プジョー、マイナーチェンジした「2008」を発売

2016.09.15 自動車ニュース
「プジョー2008 GTライン」
「プジョー2008 GTライン」 拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年9月15日、コンパクトSUV「プジョー2008」をマイナーチェンジして発売した。

2008は、プジョーの小型ハッチバック「208」をベースに開発されたコンパクトSUVである。今回のマイナーチェンジでは、フロントグリルやボンネットなど外装が変更されたほか、「アリュール」と「GTライン」の2つのグレード展開となった。

アリュールは、新デザインのアロイホイールや外装のクロームパーツなどで、高級感の演出に重きが置かれたグレード。インストゥルメントパネルは青で縁取られる。一方のGTラインは、より走破性に力を入れたスポーティーグレードで、滑りやすい路面で走行をサポートし、「ノーマル」「スノー」「マッド」「サンド」の4つのモードを選択できる「グリップコントロール」が標準装備となったほか、オールシーズンタイヤを装着する。内外装は黒を基調に赤をアクセントに配することで力強さを強調している。

アリュール、GTラインともに110ps/20.9kgmを発生する1.2リッター3気筒ターボエンジンを搭載。トランスミッションは6段AT、右ハンドルのみの設定となる。また、「電動シェード」や「パノラミックガラスルーフ」がオプションで用意される。ボディーカラーは新色の「アルティメット・レッド」「アルタンス・グレー」のほか全6色から選択可能。

価格は以下の通り。
・アリュール:262万円
・GTライン:285万円

(webCG)

関連キーワード:
2008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 2008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • プジョー208 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
  • マツダ3ファストバック<eスカイアクティブX搭載車> プロトタイプ【試乗記】 2020.11.11 試乗記 「ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を併せ持つ」というマツダの新世代エンジン「スカイアクティブX」がバージョンアップ。それで走りはどう変わったのか? 「eスカイアクティブX」と名づけられた新ユニットを搭載する「マツダ3」で確かめた。
ホームへ戻る