アストンマーティン、限定車「ヴァンキッシュ ザガート」を国内初披露

2016.08.02 自動車ニュース
「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート」
「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート」 拡大

アストンマーティン・ジャパンは2016年8月2日、イタリアンカロッツェリアのザガートとのコラボレーションモデル「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート」を、国内で初公開した。

■価格は8510万円

今回披露されたヴァンキッシュ ザガートは、2016年5月20日にヒストリックカーイベント「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」に出展されたコンセプトカー「ヴァンキッシュ ザガート コンセプト」の市販モデル。市場からの強い要望を受け、99台が生産される。

アストンマーティンとザガートとのコラボレーションは、1960年の「DB4 GT ザガート」が始まりで、その後は「V8ヴァンテージ ザガート」(1986年)、「DB7ヴァンテージ ザガート」(2002年)、「V12ヴァンテージ ザガート」が誕生。今回のヴァンキッシュ ザガートは5つ目の作品となる。

エクステリアは、ザガートのアイコン的なデザイン処理である“ダブルバブル”形状のルーフや、円形に見えるテールライトリフレクター、「One-77」由来の“ウイングミラー”と呼ばれるドアミラーなどが特徴。
カーボンファイバー製の大きな1ピースパネルを使うことで、パネルの継ぎ目に現れる分割線が減らされている点も、ベースとなる「ヴァンキッシュ」との違いだ。

インテリアは、Zパターンキルトがあしらわれたシートおよびドア内張り、豪華な素材を採用したエアコンの吹き出し口やスイッチ類が、ヴァンキッシュ ザガートならではのディテールとされている。

自然吸気の6リッターV12エンジンは、最高出力600psにまでパワーアップ。これに合わせて、サスペンションのセッティングも見直されている。

なお、生産予定の99台は既に完売。このうち日本で成約したのは2台で、価格は8510万円。デリバリーは2017年初頭になる見込みという。

(webCG)

→「ヴァンキッシュ ザガート」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
ヴァンキッシュ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン ヴァンキッシュ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • アストンマーティンDB11 2016.3.1 画像・写真 アストンマーティンが、ジュネーブショー2016において新型車「DB11」を発表した。2003年に登場した「DB9」の後継モデルに当たり、パワーユニットには自社開発の5.2リッターV12ターボエンジンを採用している。アストンの新しい基幹モデルを、写真で紹介する。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
  • ミツオカ・ロックスターSスペシャルパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.8 試乗記 2018年に創業50周年を迎えた光岡自動車が、台数限定200台で発売した記念モデル「ロックスター」に試乗。ベースとなった「マツダ・ロードスター」譲りの走りと、2代目「シボレー・コルベット」を思わせるスタイリングの仕上がりを確かめた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
ホームへ戻る