「スバル・レガシィB4」にタンレザーシートの特別仕様車

2016.09.08 自動車ニュース
「スバル・レガシィB4スポルヴィータ」
「スバル・レガシィB4スポルヴィータ」 拡大

富士重工業は2016年9月8日、「スバル・レガシィB4」に特別仕様車「SporVita(スポルヴィータ)」を設定し、300台限定で販売を開始した。

レガシィB4スポルヴィータは、2015年10月28日に発売された「WRX S4スポルヴィータ」に続く、イタリアの老舗革製品サプライヤーMALIO LEVI(マリオ・レヴィ)社とのコラボレーションによる特別仕様車の第2弾である。

ベースとなったのは上級グレードの「リミテッド」で、インテリアにはタンカラーの専用本革シートを装備。ドアトリムやステアリングホイールなどもタンカラーとすると共に、シートとドアトリムにはステッチを波型に並べて立体感を出す「カーブキルト」と呼ばれる縫製を施している。また、インストゥルメントパネルやシフトノブにはピアノブラック調や金属調の装飾パネルを採用。イタリアンレザーの風合いが引き立つ上質な室内空間を実現しているという。

これらを含む特別装備は以下の通り。
・タンカラー表皮・ステッチ(MARIO LEVI製タン本革シート、コンソールリッド、ドアトリム、シフトブーツ)
・ステアリングヒーター付き本革巻きステアリングホイール(高触感革タン/ブラック)
・ピアノブラック調加飾(パワーウィンドウスイッチ、ハザードスイッチ、前席センターエアベントグリル、後席シートヒータースイッチ、後席カップホルダー)
・メッキリング付き後席エアベントグリル
・メッキリング付き後席カップホルダー
・高艶ベロアメッキ付きブラックフロントグリル
・高艶ベロアメッキ付きピアノブラック調フロントフォグランプカバー
・高艶ベロアメッキリアガーニッシュ
・サテンメッキドアミラー
・18インチアルミホイール(ブラックハイラスター塗装)

価格は340万2000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
レガシィB4, スバル, 自動車ニュース

スバル レガシィB4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
ホームへ戻る