成になっている。 拡大

■4代目はクロスオーバー風

セニックはCセグメントサイズの小型ミニバン。この新型は1996年にデビューした初代から数えて4代目に当たる。

スタイリングは小型クロスオーバーSUVの「キャプチャー」との共通性を感じさせるもの。ウインドスクリーンは大型ミニバン「エスパス」のように“3分割”構成になっており、これはセニックとしては初めての試みとなる。

フロアの地上高は旧型より高く、リアオーバーハングは短い。トレッドは前後とも広げられており、車両にどっしりとしたスタンスが与えられているとのことだ。

(webCG)

関連キーワード:
セニック, ルノー, ジュネーブモーターショー2016, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・セニックRXE(4AT)【試乗記】 2000.10.7 試乗記 ルノー・セニックRXE(4AT)
    ……249.0万円

    1996年9月にデビュー。97年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝き、同年9月から日本への導入が始まったメガーヌベースのミニバン。独立した、2列、5つのシートをもつ。
    フランス北部は「ジョルジュ・ベッス・ド・ドゥエ工場」でつくられ、1日あたりの生産台数は、96年9月の300台から、2000年1月には1800台にまで拡大。「コンパクト&ミディアム」クラスのモノボリュームとして、ヨーロッパ全体で65.0%、フランス国内では実に79.5%のシェアを占める。
    1984年に登場したアバンギャルドな先輩、ルノー・エスパス同様、ヨーロッパで、ニューカテゴリーの牽引役を果たす。


  • ルノー、「セニック」に4WDモデル追加 2001.6.5 自動車ニュース ルノージャポンは、コンパクトミニバン「セニック」シリーズに、ルノーのいうところの「4WD SUV」モデル「セニックRX4」を加え、2001年6月1日に発売した。セニック2WDモデルとの外観上の違いは、前後に採用された大型バンパー、16インチのアロイホイール、大型化されたドアミラー、リヤに背負ったカバー付きのスペアタイヤ、サイドガードモールなどだ。機能面では、リヤゲートを上下分割式に変更。上部は跳ね上げ式のガラスハッチ、下部は横開きのドアとした。4WD化に伴い、マクファーソンストラット式フロントサスペンションが強化された。またリアサスペンションは、半独立のトーションビーム形式から、トレーリングアーム形式に変更。タイヤサイズは、195/60R15から215/65R16にサイズアップされた。全長×全幅×全高は4350×1785×1740mm。外装の変更により、ボディサイズは、全長で180mm、全幅で55mm拡大された。また、サスペンション形式、タイヤサイズを変更したことで、全高が120mm高くなった。ホイールベースは、45mm延長され、2625mm。最低地上高は185mmとなる。搭載されるエンジンは、FFモデルと同じ2リッター直4のF4型。138ps/5500rpmの最高出力と19.2kgm/3750rpmの最大トルクも変わらない。組み合わされるトランスミッションは5段MTのみ。4WDシステムは、オーストリアの「シュタイアー・ダイムラー・プッフ」社製。ビスカスカップリングを介して、後輪に駆動力を配分する。前輪には、LSDの代わりに、電子制御式のトラクションコントロールシステムを採用した。価格は、FFモデルの上級版「RXT」と同じ269.0万円。日本仕様は、右ハンドルのみの設定となる。(webCG 平山)ルノー「セニックRX4」:http://www.nissan.co.jp/RENAULT-DEALERS/
  • ティル・シェア社長が史上最高と語る 新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」発売 2021.6.15 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンが新型「ゴルフ」の導入記念発表会を開催。同社のティル・シェア社長が新型の印象や売れ行きについて語るとともに、日本法人としての電動化への取り組みについて説明した。
  • マセラティが次期「グラントゥーリズモ」のイメージを公開 2021.6.14 自動車ニュース 伊マセラティは2021年6月11日(現地時間)、次期「マセラティ・グラントゥーリズモ」のプロトタイプの写真を公開した。同モデルはピュアEVとしてデビューする予定で、現在はロードテストとサーキットテストが繰り返されている。
  • 世界限定300台の「アルピーヌA110リネージGT 2021」 国内の注文受け付けがスタート 2021.6.10 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンは2021年6月10日、限定車「アルピーヌA110リネージGT 2021」の注文受け付けを開始した。受付期間は同年7月18日までで、世界限定台数の300台に達した場合は、その時点で販売終了となる。
ホームへ戻る