ジープブランド75周年を記念した限定車が登場

2016.04.26 自動車ニュース

「レネゲード」「コンパス」「チェロキー」に、ジープブランド75周年を記念した限定車

FCAジャパンは2016年4月26日、ジープブランドの誕生75周年を記念した限定車「75th Anniversary Edition(75thアニバーサリーエディション)」を、ジープの全モデルに設定すると発表した。同年5月14日に、その第1弾となる「レネゲード 75th Anniversary Edition」「コンパス 75th Anniversary Edition」「チェロキー 75th Anniversary Edition」を発売する。

「ジープ・レネゲード 75th Anniversary Edition
「ジープ・レネゲード 75th Anniversary Edition」 拡大
 
ジープブランド75周年を記念した限定車が登場の画像 拡大

今回発表された75周年記念モデルは、グリーンとオレンジ、ブロンズを共通のテーマカラーとした、内外装のドレスアップが特徴。ジープの誕生年にあたる「1941」が刻印されたフロントシートや、専用エンブレム、ブロンズルーフレールなどの特別装備も与えられる。

モデルごとの概要は以下の通り。

【レネゲード 75th Anniversary Edition】
ベースモデル:レネゲード リミテッド
販売台数:80台
ボディーカラー:ジャングルグリーン
特別装備:
・ファブリック/メッシュコンビシート
・タンジェリン&シルバーステッチ入りインテリアアクセント
・ブラックグリル(ブロンズアクセント付き)
・ブロンズアクセント付きフロントフォグランプベゼル
・ブロンズアクセント付きリアバンパー
・ブロンズ&タンジェリンのJeepバッジ、RENEGADEバッジ
・1941限定車専用エンブレム
・ブロンズルーフレール
・18インチアルミホイール(ブロンズカラー)
価格:318万6000円

コンパス 75th Anniversary Edition
「コンパス 75th Anniversary Edition」 拡大
 
ジープブランド75周年を記念した限定車が登場の画像 拡大

【コンパス 75th Anniversary Edition】
ベースモデル:コンパス リミテッド
販売台数:100台
ボディーカラー:レコングリーン(30台)、ブラック(70台)
特別装備:
・ブロンズアクセント付きのドアトリム、シフトベゼル、エアコン吹き出し口、ステアリングホイールアクセント
・タンジェリン&シルバーステッチ入りインテリアアクセント
・レザー/メッシュコンビシート(フロント:1941限定車専用ロゴエンボス加工)
・ブロンズアクセント付きボディー同色グリル、リアバンパー
・ブロンズカラーリフトゲートアクセント
・ブロンズ&タンジェリンのJeepバッジ、COMPASSバッジ
・1941限定車専用エンブレム
・ブロンズルーフレール
・18インチアルミホイール(ブロンズカラー)
価格:356万4000円

チェロキー 75th Anniversary Edition
「チェロキー 75th Anniversary Edition」 拡大
 
ジープブランド75周年を記念した限定車が登場の画像 拡大

【チェロキー 75th Anniversary Edition】
ベースモデル:チェロキー リミテッド
販売台数:50台
ボディーカラー:レコングリーン
特別装備:
・タンジェリン&シルバーステッチ入りインテリアアクセント
・レザーシート(フロント:1941限定車専用ロゴエンボス加工)
・ブロンズフロントグリル
・ブロンズアクセント付きフロントバンパー、リアバンパー
・ブロンズ&タンジェリンのJeepバッジ、CHEROKEEバッジ
・1941限定車専用エンブレム
・ブロンズルーフレール
・18インチアルミホイール(ブロンズカラー)
価格:499万5000円

(webCG)

関連キーワード:
レネゲード, グランドチェロキー, コンパス, ジープ, 自動車ニュース

ジープ レネゲード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.6 試乗記 実に11年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた「ジープ・ラングラー」。エンジンのダウンサイジング化やATの多段化などによって洗練されたのはいいものの、果たして人々が求める“ジープらしさ”は残っているのだろうか。4ドア・2リッターの「アンリミテッド スポーツ」に試乗した。
  • ポルシェ911カレラ/911カレラ カブリオレ/911カレラ4【海外試乗記】 2019.10.3 試乗記 「GTS」や「GT3」などの“役物”もいずれラインナップされるのだろうけれど、「ポルシェ911」といえば、まずは素の「カレラ」に乗らなければ始まらない。ドイツ・フランクフルトからの第一報をお届けする。
  • 日産スカイラインGT Type P(V6ターボ)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.4 試乗記 「日産スカイライン」のマイナーチェンジで追加されたV6ツインターボモデルはなかなかの意欲作だ。その出来栄えは概して素晴らしい。しかし、いっぽうでは日産の国内市場軽視が透けて見える部分も少々……。中年カーマニアの筆者にとっては寂しさを覚えつつの試乗となった。
  • BMW 840iグランクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.9.28 試乗記 BMWがラインナップするLセグメントのスペシャリティーモデル「8シリーズ」に、4ドアの「グランクーペ」が登場。ポルトガルのアルガルヴェで試乗した直6モデルの「840i」は、「ぜひ日本にも」と願わずにはいられないクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る