ポルシェ、新型「パナメーラ」を世界初公開

2016.06.29 自動車ニュース
ベルリンで発表された、新型「ポルシェ・パナメーラ」。ポルシェのオリバー・ブルーメ社長が、プレゼンテーションを行った。
ベルリンで発表された、新型「ポルシェ・パナメーラ」。ポルシェのオリバー・ブルーメ社長が、プレゼンテーションを行った。 拡大

独ポルシェは2016年6月28日、ドイツ・ベルリンにおいて4ドアスポーツサルーン「パナメーラ」の新型を世界初公開した。

「スポーツカーのパフォーマンスとラグジュアリーサルーンの快適性を、これまでにないほど高い次元で融合した」とアピールされる、2代目パナメーラ。

デザインにおいては、「一目でパナメーラと分かること」を念頭に、「ポルシェ911」との関連性も持たせながらサイドビューをクーペに近づけ、これまで以上に“スピード”を感じられるものにしたという。

よりパワフルになったツインターボエンジンには、新開発の8段PDKが組み合わされる。燃費は従来比で16%向上。V8ガソリンエンジンを搭載する「パナメーラターボ」は最高出力550ps、V6ガソリンエンジンの「パナメーラ4S」は同440psを発生する。
走行性能を高めるメカニズムとしては、「リアアクスルステア」「アクティブロールコンペンセーション」「3チャンバーエアサスペンション」「4Dシャシーコントロールシステム」などを装着している。

先進的な操作デバイスもセリングポイントのひとつ。スマートフォンのような直感的な操作を可能とする「ポルシェ・アドバンストコックピット」が採用されるほか、オンラインサービスやスマートフォンによるリモートコントロールでクルマの機能を拡張する「ポルシェ コネクト」も利用できる。

新型パナメーラは、まずは4WDのモデルが2016年11月に欧州市場で発売され、順次世界各国のマーケットにも展開される見込み。

(webCG)

→新型「ポルシェ・パナメーラ」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
パナメーラ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ パナメーラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ 2016.10.8 画像・写真 ポルシェが東京都内で新型「パナメーラ」の特別展示会を開催した。展示車両は4リッターV8ターボエンジンを搭載した高性能モデル「ターボ」で、0-100km/h加速は3.6秒という動力性能を有している。2代目となる新型パナメーラの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ・パナメーラGTSスポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】
    2019.11.11 試乗記 ポルシェの「パナメーラ スポーツツーリスモ」に追加設定された「GTS」は、「4S」と「ターボ」の間に位置するモデル。最高出力460PSの4リッターV8ツインターボエンジンとワゴンボディー、そして強化された足まわりの組み合わせは、どんな走りを味わわせてくれるのか?
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2021.2.6 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」が5代目に進化。ルノー“らしい”定評のある走りは健在なのか。そしてルノー“らしからぬ”先進装備の仕上がり具合はどんなものか。最上級グレード「インテンス テックパック」で試した。
ホームへ戻る