マツダの新型クロスオーバー、CX-4がデビュー【北京ショー2016】

2016.04.25 自動車ニュース
「マツダCX-4」
「マツダCX-4」 拡大

【北京ショー2016】マツダが新型クロスオーバー「CX-4」を世界初公開

マツダは2016年4月25日、北京モーターショー2016(プレスデー:4月25日~26日、一般公開日:4月29日~5月4日)において、新型クロスオーバーSUV「CX-4」を世界初公開した。

マツダCX-4は、「Exploring Coupe(エクスプローリング・クーペ)」をコンセプトに、既存の概念や枠組みを越えることを目指して開発したというクロスオーバーSUV。

FF車と4WD車、2つのタイプがラインナップされ、FF車には2リッターのガソリンエンジンが、4WD車には2.5リッターのガソリンエンジンが搭載される。FF車のトランスミッションは、6段MTと6段AT。4WD車は6段ATのみとなる。

力強い踏ん張り感とクーペのようなキャビンを組み合わせたというボディーのサイズは、全長×全幅×全高=4633×1840×1535mmで、ホイールベースは2700mm(4WD車の場合)。
日常の扱いやすさに配慮した機能性や、新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD」による走破性、低重心ボディーがもたらす操縦安定性、環境・安全性能などもセリングポイントとされている。

(webCG)

関連キーワード:
CX-4, マツダ, 北京モーターショー2016, イベント, 自動車ニュース

マツダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • マツダCX-8 XDプロアクティブSパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.3.30 試乗記 さらなる高みを目指し、発売後も惜しみなく製品の改良を続けるというマツダ。その基本方針と車両の進化を確かめるべく、3列シートSUV「CX-8」の最新モデルに試乗した。販売の半数以上を占めるというディーゼルモデルの印象を報告する。
  • マツダCX-8 XD Lパッケージ 2017.9.14 画像・写真 ナッパレザーのシートや本杢(ほんもく)の装飾パネル、2列目シートのセンターコンソールボックスなどで上質感を表現。「マツダCX-8」の上級グレード「XD Lパッケージ」のディテールを、写真でリポートする。
  • 「マツダCX-30」発表会の会場から 2019.9.20 画像・写真 マツダの新型クロスオーバー「CX-30」が国内でデビュー。東京都内で発表会が開催され、同日販売がスタートする、2リッターガソリンエンジン「スカイアクティブG 2.0」搭載車が展示された。その模様を写真で紹介する。
  • マツダCX-8 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.1.25 試乗記 「マツダCX-8」に追加された、2.5リッターダウンサイジングターボエンジン搭載の新グレード「25T」。新エンジンの出来栄えを確かめるべく試乗に臨んだのだが、このクルマにはパワープラントとは別に気にかかる課題が潜んでいた。
ホームへ戻る