電動ハードトップのマツダ・ロードスター登場

2016.03.23 自動車ニュース
「マツダMX-5 RF(日本名:マツダ・ロードスターRF)」
「マツダMX-5 RF(日本名:マツダ・ロードスターRF)」 拡大

電動格納式ハードトップを持つ「マツダ・ロードスター」登場

マツダは2016年3月22日(現地時間)、米国ニューヨークにおいて、「MX-5 RF(日本名:ロードスターRF)」を世界初公開した。

「MX-5 RF」は、ソフトトップに代えて、電動格納式のハードトップが与えられたロードスター。「RF」という車名は「リトラクタブル・ファストバック」の略で、先代の「ロードスターRHT」が目指した価値を引き継ぐモデルとされている。

ただしRFの場合は、ルーフからリアエンドまでなだらかに傾斜するルーフラインを持つファストバックスタイルが特徴。ルーフ部分の全ては収納されず、キャビン後方のピラー部分はそのまま残る。オープン時は、乗員の頭上を覆うルーフとバックウィンドウのみ、シートバックスペースに格納される。

電動ルーフは、10km/h以下であれば、走行中でも開閉可能。荷室は、ルーフ収納時でもソフトトップモデルと変わらない130リッターが確保されている。ボディーサイズは、全長×全幅×全高=3915×1735×1245mmで、ホイールベースは2310mm。

パワートレインは、ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」と「SKYACTIV-G 2.0」の2本立て。販売する地域によりラインナップは異なり、今回発表の場となった北米市場には後者が投入される。

(webCG)

→「マツダMX-5 RF」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
ロードスターRF, マツダ, 自動車ニュース

マツダ ロードスターRF の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ100周年特別記念車 2020.6.19 画像・写真 マツダは2020年4月3日から2021年3月31日まで、同社の創立100周年を記念する特別仕様車を販売する。今回は、その中から7モデルをピックアップ。特徴的なディテールやカラーコーディネートを写真で紹介する。
  • 日産ノートX FOUR(4WD)【試乗記】 2021.6.14 試乗記 「日産ノート」に追加された4WDモデル「X FOUR」に試乗。自慢の「e-POWER」に最高出力68PSの後輪用モーターを組み合わせた最新パワートレインは、簡易的な四駆システムを用いた先代モデルとはまったく次元の異なる走りを味わわせてくれた。
  • マツダが「マツダ6」を一部改良 「100周年特別記念車」に2.5リッターターボ車を設定 2020.12.3 自動車ニュース マツダがDセグメントモデル「マツダ6セダン/ワゴン」を一部改良。「100周年特別記念車」に新たに2.5リッターガソリンターボのモデルを設定したほか、100周年特別記念車を除く全車において、外装色に「ポリメタルグレーメタリック」を追加設定した。
  • 日産ノート オーラGレザーエディション/ノート オーラG FOURレザーエディション【試乗記】 2021.6.15 試乗記 「日産ノート」ベースのプレミアムコンパクト「ノート オーラ」が登場。パワーアップした「e-POWER」や3ナンバー化された専用ワイドボディー、上級路線を目指したというこだわりの内装や装備など、注目すべきポイントの仕上がりを、テストコースで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
ホームへ戻る