高性能スポーツカー「メルセデスAMG GT/GT S」の装備が充実

2016.05.13 自動車ニュース
「メルセデスAMG GT」
「メルセデスAMG GT」 拡大

メルセデス・ベンツ日本は2016年5月12日、高性能スポーツカー「メルセデスAMG GT」および「メルセデスAMG GT S」の一部仕様・装備を変更し、同日に発売した。

「メルセデスAMG GT S」のインテリア。
「メルセデスAMG GT S」のインテリア。 拡大
「メルセデスAMG GT S」のサイドビュー・
「メルセデスAMG GT S」のサイドビュー・ 拡大

今回、メルセデスAMG GTでは、以下の装備を含む「ベーシックパッケージ」が標準化された。
・ナッパレザーシート(シートヒーター付き)
・キーレスゴー
・ハンズフリーアクセス
・メモリー付きパワーシート(運転席・助手席)
・電動チルト&テレスコピックステアリング
・イージーエントリー(ステアリング)
・リバースポジション機能付きドアミラー(助手席)
・プライバシーガラス

メルセデスAMG GT Sも同様に、以下の装備からなる「エクスクルーシブパッケージ」が標準化された。
・AMGパフォーマンスシート
・Brumesterサラウンドサウンドシステム
・盗難防止警報システム(けん引防止機能、室内センサー)

さらに、「AMGダイナミックパッケージプラス」の一部装備(以下3点)も標準装備となった。
・ダイナミックエンジントランスミッションマウント
・AMGパフォーマンスステアリング(レザーDINAMICA/ステッチ入り)
・イエローメーターゲージ

また、ボディーカラーは2車種とも、ダイヤモンドホワイト、ヒヤシンスレッド、AMGソーラービームを除くメタリックペイントが標準で選べるようになった。

価格は以下の通り。
・メルセデスAMG GT:1650万円
・メルセデスAMG GT S:1930万円

(webCG)

関連キーワード:
AMG GT, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が日本で正式デビュー 2019.2.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、世界初のAMG専売ディーラーとして2017年に誕生した「AMG東京世田谷」において、ハイパフォーマンス4ドアスポーツカー「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表し、同日に受注を開始した。
  • メルセデスが「AMG GT 4ドアクーペ」を一部改良 自然な音声操作が可能なMBUXを採用 2020.7.17 自動車ニュース メルセデスが「AMG GT 4ドアクーペ」を一部改良。自然対話式音声認識機能を備えた対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を標準装備したほか、グレードに応じて、パノラミックルーフやカーボンファイバールーフもオプション設定した。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.9.3 試乗記 2ドアクーペに続く、メルセデスAMGの独自開発モデル「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」に公道で試乗。5mを超える大柄なボディーに、最高出力639PSの4リッターV8ツインターボを搭載した高性能4ドアモデルは、どんな走りを見せるのか。その出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+/AMG GT53 4MATIC+【試乗記】 2019.4.20 試乗記 メルセデスAMGが独自に開発した“4ドアのスポーツカー”「AMG GT 4ドアクーペ」。デザインから走行性能、快適性にまでこだわりぬいたという欲張りな高性能モデルに、サーキットで試乗した。
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2020.7.17 試乗記 フォルクスワーゲンのニューモデル「T-Roc(Tロック)」がいよいよ日本上陸。「ティグアン」「T-Cross(Tクロス)」に続く国内3車種目のコンパクトSUVは、果たしてどんな個性を備えているのだろうか。
ホームへ戻る