電動ハードトップのマツダ・ロードスター登場

2016.03.23 自動車ニュース
「マツダMX-5 RF(日本名:マツダ・ロードスターRF)」
「マツダMX-5 RF(日本名:マツダ・ロードスターRF)」 拡大

電動格納式ハードトップを持つ「マツダ・ロードスター」登場

マツダは2016年3月22日(現地時間)、米国ニューヨークにおいて、「MX-5 RF(日本名:ロードスターRF)」を世界初公開した。

「MX-5 RF」は、ソフトトップに代えて、電動格納式のハードトップが与えられたロードスター。「RF」という車名は「リトラクタブル・ファストバック」の略で、先代の「ロードスターRHT」が目指した価値を引き継ぐモデルとされている。

ただしRFの場合は、ルーフからリアエンドまでなだらかに傾斜するルーフラインを持つファストバックスタイルが特徴。ルーフ部分の全ては収納されず、キャビン後方のピラー部分はそのまま残る。オープン時は、乗員の頭上を覆うルーフとバックウィンドウのみ、シートバックスペースに格納される。

電動ルーフは、10km/h以下であれば、走行中でも開閉可能。荷室は、ルーフ収納時でもソフトトップモデルと変わらない130リッターが確保されている。ボディーサイズは、全長×全幅×全高=3915×1735×1245mmで、ホイールベースは2310mm。

パワートレインは、ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」と「SKYACTIV-G 2.0」の2本立て。販売する地域によりラインナップは異なり、今回発表の場となった北米市場には後者が投入される。

(webCG)

→「マツダMX-5 RF」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
ロードスターRF, マツダ, 自動車ニュース

マツダ ロードスターRF の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ100周年特別記念車 2020.6.19 画像・写真 マツダは2020年4月3日から2021年3月31日まで、同社の創立100周年を記念する特別仕様車を販売する。今回は、その中から7モデルをピックアップ。特徴的なディテールやカラーコーディネートを写真で紹介する。
  • マツダの各車に創立100周年記念モデルが登場 白と赤のカラーリングが特徴 2020.4.3 自動車ニュース マツダが、「マツダ2」「マツダ3」「マツダ6」「CX-3」「CX-30」「CX-5」「CX-8」「ロードスター」に「100周年特別記念車」を設定し、予約受注を開始した。マツダ初の乗用モデル「R360クーペ」をモチーフにしたカラーリングが特徴となっている。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • 非日常を感じさせるインテリアが特徴 「マツダ2ホワイトコンフォート」発売 2020.4.24 自動車ニュース マツダのコンパクトカー「マツダ2」に、特別仕様車「ホワイトコンフォート」登場。インテリアに、清涼感を感じさせるピュアホワイトレザーと温かみのあるグランリュクス素材が採用されている。
  • 日産フェアレディZ プロトタイプ 2020.9.16 画像・写真 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。S30型と呼ばれる初代を筆頭に、歴代Zのモチーフを取り入れたというそのデザインは、7代目となる次期型フェアレディZにも踏襲されるという。同車の姿を、内覧会の様子とともに写真で紹介する。
ホームへ戻る