ダイハツが軽乗用車の「ムーヴ」を一部改良

2016.06.21 自動車ニュース
「ダイハツ・ムーヴカスタムX“スペシャル”」
「ダイハツ・ムーヴカスタムX“スペシャル”」 拡大

ダイハツ工業は2016年6月21日、軽乗用車「ムーヴ」に一部改良を実施し、同日販売を開始した。

「ムーヴカスタムRS“ハイパーSA II”」
「ムーヴカスタムRS“ハイパーSA II”」 拡大
「ムーヴカスタムRS“ハイパーSA II”」のインストゥルメントパネルまわり。
「ムーヴカスタムRS“ハイパーSA II”」のインストゥルメントパネルまわり。 拡大
「ムーヴX“SA II”」
「ムーヴX“SA II”」 拡大
「ブラックインテリアパック」のインテリア。
「ブラックインテリアパック」のインテリア。 拡大

今回の改良では、「ムーヴカスタム」により低価格なエントリーグレード「カスタムX“スペシャル”」を新設定したほか、メッキパーツなどで内外装をドレスアップした上級グレード「ハイパー」シリーズではインテリアの意匠の一部を変更した。

具体的には、これまで大理石調だったインストゥルメントパネルガーニッシュとドアオーナメントパネルの装飾に、新たにグロッシーブラッククロスを採用。シートのステッチもブルーからシルバーに変更している。さらに、他のグレードではオプション扱いとなっている「純正ナビ装着アップグレードパック」をハイパーシリーズのみ標準装備とした。

このほかにも、全車共通でオートライトの点灯タイミングを早めるなどの仕様変更を施したほか、標準車の「ムーヴ」についてはオプションで設定している「ブラックインテリアパック」の内装色の一部を変更している。

価格はムーヴが113万4000円から150万6600円、ムーヴカスタムが135万円から174万9600円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ムーヴ, ムーヴカスタム, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ ムーヴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・タントカスタムRS(FF/CVT)/タントX(FF/CVT)【試乗記】 2019.8.12 試乗記 軽スーパーハイトワゴンの元祖「ダイハツ・タント」が4代目にフルモデルチェンジ。DNGA世代の新プラットフォームや充実した運転支援システム、機能性を高めたシートアレンジなど、大幅な進化を遂げた新型の出来栄えを確かめた。
  • 新型「ダイハツ・タント」発表会の会場から 2019.7.9 画像・写真 4代目となる新型「ダイハツ・タント」登場。ダイハツの新しいクルマづくり「DNGA」の第1弾モデルで、走りの進化はもちろん、軽トールワゴンの本領である利便性の向上や、運転支援システムの充実ぶりも特徴となっている。発表会の様子を、写真でリポートする。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
ホームへ戻る