クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

プジョーSUV 2008アリュール(FF/8AT)

薄味の魅力 2021.01.29 試乗記 新型「プジョーSUV 2008」には、ねっとりとした“フランス車”らしさが乏しい。ではつまらないクルマなのかというと真逆で、実はとてもいいクルマである。そこがプジョーのうまいところだ。エントリーグレード「アリュール」の仕上がりを報告する。

SUV×SUV

「プジョー208」に続いて、2008の新型も国内導入された。208から派生したFFのSUVである。3ケタ数字真ん中のゼロがダブるとSUV。2009年の「3008」以来のネーミングだが、新型2008からは正式車名が新たにSUV 2008となった。現行3008、それに「5008」も同様で、SUVが頭につく。もちろん世界中でそうなった。ゼロがダブればSUVなのだから、なんでSUVをさらにダブらせるのか、ちょっと意味がわからないが、今後、セダン2008やクーペ2008などが出ることを期待しておこう。

ちなみにフランス語だと208は「ドゥソンウィ」。2008は「ドゥミルウィ」。カタカナで書くと長いが、どちらも実際の発音を聞くと短い。しかし日本語だと「ニイマルマルハチ」って長ったらしくて言いにくい。どうせ変えるなら、日本人的には「SUV 208」のほうがわかりやすかったと思う。

だが、こんどの2008は単なる208からの派生SUVじゃないよというのがSUV 2008の主張だろう。先代208と2008のホイールベースは同寸だったが、「CMP」と呼ばれる新開発のマルチエネルギー対応プラットフォームは、3つのホイールベース、2つのトレッドなどのアジャスト性が特徴で、SUV 2008は208からプラス7cmのホイールベース(2610mm)を持つ。4305mmのボディー全長は21cm長い。セイウチの牙のようなLEDのポジションランプは同じだが、スタイリングもそれぞれに独自性を強め、SUV 2008は208より半クラスほど車格が上がったようにも見える。

国内では2020年9月に発売された新型「プジョーSUV 2008」。電気自動車版である「SUV e-2008」も同時に導入されている。
国内では2020年9月に発売された新型「プジョーSUV 2008」。電気自動車版である「SUV e-2008」も同時に導入されている。拡大
ヘッドランプの端から下に長く伸びるLEDデイタイムランニングライトは「セイバー(サーベル)」と呼ばれる。セイウチの牙のように見える。
ヘッドランプの端から下に長く伸びるLEDデイタイムランニングライトは「セイバー(サーベル)」と呼ばれる。セイウチの牙のように見える。拡大
最新のプジョーではおなじみのライオンの爪あとをモチーフとしたリアコンビランプ。
最新のプジョーではおなじみのライオンの爪あとをモチーフとしたリアコンビランプ。拡大
サイドウィンドウはBピラー後方からリアに向けて急激にキックアップしている。
サイドウィンドウはBピラー後方からリアに向けて急激にキックアップしている。拡大

208よりも圧倒的に広い

試乗したのは標準グレードの「アリュール」(299万円)。パワートレインやサスペンションやタイヤ(215/60R17)は上級グレードの「GTライン」(338万円)と同じだが、装備は一部省かれる。

前輪駆動のトラクション制御を変えることで5つの低ミュー路用ドライブモードを持つ「グリップコントロール」、低速坂下り用自動スロットル機構のヒルディセントコントロールなど、なんちゃって四駆的なスペックはGTライン専用だが、アダプティブクルーズコントロールのような運転支援系の新機能も含めて、必要十分な装備を持つのがアリュールグレードの特徴だ。スペースセーバーながら、リアルなスペアタイヤが付く(GTラインはパンク修理キット)。それだけでも個人的にはアリュールを推したいところだ。

まず後席インプレッションから始めると、208に対するアドバンテージは明らかだった。7cmのホイールベース延長は膝まわりの余裕に直結しているし、乗降時の脚の取り回しも楽だ。

荷室も208より目に見えて広い。約2割の容量アップもさることながら、SUV 2008はテールゲート開口部の幅が広いため、かさものの出し入れがはるかに容易だ。後席と荷室のヘビーユーザーには、208よりSUV 2008がお薦めなのは言うまでもない。

先代モデルよりも全長が145mm長くなり、より伸びやかなスタイルに。車台にはグループPSAの小型車用プラットフォーム「CMP」を使う。
先代モデルよりも全長が145mm長くなり、より伸びやかなスタイルに。車台にはグループPSAの小型車用プラットフォーム「CMP」を使う。拡大
ステアリングホイールよりも上にメーターをレイアウトした「iコックピット」は3D表示のデジタルメーターを備えた「3D iコックピット」に進化した。
ステアリングホイールよりも上にメーターをレイアウトした「iコックピット」は3D表示のデジタルメーターを備えた「3D iコックピット」に進化した。拡大
ダッシュボード中央にあるハザードやデフロスターなどのスイッチは鍵盤状に並べられている。
ダッシュボード中央にあるハザードやデフロスターなどのスイッチは鍵盤状に並べられている。拡大
鍵盤スイッチ下部のふたを開けると置くだけでスマートフォンを充電できるスペースが隠されている。ふた自体もトレーとして機能する。
鍵盤スイッチ下部のふたを開けると置くだけでスマートフォンを充電できるスペースが隠されている。ふた自体もトレーとして機能する。拡大

ボディー剛性が効いている

205mmの最低地上高は208より6cm高い。SUV 2008のドライブフィールはちょっとアイポイントの高い208である。乗り心地はSUVらしくやや硬めの仕上げだが、アンコ型のずっしりタイプではない。車重は1270kg。FFのSUVらしい軽快感もありながら、走りのクオリティーは上質だ。

その根本にあるのは高剛性のボディーだと思う。こんどの208/SUV 2008には電気自動車(EV)もある。ひと声300kg重くなるEVまで想定したプラットフォームを使えるのは、軽量なエンジンモデルにとっては品質的に“もうけもん”ではなかろうか。

パワートレインは直噴1.2リッター3気筒ターボ+8段AT。208と基本的に同じユニットだが、110kgの車重増に備えて、出力、トルクともに引き上げられている。パワーは30PSプラスの130PS。大きく重くなったSUVボディーでも、動力性能のハンディはないはずだ。

カッコいいセレクターとパドルシフトでコントロールするアイシン製の8段ATも含めて、パワートレインは文句なしである。ポート噴射でノンターボだったころの3気筒は、ザワザワした特有のビートがあって、それが楽しかったが、ブラッシュアップを重ねた最新型はほとんど3気筒とわからないくらい洗練されている。

燃費もわるくない。今回465kmを走って13.4km/リッター(満タン法)を記録した。

パワーユニットは1.2リッター直3ターボの「ピュアテック」エンジン。最高出力130PS、最大トルク230N・mを発生する。
パワーユニットは1.2リッター直3ターボの「ピュアテック」エンジン。最高出力130PS、最大トルク230N・mを発生する。拡大
カーナビゲーションは23万6500円のオプション。スクリーン自体は標準装備となっており、「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応する。
カーナビゲーションは23万6500円のオプション。スクリーン自体は標準装備となっており、「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応する。拡大
表示エリアが前後(手前と奥)に分かれた3D液晶メーター。この表示パターンでは中央のデジタル速度計の左がアナログ(表示)の速度計で右がエンジン回転計。
表示エリアが前後(手前と奥)に分かれた3D液晶メーター。この表示パターンでは中央のデジタル速度計の左がアナログ(表示)の速度計で右がエンジン回転計。拡大
3D表示の手前部分はナセル上部から投影される仕組みだ。
3D表示の手前部分はナセル上部から投影される仕組みだ。拡大

いいもの感にあふれている

運転操作の動線を非常にコンパクトに感じさせる「iコックピット」はプジョー各車ですでにおなじみだが、新世代プラットフォーム採用車にはこれに3Dのデジタルメーターが加わった。メーターハウジング上部からも映像を照射して、メーター類をホログラムのような3次元で見せる。しかし視認性にすぐれるかといえば、必ずしもそうではなく、とくに肺活量計のメーターのようなタコメーターは見にくい。というか、運転し始めてしばらくは、それがタコメーターだとは気づかなかった。それくらいブッ飛んだところもあるが、初見の人を驚かす新しさはたしかにある。

SUV 2008はひとことでいうと、とてもいいクルマである。見ても触っても乗っても、208同様“いいもの感”がある。昔のねっとりしたフランス車テイストを知っていると、あまりにいいクルマ過ぎて、逆に印象が希薄になるきらいもないではないが、民族色を抑えて、グローバルな偏差値の高さを追求してきたのはここ20年くらいのプジョーの戦略といえる。

ヨーロッパだとSUV 2008のガチンコライバルになる新型「ルノー・キャプチャー」は、2021年2月に日本にも入ってくる。すでに発売されている「ルーテシア」の出来をみると、これも大いに期待できそうである。フレンチコンパクトSUV、これからくると思います。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=向後一宏/編集=藤沢 勝)

トランスミッションはアイシン製の8段AT「EAT8」。「エコ」「ノーマル」「スポーツ」からなるドライブモード切り替え機構を備えている。
トランスミッションはアイシン製の8段AT「EAT8」。「エコ」「ノーマル」「スポーツ」からなるドライブモード切り替え機構を備えている。拡大
「アリュール」のシート表皮はファブリックとテップレザー(合皮)の組み合わせ。どちらかといえば座面は硬め。
「アリュール」のシート表皮はファブリックとテップレザー(合皮)の組み合わせ。どちらかといえば座面は硬め。拡大
後席の背もたれは60:40の左右2分割式。ヘッドルーム、レッグルームとも十分な広さが確保されている。
後席の背もたれは60:40の左右2分割式。ヘッドルーム、レッグルームとも十分な広さが確保されている。拡大
ラゲッジスペースの容量は434~1467リッターと、先代モデル(360~1172リッター)よりも大幅に拡大。フロアボードを上段に固定すると荷室を2段式に使える。
ラゲッジスペースの容量は434~1467リッターと、先代モデル(360~1172リッター)よりも大幅に拡大。フロアボードを上段に固定すると荷室を2段式に使える。拡大

テスト車のデータ

プジョーSUV 2008アリュール

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4305×1770×1550mm
ホイールベース:2610mm
車重:1270kg
駆動方式:FF
エンジン:1.2リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:130PS(96kW)/5500rpm
最大トルク:230N・m(23.5kgf・m)/1750rpm
タイヤ:(前)215/60R17 96H/(後)215/60R17 96H(ミシュラン・プライマシー4)
燃費:17.1km/リッター(WLTCモード)
価格:299万円/テスト車=334万2550円
オプション装備:パールペイント<エリクサーレッド>(7万1500円)/ナビゲーションシステム(23万6500円)/ETC2.0車載器(4万4550円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:966km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(8)/山岳路(1)
テスト距離:465.0km
使用燃料:34.6リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:13.4km/リッター(満タン法)/13.6km/リッター(車載燃費計計測値)

プジョーSUV 2008アリュール
プジョーSUV 2008アリュール拡大
 
プジョーSUV 2008アリュール(FF/8AT)【試乗記】の画像拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

プジョー 2008 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。