ダイハツが軽乗用車の「ムーヴ」を一部改良

2016.06.21 自動車ニュース
「ダイハツ・ムーヴカスタムX“スペシャル”」
「ダイハツ・ムーヴカスタムX“スペシャル”」 拡大

ダイハツ工業は2016年6月21日、軽乗用車「ムーヴ」に一部改良を実施し、同日販売を開始した。

「ムーヴカスタムRS“ハイパーSA II”」
「ムーヴカスタムRS“ハイパーSA II”」 拡大
「ムーヴカスタムRS“ハイパーSA II”」のインストゥルメントパネルまわり。
「ムーヴカスタムRS“ハイパーSA II”」のインストゥルメントパネルまわり。 拡大
「ムーヴX“SA II”」
「ムーヴX“SA II”」 拡大
「ブラックインテリアパック」のインテリア。
「ブラックインテリアパック」のインテリア。 拡大

今回の改良では、「ムーヴカスタム」により低価格なエントリーグレード「カスタムX“スペシャル”」を新設定したほか、メッキパーツなどで内外装をドレスアップした上級グレード「ハイパー」シリーズではインテリアの意匠の一部を変更した。

具体的には、これまで大理石調だったインストゥルメントパネルガーニッシュとドアオーナメントパネルの装飾に、新たにグロッシーブラッククロスを採用。シートのステッチもブルーからシルバーに変更している。さらに、他のグレードではオプション扱いとなっている「純正ナビ装着アップグレードパック」をハイパーシリーズのみ標準装備とした。

このほかにも、全車共通でオートライトの点灯タイミングを早めるなどの仕様変更を施したほか、標準車の「ムーヴ」についてはオプションで設定している「ブラックインテリアパック」の内装色の一部を変更している。

価格はムーヴが113万4000円から150万6600円、ムーヴカスタムが135万円から174万9600円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ムーヴ, ムーヴカスタム, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ ムーヴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • 世界限定300台の「アルピーヌA110リネージGT 2021」国内導入へ 2021.5.13 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンは2021年5月13日、快適性と走行性能を高次元でバランスさせたという限定車「アルピーヌA110リネージGT 2021」を、国内で販売する計画を明らかにした。正式発表は同年6月中旬に行われる見込み。
  • BMW 218dグランクーペ プレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2021.5.12 試乗記 FFを基本としたエンジン横置きプラットフォームに、コンパクトな4ドアボディーを架装した「BMW 2シリーズ グランクーペ」。FRを信奉する古くからのファンには敬遠されそうなモデルだが、実際に乗ってみると、FFの乗用車として出色の出来栄えだった。
ホームへ戻る