内外装の上質感を高めた「トヨタ・アルファード」発売

2016.07.04 自動車ニュース
「トヨタ・アルファードS“Aパッケージ・TYPE BLACK”」
「トヨタ・アルファードS“Aパッケージ・TYPE BLACK”」 拡大

トヨタ自動車は2016年7月4日、ミニバン「アルファード」に、内外装の個性を強めた特別仕様車を設定。同日、販売を開始した。

ウルトラスエードとクロコ調柄合成皮革で仕立てられたシート。
ウルトラスエードとクロコ調柄合成皮革で仕立てられたシート。 拡大
高輝度塗装の専用アルミホイール
高輝度塗装の専用アルミホイール。 拡大
専用ゴールド加飾のスマートキー
専用ゴールド加飾のスマートキー。 拡大

今回発売されたのは、2.5リッター直4エンジン搭載の「S“Aパッケージ”」をベースにした「S“Aパッケージ・TYPE BLACK”」と、3.5リッターV6搭載の「SA」がベースの「SA“TYPE BLACK”」の2モデル。

ともに、専用ゴールドエンブレム(フロント)やダークメッキガーニッシュ付きフロントフォグランプ、専用シート表皮(ウルトラスエード<パーフォレーション加工>+クロコ調柄合成皮革)などを装備している。

そのほかの主な特別装備は以下の通り。
高輝度塗装の専用アルミホイール
・黒木目調本革巻き4本スポークステアリングホイール
・ブラックのルーフヘッドライニング
・パワーバックドア(挟み込み防止機能付き)
・アクセサリーコンセント(AC100V・100W/1個)
・スモークメッキのフードモール&フロントグリル&ミッドグリル、バックドアガーニッシュ
・メッキのインサイトドアハンドル(フロント、リア)
・専用ゴールド加飾のスマートキー(ウェルカムパワースライドドア&予約ロック機能付き)

メーカー希望小売価格
S“Aパッケージ・TYPE BLACK”(FF/CVT):392万6291円
S“Aパッケージ・TYPE BLACK”(4WD/CVT):417万6655円
SA“TYPE BLACK”(FF/6AT):431万7055円
SA“TYPE BLACK”(4WD/6AT):451万1455円

(webCG)

関連キーワード:
アルファード, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ アルファード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アルファード 2015.1.26 画像・写真 「トヨタ・アルファード」がフルモデルチェンジ。新型の姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2020.9.7 試乗記 トヨタのラグジュアリーSUV「ハリアー」が4代目となる新型に生まれ変わった。その仕上がりにスキはなく、見ても乗ってもさすが最新モデルという完成度だ。だけどオーナーは出来栄えに満足する一方で、それに付随する別な悩みを抱えることになるだろう。
  • トヨタ・グランエース プレミアム(FR/6AT)【試乗記】 2020.5.1 試乗記 トヨタから大型ミニバン「グランエース」がデビューした。今回試乗したのは全長5300mmものロングボディーを6人で使う豪華仕様「プレミアム」。運転席と後席の仕上がり、すなわち運ぶクルマとしてのドライバビリティーと、運ばれるクルマとしての快適性をチェックした。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
  • BMW i8ロードスター(4WD/6AT)【試乗記】 2018.11.17 試乗記 2017年11月のロサンゼルスモーターショーで発表された「i8ロードスター」は、プラグインハイブリッドスポーツ「i8」の派生モデルにして、BMWが「ピュアオープンeモビリティー」と呼ぶフラッグシップモデル。i8はオープン化によって、どんな走りをみせてくれるのか。
ホームへ戻る