トヨタ・オーリスにハイブリッドモデルが登場

2016.04.19 自動車ニュース
「トヨタ・オーリス ハイブリッド“Gパッケージ”」
「トヨタ・オーリス ハイブリッド“Gパッケージ”」 拡大

ハイブリッドの「トヨタ・オーリス」発売

トヨタ自動車は2016年4月18日、5ドアハッチバック車「オーリス」にハイブリッドグレードを新規設定するとともに、1.2リッターターボエンジン搭載モデルにスポーティー仕様を追加し、販売を開始した。

オーリス ハイブリッド“Gパッケージ”」のインテリア。
「オーリス ハイブリッド“Gパッケージ”」のインテリア。 拡大
「オーリス120T“RSパッケージ”」
「オーリス120T“RSパッケージ”」 拡大
「オーリス120T“RSパッケージ”」のインテリア。
「オーリス120T“RSパッケージ”」のインテリア。 拡大

今回オーリスに新たにラインナップされた「ハイブリッド」「ハイブリッド“Gパッケージ”」は、1.8リッターエンジンをベースとするハイブリッドシステム(リダクション機構付きのTHSII)を搭載。JC08モードで30.4km/リッターの燃費を実現した。

ハイブリッド“Gパッケージ”は、白と黒を基調とした内装と、本革とウルトラスエードを用いたシートが特徴で、「最上級グレードにふさわしい、先進的で質感が高い室内空間を創出した」とうたわれる。

同時に、1.2リッターターボエンジン搭載モデル「120T」をベースに、1.8リッターのスポーティーモデル「RS」ゆずりのフロントグリルやスポイラー、ハイブリッド車と同じ17インチアルミホイールを装着した「120T“RSパッケージ”」も設定された。

オーリスのラインナップと価格は、以下の通り。

・ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT):283万2545円
・ハイブリッド(FF/CVT):262万473円
・120T“RSパッケージ”(FF/CVT):259万37円
・120T(FF/CVT):259万37円
・RS(FF/6MT):246万437円
・180S(FF/CVT):237万6000円
・150X“Sパッケージ”(FF/CVT):208万5382円
・150X(FF/CVT):189万2945円
・150X“Cパッケージ”(FF/CVT):178万9855円
・150X“Sパッケージ”(4WD/CVT):227万9782円
・150X(4WD/CVT):208万7345円
・150X“Cパッケージ”(4WD/CVT):198万4255円

(webCG)

関連キーワード:
オーリス, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ オーリス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.4.6 試乗記 全面刷新された「ヴィッツ」あらため「ヤリス」。「ハイブリッドG」に続き、ガソリンエンジン搭載のFFトップグレード「Z」に試乗。最高出力120PSの新開発1.5リッター直3エンジン+CVTはどんな走りを見せるのか。そしてハイブリッドモデルとの違いは?
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • トヨタ・ヤリス 2019.10.16 画像・写真 国内では「ヴィッツ」の名で販売されてきた、トヨタのコンパクトハッチバック「ヤリス」がフルモデルチェンジ。2020年2月の発売を前に世界初公開された新型の姿を、写真で紹介する。
  • 第662回:新天地で復活の兆し!? 「トヨタiQ」は二度死ぬ 2020.7.3 マッキナ あらモーダ! 世界各地で華々しく導入されたものの、今ひとつパッとしなかった「トヨタiQ」。しかし2020年現在、新天地を見つけて再起を図っているというウワサがある。最新の状況を大矢アキオがリポートする。
  • 三菱eKクロス スペースT(FF/CVT)【試乗記】 2020.6.25 試乗記 三菱の新たな軽スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース」に試乗。まずは迫力満点のフロントマスクに目が行ってしまうが、肝心の使い勝手はどうなのか。あれこれいじってみるとともに、ワインディングロードにも持ち込んでみた。
ホームへ戻る