「ホンダ・フィット」の特別仕様車「ファインエディション」登場

2016.09.08 自動車ニュース
「ホンダ・フィット13G・Fパッケージ ファインエディション」
「ホンダ・フィット13G・Fパッケージ ファインエディション」 拡大

本田技研工業は2016年9月8日、コンパクトカー「フィット」の「13G・Fパッケージ」と「13G・Lパッケージ」に、ナビ装着用スペシャルパッケージと、使い勝手などを向上させる装備を追加した特別仕様車「FINE EDITION(ファインエディション)」を設定し、同年9月9日に発売すると発表した。

「フィット13G・Fパッケージ ファインエディション」のアームレスト付きセンターコンソールボックス。
「フィット13G・Fパッケージ ファインエディション」のアームレスト付きセンターコンソールボックス。 拡大
「フィット13G・Lパッケージ ファインエディション」のコンビシート。
「フィット13G・Lパッケージ ファインエディション」のコンビシート。 拡大

主な特別装備の内容と価格は以下の通り。
【13G・Fパッケージ ファインエディション】
・ナビ装着用スペシャルパッケージ
・アームレスト付きセンターコンソールボックス(アクセサリーソケット<DC12V>付き)
<価格>
・FF車:143万8000円
・4WD車:163万2400円

【13G・Lパッケージ ファインエディション】
・ナビ装着用スペシャルパッケージ
・コンビシート(プライムスムース×ファブリック)&専用インテリア
・リアセンターアームレスト
<価格>
FF車:159万8000円
4WD車:179万2400円

(webCG)

関連キーワード:
フィット, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ フィット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)【試乗記】 2020.8.20 試乗記 数字では表せない人間が持つ感性価値、すなわち“心地よさ”を開発のテーマとしたという新型「ホンダ・フィット」。ガソリンエンジン搭載のFF車を郊外に連れ出し、開発陣が目指したものやライバル車との違いを確かめてみた。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(後編)【試乗記】 2020.7.15 試乗記 2020年2月のデビュー以来ライバルとして好勝負を続ける、新型の「トヨタ・ヤリス」と「ホンダ・フィット」。ヤリスに続いて試乗したホンダのコンパクトカーは、過去のモデルから受け継いだ実力の高さを見せてくれた。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)/フィットe:HEVホーム(FF)【試乗記】 2020.3.4 試乗記 ホンダの人気コンパクト「フィット」がついにモデルチェンジ。4代目となる新型は、どのようなクルマに仕上がっているのか? 使う人の「心地よさ」を追求したというコンセプトに、ホントに沿うものになっているか? 仕様の異なる2モデルに試乗して確かめた。
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
  • ホンダ・フィット ホーム(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.4 試乗記 “心地よさ”をキーワードに開発されたという新型「ホンダ・フィット」。ホンダが満を持して投入したこのモデルは、意外にもフランス車のような趣を感じさせるクルマに仕上がっていた。4代目に進化したユーティリティー系コンパクトの出来栄えを報告する。
ホームへ戻る