プジョー、マイナーチェンジした「2008」を発売

2016.09.15 自動車ニュース
「プジョー2008 GTライン」
「プジョー2008 GTライン」 拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年9月15日、コンパクトSUV「プジョー2008」をマイナーチェンジして発売した。

2008は、プジョーの小型ハッチバック「208」をベースに開発されたコンパクトSUVである。今回のマイナーチェンジでは、フロントグリルやボンネットなど外装が変更されたほか、「アリュール」と「GTライン」の2つのグレード展開となった。

アリュールは、新デザインのアロイホイールや外装のクロームパーツなどで、高級感の演出に重きが置かれたグレード。インストゥルメントパネルは青で縁取られる。一方のGTラインは、より走破性に力を入れたスポーティーグレードで、滑りやすい路面で走行をサポートし、「ノーマル」「スノー」「マッド」「サンド」の4つのモードを選択できる「グリップコントロール」が標準装備となったほか、オールシーズンタイヤを装着する。内外装は黒を基調に赤をアクセントに配することで力強さを強調している。

アリュール、GTラインともに110ps/20.9kgmを発生する1.2リッター3気筒ターボエンジンを搭載。トランスミッションは6段AT、右ハンドルのみの設定となる。また、「電動シェード」や「パノラミックガラスルーフ」がオプションで用意される。ボディーカラーは新色の「アルティメット・レッド」「アルタンス・グレー」のほか全6色から選択可能。

価格は以下の通り。
・アリュール:262万円
・GTライン:285万円

(webCG)

関連キーワード:
2008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 2008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 静かなクルマには静かなタイヤを 「TOYO TIRES PROXES CL1 SUV」で快適ドライブ 2021.4.27 藤島知子が語る「TOYO TIRES PROXES CL1 SUV」の魅力<AD> トーヨータイヤがSUV向けにリリースした「プロクセスCL1 SUV」は、ロングライフ性能や低燃費性能とともに、静粛性の高さにも注力されているのが特徴だ。電気自動車に装着してドライブした印象を、藤島知子がリポートする。
  • プジョー3008 GTハイブリッド4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.20 試乗記 プジョーの人気SUV「3008」にプラグインハイブリッドモデルの「GTハイブリッド4」が登場。プジョー史上最強をうたう最高出力300PS、最大トルク520N・mの電動4WDパワートレインの仕上がりを試してみた。
  • ルノー・キャプチャー VS. フォルクスワーゲンTクロス VS. プジョー2008 2021.3.1 欧州での人気が証明するルノー・キャプチャーの実力<AD> 欧州のベストセラーSUV「ルノー・キャプチャー」の新型が日本に上陸。BセグメントSUVのライバルとしてしのぎを削る「フォルクスワーゲンTクロス」、そして「プジョー2008」と乗り比べ、超激戦区で支持を集めるその理由を探った。
  • プジョーSUV 2008アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.29 試乗記 新型「プジョーSUV 2008」には、ねっとりとした“フランス車”らしさが乏しい。ではつまらないクルマなのかというと真逆で、実はとてもいいクルマである。そこがプジョーのうまいところだ。エントリーグレード「アリュール」の仕上がりを報告する。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る