「MINI」にBMWグループの創立100周年記念モデル

2016.06.23 自動車ニュース
「MINI ONE 5ドア ビクトリア」
「MINI ONE 5ドア ビクトリア」 拡大

BMWジャパンは2016年6月23日、「MINI 3ドア」「MINI 5ドア」に特別仕様車「Victoria(ビクトリア)」を設定し、300台限定で販売を開始した。

今回の特別仕様車はBMWグループの誕生100周年を記念して設定されたもので、車名のビクトリアはロンドンの街の名に由来している。

1.2リッター直3ターボエンジンに6段ATを組み合わせた、MINI 3ドアおよび5ドアのエントリーグレード「ONE(ワン)」をベースに、ボディーカラーには英国を象徴する「ユニオンジャック」に用いられる赤(ブレイジング・レッド・メタリック)、青(ディープ・ブルー・メタリック)、白(ペッパー・ホワイト)の3色を設定。ボディーカラーとは別色のミラーキャップや、ユニオンジャックをモチーフにしたサイドストライプを採用している。

これらを含む、特別装備は以下の通り。
・MINI Victoria専用カラーミラーキャップ(ボディーカラーがペッパー・ホワイトの場合はディープ・ブルー、ブレイジング・レッドおよびディープ・ブルーの場合はホワイト)
・MINI Victoria専用サイドストライプ
・クロームライン・エクステリア
・ホワイトターンシグナルライト
・ナビゲーションパッケージ
・シートヒーター
・インテリアサーフェス・ピアノブラック
・コンフォートアクセス
・フロアマット

価格は3ドアが273万円、5ドアが288万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINI 5ドア, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • いきなり受注2000台! 新型車「トヨタGRヤリス」はなぜモテる? 2020.1.31 デイリーコラム 東京オートサロン2020で予約受注がスタートするや、たちまち大フィーバーとなったトヨタの高性能ハッチバック「GRヤリス」。その反響の理由と、モータースポーツにおける存在意義について識者が語る。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • 「GP」モデルにインスパイアされた高性能な「MINIクラブマン」登場 2020.2.13 自動車ニュース BMWジャパンは2020年2月13日、「究極のスポーティードライビングと、高い実用性の両立」をうたう限定車「MINIジョンクーパーワークス クラブマンGPインスパイア―ドエディション」を日本に導入すると発表した。
  • 第67回:世界を変えたスモールカー「Mini」
    スエズ危機が生んだ英国の小さな巨人
    2020.1.30 自動車ヒストリー 革新的な設計により自動車史に名を残す名車となった「Mini(ミニ)」。小型大衆車の基礎を築いた英国の“小さな巨人”は、どのような経緯で誕生したのか? その背景には、かわいらしい姿からは想像もつかないような不穏な国際情勢と、不世出のエンジニアの存在があった。
ホームへ戻る