カンヌ映画際がテーマの特別な「ルノー・キャプチャー」登場

2016.06.23 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャー カンヌ」とルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長。
「ルノー・キャプチャー カンヌ」とルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長。 拡大

ルノー・ジャポンは2016年6月23日、クロスオーバー車「キャプチャー」の特別仕様車「カンヌ」を50台限定で発売した。

外装色が「ブルー マリーン フュメ+カプチーノ メタリック」の「キャプチャー カンヌ」。
外装色が「ブルー マリーン フュメ+カプチーノ メタリック」の「キャプチャー カンヌ」。 拡大
専用レザーシート
専用レザーシート 拡大
9インチSDナビゲーションシステム
9インチSDナビゲーションシステム 拡大
外装色が「イヴォワール+カプチーノ メタリック」の「キャプチャー カンヌ」。
外装色が「イヴォワール+カプチーノ メタリック」の「キャプチャー カンヌ」。 拡大

キャプチャー カンヌは、上級グレード「インテンス」をベースに、ルノーがカンヌ映画祭に提供するオフィシャルカーをモチーフに内外装をコーディネートした特別仕様車である。

カンヌ映画祭は、世界3大映画祭のひとつにも数えられるフランスを代表する映画の祭典で、ルノーは1983年からこのイベントをサポートしており、2016年5月に開催された第69回カンヌ映画祭には300台を超えるオフィシャルカーを提供している。

具体的な特別装備は以下の通り。
・専用レザーシート(前席シートヒーター付き)
・9インチSDナビゲーションシステム
・カンヌ映画祭公式エンブレムデカール(左右)
・アルミ製ペダル
・自動防眩(ぼうげん)ルームミラー
・サングラスホルダー

外装色は「ブルー マリーン フュメ」と「イヴォワール」の2種類で、ともにルーフを「カプチーノ メタリック」で塗り分けた、カタログモデルにはないツートン仕様となっている。内装色はいずれもブラウンとダークカーボンの組み合わせで、こちらも同車専用色となる。

価格は289万円。販売台数は「ブルー マリーン フュメ+カプチーノ メタリック」が20台、「イヴォワール+カプチーノ メタリック」が30台。

(webCG)
 

関連キーワード:
キャプチャー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー キャプチャー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.5.30 試乗記 ルノーの新型SUV「カジャー」に試乗。巷間(こうかん)言われているとおり、その“生い立ち”は、確かに日産とのアライアンス関係によるもの。しかし、ひとたび走らせてみると、ルノーらしい味付けがしっかりと効いた、どこか懐かしみを感じるクルマに仕上がっていた。
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • メルセデス・ベンツB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.5.19 試乗記 メルセデスのルーミーなコンパクトモデル「Bクラス」に、クリーンディーゼル搭載モデルが登場。とことん家庭的なクルマかと思いきや、そのスポーティーな走りとデザインは、筆者の予想を大きく上回っていた。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.22 試乗記 「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」に試乗。ベーシックな「Aクラス」の2倍以上、お値段800万円近くにも達するCセグメントハッチバックは、ドライバーにどのような世界を見せてくれるのだろうか。ワインディングロードを求めて都内から西へと向かった。
ホームへ戻る