モダンで華やかな特別仕様車「MINIセブン」発売

2016.08.26 自動車ニュース
「MINIセブン」
「MINIセブン」 拡大

BMWジャパンは2016年8月26日、「MINI 3ドア」「MINI 5ドア」の特別仕様車「MINI Seven(セブン)」を発表。同日、販売を開始した。

今回のMINIセブンは、モダンで華やかなドレスアップが施された特別仕様車。車名のセブンは、現代のMINIへとつながる往年のモデル「オースチン・セブン」に由来する。

エクステリアは、MINIのカスタマイズプラン「MINI Yours」として提供される「ラピス・ラグジュアリー・ブルー」のボディーカラーや、メルティングシルバーのルーフおよびミラーキャップなどでドレスアップ。専用デザインの17インチアロイホイール、モルトブラウンをアクセントカラーに採用した専用のボンネットストライプも与えられる。

インテリアについては、モルトブラウンのアクセントをダッシュボードやシートのチェック柄に採用。さらに、専用のデザインモチーフを、センターメーターやドアシルに施した。

MINIセブンの特別装備は以下の通り。

・ボディーカラー(MINI Yoursラピス・ラグジュアリー・ブルー、ミッドナイト・ブラック・メタリック、ブリティッシュ・レーシング・グリーン・メタリック、ペッパー・ホワイト)
・専用シルバールーフ&ミラーキャップ
・専用サイドスカットルプレート
・専用ボンネットストライプ
・専用17インチアロイホイールMINI Seven 2トーン
・専用クロス/レザー ダイヤモンド モルトブラウン
・専用カラーライン モルトブラウン
・専用センターメーターバッジ
・専用ドアシル
・インテリアサーフェス ピアノブラック
・クロームラインインテリア
・コンフォートアクセス
・ストレージコンパートメントパッケージ
・MINIエキサイトメントパッケージ
・レインセンサー(自動ドライビングライト付き)
・ライトパッケージ

ラインナップと価格は、以下の通り。

・MINIクーパー 3ドア セブン(6MT):309万7000円
・MINIクーパー 3ドア セブン(6AT):323万7000円
・MINIクーパーD 3ドア セブン(6AT):343万7000円
・MINIクーパーS 3ドア セブン(6MT):359万6000円
・MINIクーパーS 3ドア セブン(6AT):373万6000円
・MINIクーパーSD 3ドア セブン(6AT):393万6000円
・MINIクーパー 5ドア セブン(6AT):341万7000円
・MINIクーパーD 5ドア セブン(6AT):361万7000円
・MINIクーパーS 5ドア セブン(6AT):391万6000円
・MINIクーパーSD 5ドア セブン(6AT):411万6000円

(webCG)

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINI 5ドア, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • 第177回:フェラーリの事故今昔物語 2020.5.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第177回は「フェラーリの事故今昔物語」。購入したばかりの「348GTS」の車両保険をめぐり、ある疑問が湧き起こる。事故リスクが想定外に低く算定されていたのはナゼ? 過去と現在を比べ、その背景について考察する。
  • インディアンFTRラリーに見るアメリカン・モーターサイクルの“いま” 2020.5.15 新時代の旗手 Indian FTR Rallyの魅力と実力<AD> アメリカ最古のバイクブランドにして、ダートトラックレースで圧巻の強さを誇るインディアン。鮮やかな復活を果たした名門のニューモデル「FTRラリー」は、アメリカン・モーターサイクルの新時代を感じさせる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る